ご相談はLINE公式アカウントからどうぞ

ブログで稼ぐ仕組みとは?広告収入を得る方法を解説します



どうも、株式会社SNACのまつです。

この記事では「ブログで稼ぐ仕組みや、具体的にブログで広告収入を得る方法」を詳しく解説していきます。

記事を読むことで

  • ブログで稼ぐとはどういうことか?
  • ブログで稼ぐ仕組みと広告の種類とは?
  • ブログで稼ぐための具体的なステップ

などがわかります。これからブログで稼ぎたい初心者向けなので、ぜひ参考にしてください。



ブログで稼ぐとはどういうことか?

まずは「ブログで稼ぐ」とは何か?というとあなたのブログに広告を設置して商品を売るというものです。

ブログで稼ぐ人の大半は他の企業の商品を販売して稼いでいます。

いわゆる「アフィリエイト」という紹介報酬の仕組みですね。

他社の商品を自分が代わりに売ることで紹介料をもらうというものです。ブログで稼ぐとは「ブログ上でユーザーに営業をすること」とも言えます。

ブログで稼ぐための仕組み

ではブログで稼ぐための仕組みは主に以下の流れになります。

①アクセスが集まる

まずはあなたの書いた記事にアクセスを集めていきます。

ブログでは検索エンジンからアクセスを集めていくことが重要です。なぜならブログに安定してアクセスを集めるためには検索上位を獲得することが必須だからです。

検索エンジンからアクセスを集めるためにはSEO対策が必要です。

具体的には

  1. 記事を書く
  2. 記事のSEO対策をする
  3. 検索エンジンで上位表示をする

という流れです。検索エンジン経由でアクセスが集まる流れを作っていきます。

SEO以外で稼ぐのは難しい

「SEO以外で稼ぎたい」という人もいるかもしれませんが、かなり難しいです。というのも2023年4月現在で生き残っているアフィリエイターの大半がSEOメインです。

ブログを使うのにSEO以外でアフィリエイトをするメリットがないからです。しいていえばリスティング広告などもありますが、ある程度の自己資金が必要になります。

ブログで稼ぎたいならSEOメインでアクセスを集める仕組みを作っていきましょう。

②広告がクリックされる

記事に設置した広告をユーザーにクリックしてもらいます。ユーザーのクリック数は売上を増やすためにかなり重要です。

例えば既に10クリックで1件の売上が出ている記事なら

  • 10クリックで1件
  • 20クリックなら2件
  • 30クリックなら3件

とクリック数に比例して売上も上がるからです。

ただ広告は設置するだけでクリックされるわけではないので、試行錯誤しながらクリック数を改善していく必要があります。ブログ初心者はアクセスが集まるまで気にしなくてもいいので記事を書き溜めていってください。

③売れたら報酬発生

そして記事経由で商品が売れたら報酬が発生します。

売れた際の報酬額は数百円~数万円までかなり幅広いので、自分のジャンルの商品・ジャンルの平均金額は知っておきたいところ。

【ブログで稼ぐ仕組みまとめ】

  1. 記事にアクセスを集め
  2. 広告をクリックしてもてもらい
  3. 売れる

という稼ぐ仕組みを構築していくのがブログの収益化の流れになります。

自社商品・サービスの販売などもありますが、ブログ初心者には無理があるので、広告収入から始めるのが無難です。



ブログの広告収入の種類

ブログで稼ぐ仕組みがわかったところで広告収入の種類について解説します。ブログで広告収入を得るためには以下の2つの種類があります。

  1. クリック型広告
  2. 成果報酬型広告

では1つずつ解説しましょう。

①クリック型広告

クリック型広告とは「広告がクリックされれば報酬が得られる」というものです。

ネットニュースなどでよく全画面に出てきたりしますよね。あの邪魔なやつがクリック型広告です。

クリック型広告の特徴は「クリックされるだけで稼げる」という点です。アクセスのある記事に広告を貼るだけで報酬が得られるので初心者でも始めやすいのが特徴です。

クリック型広告の種類は以下の4つがあります。

  1. Googleアドセンス(おすすめ)
  2. nend
  3. i-mobile
  4. 忍者AdMax

ちなみに僕はGoogleアドセンスを使っています。

クリック型広告のメリット・デメリット

クリック型広告のメリット・デメリットは以下の通りです。

クリック型報酬のメリット
  • 売るための知識やスキルが不要
  • 報酬を得る感覚が得られる
  • アクセスを集めるスキルが身につく
クリック型報酬のデメリット
  • 報酬が安い

