「ブログ集客実践の書」は集客の為のブログの始め方や記事の書き方、SEO対策やアクセスの集め方までを独自に実践・検証するサイトです(旧:ブログ集客実践の書)

【無料で丸ごと公開中】ブログコンサルティングの一部を見てみる

WordPress(ワードプレス)にログインできない8つの原因と対処法

 
WordPressにログインできない8つの原因と対処法
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社SNAC代表取締役 MEO/SEO対策/HP制作を用いたWEB集客代行会社を運営。 1985年生まれ 福島県出身 月間12万PVのブログを運営中。自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、ブログ運営やアフィリエイトに関する教材を買いあさり、素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学ぶ。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客実践の書」は順調に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV→2018年7月には月間12万PVを突破。 現在は株式会社SNACを設立し、整体や美容室、パーソナルジム、エステなど実店舗向けのウェブ集客サービスを展開している。

どうも、まつです。

この記事ではWordPressにログインできない原因ごとの対処法を詳しく解説します。

ブログ初心者は特にログイン関連情報をメモし忘れたり、いじってはいけない場所をいじったり、データファイルを変更してしまったりして突然ログイン不可になることが多いです。

このページを読みながら1つ1つ解決していけば、大体のトラブルは解決できますので参考にしてください。

WordPress(ワードプレス)の管理画面でログインする方法

まずはWordPressの管理画面にログインするとはどういうことか?についてですが、以下の画面から情報を入力し、管理画面にアクセスすることです。

WordPressのログイン画面

 

WordPressの管理画面にログインするためにはユーザー名とパスワードを入力して、管理画面にログインする必要があります。

今回の記事はこのWordPressのログイン画面が出てこなかったり、他の何らかの理由でログインできなくなってしまった人用の対処法を書いていきます。

WordPressでログインできない8つの原因と対処法

では具体的にWordPressのログインできない8つの原因と対処法をあげていきます。もうトラブルの種類がわかっている場合は以下の箇条書きのリンクから該当項目に飛んで下さい。

↓↓↓

【WordPressにログインできない原因別対処法】

  1. ユーザー名・パスワードがわからない場合
  2. Cookieやキャッシュが原因でログインできない場合
  3. ログインのURL(サイトアドレス)がわからない場合
  4. 404エラーでログインできない場合
  5. プラグインが原因でログインできない場合
  6. WordPressテーマのエラーがログインできない場合
  7. URL(サイトアドレス)を変更してしまった場合
  8. 500 Internal Server Errorでログインできない場合

①ユーザー名・パスワードがわからない場合

ユーザー名・パスワードがわからない場合の対処法です。

パスワードがわからない場合

パスワードがわからない場合は、まずはWordPressの管理画面にログインをしてください。

WordPressの「パスワードをお忘れですか?」

「パスワードをお忘れですか?」をクリックしてください。

WordPressの「パスワードをお忘れですか?」

ユーザー名、またはWordPressを開設した際に設定したメールアドレスを入力し、「新しいパスワードを取得」をクリックしてください。

「新しいパスワードを取得」をクリックすると、メールアドレス宛に新しいパスワード発行の為のリンク(URL)が届くので、そのリンクをクリックして新しいパスワードを発行してください。

なおWordPressからメールが届かない場合はアドレスの入力ミスか、迷惑メールなどのチェックを行ってみましょう。

ユーザー名がわからない場合の対処法(phpmyadminで確認する)

ユーザー名を忘れてしまった場合はログイン画面からはログインできなくなります。データベースからユーザー名を見つける必要があります。

今回はエックスサーバーを例に解説していきますので参考にしてください。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインをします。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

サーバーID、サーバーパネルパスワードを入力してログインして下さい。サーバーID&パスワードはエックスサーバー契約時に送られてきたメールアドレスに記載されてるので確認しましょう。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

サーバーパネルで「WordPress簡単インストール」をクリックします。「簡単インストール」と間違えないように気をつけて下さい。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

該当する(ログインができなくなった)ドメインを選択します。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

