Bingウェブマスターツールの登録方法(WordPress編)



GoogleのSEO対策のためには

Google Search Consoleははもちろんですが、

もしBingからの集客も見込んでいきたいのであれば

Bingウェブマスターツールも導入するのがおすすめです。

今回はそんなBingウェブマスターツールの特徴と

登録方法をわかりやすくお伝えします。

Bingウェブマスターツールが必要な理由

ではまずはBingの検索エンジン対策を

しなければいけない理由について解説をします。

 

iPhoneやiPad、MacなどでBingの検索エンジンを使っている

一般的に検索エンジンというとGoogleやヤフーという感じがしますが

実はiPhoneやiPad、マックなどのSafariではBing利用者もいます。

 

9割以上の人はGoogle利用者ですが、

Bingユーザーを逃さないためにも

Bing対策をしておくことは有効です。

 

Bing利用者は全体の検索エンジン利用者の5%いる

まずは下記の記事をご覧ください。

SEO Pack様の検索エンジン 日本でのシェア「1位はYahoo、2位はGoogle」?

SEO Pack様の記事より引用

検索エンジン全体で見ると、

Bingを利用者は検索エンジン利用者の5%ほどとなっています。

5%というと大したことなさそうに思えるかもしれませんが、

日本で1億人近くいる検索ユーザーの5%(300~500万人くらい?)と考えると、

対策する価値は十分にあるでしょう。

 

Google XML SitemapsではBing対策ができない

そして一応WordPressプラグインのGoogle XML Sitemapsでも

Bing対策はできるのですが、実はコレ、

全然対策インデックス(検索結果に表示)されないそうなのです。

 

これでは全く意味がないので、

Bing対策をしたい場合は必ずBingウェブマスターツールに

登録しておくのがベターです。

 

Bingウェブマスターツールの登録方法

では早速Bingウェブマスターツールの登録方法を説明していきます。

 

まずはBingウェブマスターツールにいってアカウント登録をしましょう。

サイトページに飛ぶと以下のような画面になります。

『サインイン』をクリックしましょう。

Microsoftアカウントがない場合は作成する必要があるので、

『作成』というテキストリンクをクリックしてアカウントを作りましょう。

 

Microsoftアカウントを作成する

下記がアカウント作成画面になります。

こちらがMicrosoftアカウントの作成画面になるので、必要事項を記入してください。

利用するメールアドレスはgmailでもyahoomailでも何でも設定できます。

全ての記入が終わったら『アカウントの作成』をクリックしてください。

 

こちらが次の画面です。

アカウント設定が終わると上記の画面になるので、

設定したメールアドレスのボックスで確認してみましょう。

こんなメールが届いてればOKです。

赤枠の部分をクリックするとアカウント設定が完了します。

※もし届いてない場合は迷惑メールボックスに入っているか、メールアドレス自体が間違っている場合があるので、もう一度アカウントの作成をしましょう。

 

アカウントの確認が完了すると下記の画面に進みます。

『OK』ボタンをクリックしてください。

クリックするとBing webマスターのトップ画面に入ります。

こちらがBing webマスターのトップ画面になります。

これでマイクロソフトアカウントが作成され、Webマスターツールが使えるようになりました。

(僕は既に設定しているのでサイトが表示されています。)

ではここからbing webマスターに自分のサイトを入れていきましょう。

 

Bing webマスターに自分のサイト(ブログ)を登録する

ではまずは赤枠の部分に自分のサイトURL(http://~)を入力してください。

入力したら『追加』をクリックします。

次にサイトマップを設定します。

『URL』の部分には先ほどと同じ『http://~』を、

『サイトマップの追加』には『http://●●●.com/sitemap.xml/』

と入力しましょう。こちらはサイトマップを送信するためのURLになります。

入力が終わったら『追加』してください。

 

次に所有権の確認画面に移ります。

この作業をすることでBing webマスターで自分のサイトのデータを確認できるようになります。

次は赤枠の中に入っているコードをすべてコピーしてください。

1文字でもミスると作動しないので、確認しながら『Ctrl+C』でコピーしましょう。

 

WordPressでコピーしたコードを貼り付ける

次にWordPressにログインします。

ダッシュボードの外観から『テーマの編集』をクリックしましょう。

テーマの編集画面になったら、

テーマヘッダー(header.php)をクリックしてください。

この中なら</head>というコードを見つけます。

見つけたらその1行上に先ほどコピーをしたコードを貼り付けてください。

貼付けをしたら必ず『ファイルを更新』を押して保存しましょう。

 

そしたらもう一度Bingマスターツールのページに戻ります。

赤枠の確認を押してちゃんと反映されているかを見てみましょう。

これでトップ画面が出てきてサイトURLが反映されていればOKです。

これで初期設定は全て完了になります。

それでは作業、お疲れさまでした。

 

WEBマスターツールは確実に登録しておくのがベター

さて、いかがでしたでしょうか。

WEbマスターを使えば、

自分のサイトに来てくれたユーザーの経路やキーワードなど、

かなりのデータが見ることが出来ます。

 

ブログやサイトから集客をする上で、

自分のサイトデータを如何に活用するか?が、

結果に繋がってくるので、必ず登録しておいてくださいね!

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。









【無料E-book】WordPress(ワードプレス)で
から集客特化型ブログを作り上げるまでの全手法

僕が今までやってきた
WordPressのブログ集客ノウハウを100ページ以上のPDFにしてまとめました。

このE-bookでは広告や有料のツールなどは使わずに、集客特化型ブログを構築する方法を詳しく載せています。

しかも今なら
E-bookを最後までお読みいただいた方限定の超豪華特典も用意しております。詳しくはE-bookをご覧ください。

無料プレゼント



ざ・わーどぷれす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。