クリック型の広告は知識やスキル不要でかんたんに始められますが、報酬はかなり安いです。

最も報酬率が高いGoogleアドセンス広告でも1クリックあたり30円~40円ほど。月に3万円稼ぐには1000クリックほど必要です。

仮にクリック率が1%だったとしても10万PV必要ですね。

クリック型広告で大きな金額を稼ぐのはハードルが高いです。

ただアドセンス系はアクセスを集めるためのスキルは格段に上がるので、アクセスを集めるコンテンツが作れる人におすすめです。

②成果報酬型広告

成果報酬型広告とはかんたんに言えばアフィリエイトのことです。アフィリエイトとは「他社の商品を変わりに売る」という仕組みで、売れたら報酬がもらえます。

成果報酬型広告のメリット・デメリットは以下の通り。

成果報酬型広告のメリット
  • 報酬額が高い
  • 商品ジャンルに対する知識が身につく
  • 売るためのライティング力が身につく
成果報酬型広告のデメリット
  • 売れなければ報酬はもらえない

成果報酬型広告(アフィリエイト)のメリットは報酬額が高いことです。一件あたり数百円~数万円まで存在するので、売れたときのインパクトが大きいです。

またアフィリエイトには売る商品の知識やライティング力が必要なので、売る知識やスキルが圧倒的に向上します。

もちろんアドセンスにも広告配置や色、種類など身につく知識はありますが、あくまでアドセンスに関する知識です。

アフィリエイトは多種多様な商品があるので、幅広い知識やスキルが身につきます。

逆にアフィリエイトのデメリットは売れなければ報酬がもらえないことです。アフィリエイトで稼ぐためには商品知識やライティング力を身につけることが必須です。

ブログで広告収入を得るおすすめの方法

ブログ広告収入を得るおすすめの方法は

  1. Googleアドセンス
  2. アフィリエイト

この2つになります。

①Googleアドセンス

Googleアドセンスはクリック型広告の中で最もクリック率、報酬率が高い広告です。また広告の種類もシンプルかつ豊富なのでテスト方法も多様です。

ブログ初心者がアドセンスで稼ぐ感覚をつかんでおくと、後にアフィリエイトにも役立ちます。

「ブログって本当に稼げるんだ!」と思った瞬間にメンタルブロックが壊れるからです。

アドセンスとアフィリエイトは併用可能

また、Googleアドセンスを利用するからといってアフィリエイトができないわけではありません。

「PV記事はアドセンス、売る記事はアフィリエイト」と、記事によって使い分ければOKです。売る商品がないなら、まずはGoogleアドセンス広告から始めてみましょう。

②アフィリエイト

アフィリエイトは特定の商品・サービスを売るのにおすすめです。

アフィリエイトはかなり幅広いジャンルの商品を取り扱うことができますが、種類が多いので全部を取り扱うのは不可能です。

例えば最大手のASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)であるA8.netにはこれだけのジャンルが揃っています。

コスメ・スキンケアエステ・ダイエット美容ペット商品
グルメ・食品健康学び・資格ファッション
暮らしエンタメ金融・投資・保険不動産・引っ越し
仕事Webサービス旅行インターネット接続
ギフトスポーツ・趣味結婚・恋愛