MySQLのデータベース情報を一通りメモして下さい。MySQLパスワードは目の部分をクリックすると表示されます。この情報は誰にも絶対に見られないように気をつけて下さい。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

該当するMySQLバージョンのphpmyadminをクリックしましょう。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

先程メモしたMySQLのユーザー名、パスワードを入力してログインをします。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

データベース名をクリックしてください。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

一番下までスクロールして「wp-users」をクリックしてください。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

ユーザー名、パスワード、メールアドレスが確認できます。ログイン情報はメモして今後忘れないようにしてくださいね。

②Cookieやキャッシュが原因でログインできない場合

2つ目はCookieやキャッシュが原因ログインができない場合です。

Cookie(クッキー)とはユーザーの閲覧履歴や入力内容を保存しておく仕組みのことです。

例えばGoogle Chromeで一度アクセスをしたサイトのリンクがしばらく色が変わっていたり、Amazonで商品をカートに入れるとしばらくしてアクセスしてもまだカートに入ってたりしますよね?

あれがいわゆるCookieです。

Cookieとキャッシュの違いはユーザー情報を保存するか?WEBページを保存するか?の違いです。

Cookieもキャッシュもブラウザで一時的にデータを保存し、同じWEBサイトに2回目以降に訪れるユーザーにとって便利でストレスを軽減してくれる素敵な機能であるという部分が同じで、さらにはどちらも『C』から始まる言葉で、響きも可愛らしく似ているので、とても混同しやすい言葉だと思います。

 覚えておくべき大きな違いは、Cookieは「ユーザーの情報」を保存し、キャッシュは「WEBページの情報」を保存するということです。

GeeeN様 Cookieとキャッシュ、何だか似ていてわかりにくい?より

Google ChromeやFirefox、Microsoft Edgeなど、使っているブラウザのCookieとキャッシュを削除することがログインできる可能性があります。

Cookieとキャッシュの削除方法は公式にそれぞれ記載されていますので、各々のブラウザで作業をしてみてください。

③ログインのURL(サイトアドレス)がわからない場合

WordPressにログインするためのURL(サイトアドレス)がわからない場合の対処法です。

ブログ初心者はWordPressインストール時に出てくる情報をメモし忘れたり、ブックマークを忘れてしまってこの状態に陥ります。

ログインURLがわからない場合は以下の3つのどれかを入力してみましょう。

【WordPressのログインURLの出し方】

  • https://サイトURL/wp-admin/
  • https://サイトURL/wp-login.php
  • https://サイトURL/wp/wp-login.php

「サイトURL」の部分に自分のサイトのアドレスを入れて下さい。

上記の方法でログイン画面が出せるかと思います。

④404エラーでログインできない場合

404エラー

そして次は404エラー(Not found)が表示されてログインできない場合です。この404エラーの対処法を解説します。

対処法はFTPというソフトと、契約しているサーバーから直接編集する方法があります。この記事ではエックスサーバーを例にサーバーから直接編集する方法を解説します。

この方法にはテキストエディタというファイル編集ソフトが必要になるので、Terapadなどのエディタソフトをダウンロードしておいてください。僕はAtomを使っていますが、英語がダメな方はTerapadがおすすめです。

エックスサーバーで404エラーを解消する方法

ではエックスサーバーで404エラーを解消する方法です。まずはエックスサーバーのファイルマネージャのログイン画面を出してください。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

ファイルマネージャでFTPユーザーID、FTPパスワードを入力してログインします。

FTPユーザー、パスワードはサーバーパネルのユーザー名、パスワードと同一なので、エックスサーバー契約時に送られてきたメールで確認をしてください。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

該当するエラー中のドメインをクリックして下さい。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

「publix_html」を開きます。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

「wp-config.php」を選択しましょう。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

「ダウンロード」でファイルをパソコンにダウンロードします。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

wp-config.phpをテキストエディタソフトにドラッグ&ドロップをしてファイルを開いて下さい。Terapadの方はTerapadにドラッグ&ドロップすれば大丈夫です。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