A8.netにはかなり幅広い商品があり、売れやすさや報酬額もピンキリなので知名度などもしっかりチェックしておきたいです。

ジャンルは広くしてしまうと個人がカバーできる範疇を超えてしまうので、自分の専門ジャンルを決めて、特化したサイトを作るのがセオリーですね。



ブログで広告収入を得る具体的な手順

ここからはブログで広告収入を得るための具体的な手順について解説します。以下はブログで稼ぐための手順です。

では1つずつ解説しましょう。

①ジャンルを選ぶ

まずはブログのジャンルを選びます。

ブログのジャンル選びを大幅に間違えると1円も稼げないまま終わるので、非常に重要です。

例えば医療・健康・お金などのYMYL(Your Money or Your Life)と言われるジャンルはGoogleアルゴリズムによって個人メディアは上位表示されないため、絶対にやめたほうがいいです。

個人ブログで稼ぐなら

  • 小さく稼げる
  • 大手メディアが力を入れていない

というジャンルを選んだ方が稼ぎやすいです。

例えば特定のジャンルや商品を売るためのミニサイトを作るのもおすすめです。大手サイトは一つの商品のためにサイトを作ったりはしないので、個人ならではの稼ぎ方と言えます。

例えばこんな風に特化させてみるなど。

売る商品・ジャンルサイト
abemaプレミアムabemaプレミアム特化サイト
電話占いおすすめ電話占いまとめ
合宿免許福島の合宿免許どっとこむ

案件やジャンルをとことん絞れているのがわかると思います。このように個人ブログで稼ぐ場合、初期段階ではとことん尖らせて戦うのがいいです。

ジャンルを広く取ってしまうとリサーチも記事を書くのも大変で、稼ぐまで時間がかかるからです。

1ジャンル1ブログならリサーチから記事を書く手間も時間も短縮されるのでおすすめです。

②ブログを開設する

ジャンルが決まったらブログを開設しましょう。

ブログサービスはWordPressがおすすめです。WordPressは世界でダントツのユーザー数を誇るブログサービスです。

  • 機能性
  • カスタマイズ性
  • 使いやすさ

と、他のサービスと比べても圧倒的に優れています。

またブログで稼ぐ人の90%はWordPressユーザーであり、無料ブログを使って収益化をしている人はガチで一度も見たことがありません。

WordPressはレンタルサーバー・ドメイン代で月額1,000円~1,500円程度かかりますが、これは必要経費だと思って割り切ってくださいね。

WordPressの開設方法は以下の記事を参考にするといいです。

③ASPに登録する

次はASPに登録しましょう。

アフィリエイトを始めるにはASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の登録が必要です。ASPとは広告主とアフィリエイターの仲介役的な存在で、色んな商品やサービスを取り扱っています。

ASPに登録することによって色んな企業の商品・サービスの販売ができるようになります。以下はブログ初心者におすすめのASPです。

すべてメジャーなASPなので申請しておきましょう。

なお手持ちのサイトやブログがないと登録ができないので、WordPressブログを開設して数記事書いてから申請してみてください。

より早く審査を終わらせたい人はチャットGPTに3000文字+10記事くらい書かせて編集した記事で申請してみると通るかもです(審査に通ったらこっちのもの)。

④商品を選ぶ

次に売る商品を選びます。

アフィリエイトは売る商品を先に見つけてからブログを書くことが重要です。

ブログ初心者の多くはこの逆の方法をする(書いてから売る方法を考える)のでややしこくなりがちです。

  • 記事を書く→商品を決める=✕
  • 商品を決める→記事を書く=○

となります。ブログで稼ぎたいなら売る商品を前提としたブログを作りましょう。

売る商品の数は?

ブログ初心者の内は売るのは一つの商品で十分です。

一個の商品だけでも無数のキーワードがあり、初心者が複数商品でサイトを作るのは難易度が高いです。

以下は複数商品の比較サイトと特化サイトの違いです。

ジャンルサイト例
複数商品の比較サイト
  • 商品A、B、C、Dの比較・おすすめランキング
特化サイト
  • 商品Aの特化サイト
  • 商品Bの特化サイト
  • 商品Cの特化サイト
  • 商品Dの特化サイト