ファイルの文字列はほぼ無視していいので、一番下の空いてる部分に

define( ‘RELOCATE’, true );

をそのままコピーして追記してください。追記したら「Ctrl+S」で保存します。

保存が終わったら先程のエックスサーバーのファイルマネージャに戻りましょう。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

「アップロード」をクリックします。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

「ファイルを選択」をクリックします。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

先程テキストエディタで「define( ‘RELOCATE’, true )」を追記したファイルを選択します。

WordPressで404エラーでログインできない問題の対処法(エックスサーバー)

アップロードをクリックすれば完了です。これで改めてWordPressへのログインを試みてみて下さい。

⑤プラグインが原因でログインできない場合

プラグインが原因でWordPressにログインできなくなることがあります。

例えば

  • プラグイン同士の相性が悪い
  • プラグインとテーマの相性が悪い

などが原因になることが多いです(Cocoonとキャッシュプラグインの相性でエラーが起こったことも多々あり)。プラグインによるエラーの場合、インストール→有効化した瞬間にエラーになるのでわかりやすいかもしれません。

プラグインのエラーの場合は一旦無効にする必要がありますが、管理画面にはログインできなくなっているので、まずはサーバーのファイルマネージャやFTPでプラグインを無効にしていきましょう。

エックスサーバーでプラグインのエラーを解消する方法

エックスサーバーのファイルマネージャでエラーの原因になっていそうなプラグインを探して見ましょう。

まずはエックスサーバーのファイルマネージャにアクセスします。

プラグインが原因でWordPressにログインできない場合の対処法

FTPユーザー名とパスワードでログインします。

プラグインが原因でWordPressにログインできない場合の対処法

該当するドメインを選択(上記ではarata01.info)し「wp-admin」をクリックしてください。

プラグインが原因でWordPressにログインできない場合の対処法

「plugins」をクリックしましょう。pluginsはプラグインのことです。

プラグインが原因でWordPressにログインできない場合の対処法

エラーの原因になってそうなプラグインのファルダ名を変更してみましょう。プラグインの機能が停止するので、怪しそうなプラグインの名称を変更してみてください。

初期に導入したプラグインではなく、最近のインストール時にバグが起きた場合はそのプラグインである可能性が高いので、停止してから表示を確認してみましょう。

⑥WordPressテーマのエラーがログインできない場合

WordPressテーマを有効化した瞬間にエラーでログインできなくなった場合は、テーマが原因の可能性が高いです。あるいはテーマとプラグインの相性が悪くてエラーになってしまったか。

この場合は一旦、テーマを停止させる必要があります。

ファイルマネージャやFTPソフトでテーマを停止させて確認してみましょう。

WordPressテーマのエラーでログインできなくなった場合

ファイルマネージャにログインをします。

WordPressテーマのエラーでログインできなくなった場合

該当するドメインを選択して「public_html」→「wp-content」をクリックしましょう。

WordPressテーマのエラーでログインできなくなった場合

「plugins」を開きます。

WordPressテーマのエラーでログインできなくなった場合

1.WordPressテーマのフォルダ名の上で右クリック
2.「名前を変更」をクリック
3.フォルダ名を変更する(例:elaphant3→elephant31など)

テーマのフォルダ名を変更すると一旦無効になるので、これで再度ログイン可能などうかを確かめてみて下さい。ちなみにプラグインとの相性の可能性もあるので、キャッシュ系のプラグインなどを停止してからインストール→有効化すると上手くいくこともあります。

まあ安全なのは別のテーマにすることなので、エラーの起きないテーマにしたほうが楽だと思います。

⑦URL(サイトアドレス)を変更してしまった場合

WordPressの管理画面の「設定」→「一般」でWordPressアドレス、又はサイトアドレスを変更してしまうとエラーが起きます。

WordPressでサイトアドレスの修正・変更

上の部分を変更して保存しようと思った瞬間にエラーが起きて、一切のアクセスができなくなる恐怖は味わった人にしかわかりません。

おそらく「https化をしたから全部httpsにしよー♪」って感じで気軽に変えてエラーが起きて顔面蒼白になっているのだと思います。

この場合は一旦元に戻しましょう。

URLを元に戻す作業はphpmyadminで行います。

エックスサーバーのサーバーパネルから行う方法を解説するので一緒にやっていきましょう。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