特化サイトは一つの商品に対して一つのサイトを作るのに対して、複数商品の場合「商品A、B、C、D」すべてのリサーチをする必要があります。

つまりかなり手間がかかるのです。

でも特化サイトなら一つの商品について詳しくなればいいだけです。

商品Aの中身を丸暗記するくらいなら知識もすぐ身につくし、記事を書くのも楽です。

【案件停止に気をつけよう】

特化サイトの注意点としてはアフィリエイトは広告主がを停止してしまうと稼げなくなってしまうということ。1個を攻めたら次に1個といった感じで積み上げていくことが大切です。案件が一個だと安定しないのでドンドン増やしていきましょう。

⑤記事を書く

売る商品を決めたら記事を書いていきます。既に売る商品が決まっていればキーワード選定もさほど難しくありません。

記事を書くには主に以下の2つの工程があります。

  1. キーワード選定
  2. 記事を執筆する

では一つずつ解説しましょう。

1.キーワード選定

まずはキーワード選定をしていきます。

キーワード選定では「売る商品」に関連するキーワードをリサーチしていきます。

例えば「abemaプレミアム」を売るなら

  • abemaプレミアム+○○○

という形で関連キーワードを探します。

あるいは「abemaプレミアム+解約+○○○」など3語も可能な範囲でリサーチをするとより万遍なくキーワードをカバーできます。

ユーザー視点で考えながら調べることで、思いもよらぬキーワードが見つかることがあるので、ユーザーになった感覚で調べてみるのがおすすめです。

キーワードツールはラッコキーワードでOK

キーワードツールは僕はAhrefsの有料版(月額13,000円くらい)を使っています。

ただブログ初心者にはAhrefsはハードルが高いので、ラッコキーワードツールの有料版あたりを使うのが良いです。

月額500円くらいで使えるのでめちゃくちゃお得ですよ。

2.記事を書く

キーワード選定をしたら記事を書いていきます。

記事は検索をしたユーザーのニーズに沿った記事を書きましょう。ニーズに沿った記事はページ滞在時間を伸ばし、SEO上位表示に貢献してくれます。

例えば

  • わかりやすい文章を書く
  • 文字色や太字で読みやすくする
  • 文字より画像がわかりやすい場合は画像を作る
  • 表や箇条書きを上手く取り入れる
  • 動画を埋め込む

などコンテンツの質を上げる方法は無限にあります。

またレッドオーシャンなジャンル(転職、金融、インターネット通信系)の記事の構成を見たりすると参考になるのでぜひ見てみてください。

【独自性で勘違いしやすいポイント】

ブログ初心者が独自性で勘違いしやすいのでが「独自性=キャラクター」と思ってしまうことです。ブログにおける独自性とは「他のサイトにはない有益な情報」のことです。

abemaプレミアムで言えば「”テレビでabemaプレミアムを見る方法”に画像解説がないが、自サイトでは画像付きで丁寧に解説している」などです。「競合サイトにはない+有益な情報=独自性」だと思ってください。

他にない独自コンテンツを作り続けることでGoogleから評価されやすく、検索上位が獲得しやすくなります。

常に検索ユーザー視点で考えながら記事を書くようにしましょう。

ブログで稼ぐまで誘惑に負けないこと

ブログで稼ぐためには稼ぐための仕組み作りが大切です。

  1. 商品を見つける
  2. 商品記事を書く
  3. 検索上位を獲得する
  4. 「1」「2」「3」をひたすら繰り返す

これらの地味な作業の連続です。そして稼ぐためにはわき目もふらずに記事を書き続ける必要があります。

ブログでしっかり稼げるようになるまでは、他のことに目移りしないように気をつけてください。あなたがブログを稼ごうと決めたその日から色んな誘惑が襲ってきます。

やれ、時代はSNSアフィリエイトだの

やれ、ショート動画がトレンドだの

やれ、アドアフィだの…

色んな人があらゆる手法をアピールしてあなたを襲ってきます。でも、目移りした瞬間にこれまでの努力は水の泡になります。

どんな誘惑が来たとしても自制心でぐっと抑えてください。ブログで安定して稼げる日までは他の手法には目もくれず進んでください。

常に結果を出すことだけを考えて行動し続けてください。

誰よりも考えて、行動して「俺は誰よりも努力したぞ」と言えるくらいにやりきれればかならず稼げているはずです。