サーバーパネルからユーザー名、パスワードを入力してログインします。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

該当するドメインを選択します。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

MySQLの情報をメモして下さい。パスワードが隠れているので目のマークをクリックしてパスワードを表示させ、メモしましょう。※phpmyadminのログイン時に使います。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

自分のドメインのWordPressに該当するMySQLのバージョンをクリックします。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

メモしたMySQLのユーザー名、パスワードを入力してログインして下さい。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

データベース名をクリックします。

WordPressのURL(サイトアドレス)変更してログインできない

「wp-options」をクリックしてください。

WordPressのURL(サイトアドレス)変更してログインできない

「siteurl」の左側にある「編集」をクリックします。

WordPressのURL(サイトアドレス)変更してログインできない

赤枠の部分に間違って変えてしまったアドレスが記載されてるかと思うので、変更前の状態に戻して実行してください。これでOKです。

⑧500 Internal Server Errorでログインできない場合

500 Internal Server Errorという表示が出てログインができない場合は、サーバー側でエラーが起きています。

レンタルサーバーでよく起きるのは、PHPのバージョンがWordPressに適合していない状態です。この場合はPHPのバージョンを更新してエラーが解決するか確かめてみましょう。

エックスサーバーを例に解説していきます。

WordPressのユーザー名を忘れてログインできなくなった時の対処法

まずはサーバーパネルにログインをします。

500 Internal Server Errorでログインできない

該当するドメインを選択して設定しましょう。

500 Internal Server Errorでログインできない

「PHP Ver.切替」をクリックしてください。

500 Internal Server Errorでログインできない

プルダウンメニューをクリックします。

500 Internal Server Errorでログインできない

PHPバージョンを変更します。推奨のバージョンを選択後、WordPressのログイン画面にアクセスをしてエラーが解決してるかどうか確認しましょう。

ちなみに「PHP7.4.13」に変更後、「PHP5.6.40」に戻しても問題ないので、エラーが起きないPHPバージョンを探してみて下さい。

まとめ

では、8つの原因と対処法の解説でした。

WordPressトラブルはいつ発生するかがわからないので、何よりトラブルが起きた瞬間は焦らず「いつ、何のソフトで、何の操作をしたか?」を振り返ることが大切です。

これがないとどんなに詳しい人でも解決するのは難しいんですよね…この記事が少しでもエラー解決に役に立てたなら幸いです。

 

無料E-bookプレゼント付きメルマガ

WordPressの集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに
集客に特化したブログを作る方法を
詳しく載せています。

今なら超豪華特典も用意しております。
詳しくは下記のボタンをクリックしてプレゼントページをご覧ください。

 

無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社SNAC代表取締役 MEO/SEO対策/HP制作を用いたWEB集客代行会社を運営。 1985年生まれ 福島県出身 月間12万PVのブログを運営中。自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、ブログ運営やアフィリエイトに関する教材を買いあさり、素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学ぶ。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客実践の書」は順調に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV→2018年7月には月間12万PVを突破。 現在は株式会社SNACを設立し、整体や美容室、パーソナルジム、エステなど実店舗向けのウェブ集客サービスを展開している。

Comment

  1. 石光 より:

    ワードプレスからログイン出来ますが
    サーバーパネルからログインしようとするとDNSアドレスが見つかりませんとでてログイン出来ません。ワードプレスからのログインページとサーバーパネルからのログインページが違うのでとても気になります。

  2. 伊藤雅彦 より:

    詳細な対処法を掲載頂き感謝します。
    しかしながら、昨日よりログインできず葛藤しています。
    上記対処法を2度試みましたが、解決に至りませんでした。

    私のサイトはWPで構成され、/blog/のフォルダにもWPがあります。
    メインのサイトは以前htmlでのサイトで、セカンドに/blog/で構成されていました。

    メインをWPに変更した時に統合せずそのまま1つのサイトに2つのWPが存在するサイトになっています。
    メインのWPは問題なくログインできるのですが、/blog/はできませんでした。
    もし、他に手立てがあるようでしたら、ご教授お願い致します。

  3. 伊藤雅彦 より:

    先程のコメントに追加します。

    /blog/はプラグインの更新の時にログインする程度で、設定の変更等はしていません。
    昨日も更新をしようと思いログイン画面で「エラー: 予期しない出力により Cookies がブロックされました」という表示になりログインできなくなってしまいました。

    こちらの対処法以外にやったこと
    1. configファイルに
    define(‘WP_DEBUG’, true);
    if (WP_DEBUG) {
    define(‘WP_DEBUG_LOG’, true);
    define(‘WP_DEBUG_DISPLAY’, false);
    @ini_set(‘display_errors’,0);
    }を追加(現在は元に戻している)

    2. functions.phpの改行チェック前後の空白

    以上です。

  4. 伊藤さん、
    コメントありがとうございます。

    上記の対処法で改善がない場合は、
    wp-config.php設定エラーの場合がありますので、
    FTPにて『自分のドメイン』→『public_html』→『wp-config.php』を
    デスクトップにコピーし、開いてください。

    すると『wp-config.php』の80行目辺りに下記のコードがあります。

    =======この部分はコピーしないでください============
    define(‘WP_DEBUG’, false);
    =======この部分はコピーしないでください============

    ↓これを下記のコードに差し替えてみてください。

    ==============この部分はコピーしないでください=================
    define(‘WP_DEBUG’, true);
    if (WP_DEBUG) {
    define(‘WP_DEBUG_LOG’, true);
    define(‘WP_DEBUG_DISPLAY’, false);
    @ini_set(‘display_errors’,0);
    }
    =============この部分はコピーしないでください=================
    尚、この作業を行う際は、トラブル対処の為に
    事前に必ず『wp-config.php』の元のコードをバックアップし、保存しておくようにしましょう。

    これでも直らなかったら
    再度コメントいただければ別の対処法をご案内させていただきます。
    よろしくお願いいたします。

  5. 匿名 より:

    解決しました!ありがとうございました!!

  6. 匿名 より:

    functions.php に追記をしたところ、重大なエラーとなりログイン画面すら表示されなくなってしまい、初歩の私は途方に暮れるところでした。運よくこちらのサイト様に辿りつきました。分かりやすい解説をありがとうございました。上から順に確認していきましたら、おかげさまで、6番の方法で解決しました。

    細かい手順が今後のご参考になればと思い、書いておきます。
    6番にある方法、ファイル名 themes を一旦書き換えて、ログイン画面が表示されダッシュボードに入ることができました。その後、書き換えたファイル名のままだとテーマのディレクトリが読まれず、もとのテーマも、他のテーマもインストールできませんでした。(HPやブログにアクセスしようとすると、真っ白な画面。)そのため、themesフォルダ名を元に戻し、中にある対応のデザインのファイルを「全て削除」にし、ダッシュボードにログインしたところ、テーマを再インストールすることができました。
    このやり方がそもそも安全かどうかも合っているかもわかりませんが。

    何より貴サイト様の方法手順を拝見できたことで、解決に至りました。ありがとうございました。

  7. themes(テーマ)を書き換えることに関しては、
    テーマ自体のコードを書き換えることにもなりますが、
    カスタマイズをしたことによるコードのトラブルなら仕方ありません( ;∀;)
    詳しくない状態でコードをいじりまくると取り返しのつかないことになりかねませんので。

    その場合はテーマを一度削除してから
    もう一度入れなおせばコードをいじる前の状態に戻ります
    (もしその他にテーマをカスタマイズしていたらそれも削除されてしまいますが、、、)。

    こちらこそお役に立てて幸いです^^
    またご参考いただければと思いますので、
    どうぞよろしくお願いいたします^^

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ブログ集客実践の書(株式会社SNAC) , 2021 All Rights Reserved.