ブログ初心者のための記事の書き方!まずは書く習慣を作ろう!



この記事を書いている人 - WRITER -

会社が倒産したので仕方なくビジネスを始めたらハマり過ぎてフリーランスに。教え子の大半が就職をしなくなる傾向がある。得意分野はコンテンツSEO、ライティング、メルマガ集客
更に詳しいプロフィールはこちら
僕のビジネスストーリーを知りたい方はこちら

ブログ集客屋まつ

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ブログ集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

「よし!今からブログを書こう!!」
という初心者が記事を書く上で
大切なことはなんだと思いますか?

SEO対策をする?
テンプレートを使う?
文章術を身に付ける?

いいえ、違います。

ブログ初心者が
まずやるべきことは
”記事を書く習慣を身に付けること”です。

今回はそんな
ブログ記事を書く習慣を
身に付ける方法をお伝えします。

ブログ初心者が”役に立つ”記事を書けない3つの理由

一般的にブログ収益化を目指す場合、
誰かの役に立つ記事を書きましょう!
というのがセオリーです。

大体みんな言っていますし
テンプレートも豊富に存在します。

最終的には
自分の記事を色んな人に読んでもらい、
PVをお金に変えたり、サービスを販売するわけなので間違っていません。

でも僕はこの意見は
初心者には適切ではないと
思っています。

理由はブログ初心者が
人の役に立つ記事を書こうと
思っても多くの場合書けないからです。

理由1:記事を書くだけで手一杯

まず初心者は
人の役に立つ記事を書く以前に
記事を書くので精一杯です。

だからこそ初めは
書くことに意識を向けるべきなのに
SEO対策やライティングに気を取られていたら記事自体書けなくなってしまいます。

まずはさっさと書くんだよ。な?な?

うさ四郎

 

理由2:頭の中を文字起こしする作業に不慣れ

これは僕もそうでしたが、
ブログを書き始めたばかりの頃は
頭の中を文字起こしする作業に不慣れです。

つまり頭で考えていることを
文章化できないということです。

仮に『仕事でタイピングしてます!』
という人だとしても、仕事のタイピングとブログは全く別物です。

仕事のパソコン作業は
仕事上のやりとりであって、
自分の意志で情報発信をすることとは全く違います。

ブログを書くという作業は
仕事の報告メールではありません。
別に上司に気に入られる必要もなければ、
礼儀がなくても文句を言う人はいません。

そこで大切なのは、
丁寧さや礼儀、タイピングのスピードよりも思考を文字起こしする習慣です。

この習慣がないと
ブログを書くことはできません。

タイピングの問題じゃなくて考えを文字化できるか?の方が重要なのよ。わかる?

うさ四郎

 

理由3:一人も読者がいない

ブログを始めた頃は
一人も読者がいないのが普通です。

それなのに『ペルソナを意識しろ!』とか言われても意味がわかりません。ペルソナなんてゲームしか知らねっつの。

そもそも読者がいないのに
「役に立つ記事って何?そもそも役に立つってどういうこと?」と余計なことを考えている
とどんどんブログが書けなくなります。

一人も読者がいないのに
役に立つ記事なんて書けません。

初心者が余計なことを
ごちゃごちゃ考えると
最も恐ろしい『記事書けない病』が待っているだけです。

マジで最初なんて誰にも読まれないのにねー。

うさ四郎

 

ブログの第一歩は”思考の文字化”

まずSEOよりもライティングよりも
真っ先に身に付けるべきなのは、
思考を文字化する習慣作りです。

すなわち思考を
即座に文章に置き換えること。

ふわっとした頭の考えを
文字にして見える化するだけで
頭の中が整理されます。

また普段の学んだこと、
感じたことが
書き記されていれば
自分だけではなく誰かの役に立つ可能性も上がります。

まず初心者がやるべきことは
思考の文字化の訓練です。

その積み重ねが役に立つ記事を書くための第一歩になります。

そうそうそう。
大事なんだよね『思考の文字化』

ピヨ三郎

わかってないよね。

まつじろう

 

初心者の為の記事の書き方3ステップ

ここから具体的に
記事を書くために取り組むべき
3ステップについて解説をします。

 

STEP1:事実を書き出す

STEP1は事実を書き出す練習です。

初心者に必要な訓練は
自分の意見や感想ではなく
事実ベースに書くことです。

多くの人は事実ではなく
インスピレーション任せに書いたり、
または気分で書いたり書かなかったりします。

しかし、
インスピレーション任せで
書くのはセンス頼りの適当な記事です。
何よりインスピレーションが降りてこなかったら永久に書けません。

これはブログが
習慣にならない人の
典型パターンです。

それよりまずは
インスピレーションよりも
事実をメインに書いた方が
絶対にブレません。

まずは事実を丁寧に書き出す練習が必要です。

日常を∞5W1H∞で書き出す

事実を上手く書き出すためには
∞5W1H∞を使います。

5W1Hとは

  • What(何を)?
  • Why(なぜ)?
  • Where(どこで)?
  • When(いつ)?
  • Who(誰と)?
  • How(どうやって)?

という6つの頭文字で
形成される『問いの基本』です。
これを活用すると情報を漏れなく取り出すことができます。

この5WH1で具体的に
事実を掘り出していきます。

例えば『今日はブログを立ち上げた』という出来事に5W1Hの問いをかけてみましょう。

5w1h

小さくて見づらいですが(´;ω;`)

5W1Hで掘った内容から
問いをかけて掘り下げていくと
色んな角度から情報が掘り出せます。

上記の画像の例でいえば

  • 今日はブログを立ち上げた

という出来事を
5W1Hで書き出すだけで
十分な文量になります。

これはただの一例ですが、
日常に5W1Hを応用するだけで
かなり明確に文字化することができます。

そしてその中から
一部分をピックアップして
並べるだけでハイ、記事の完成です。

 

★重要★
文章が書けないという人は
情報が不足しているのではなく
どんな情報を持っているかが見えていないだけだ!

それを書き出して把握するだけでも
自分が既に多くの情報を持っていることに気づけるはずだぞ(‘ω’)

 

STEP2:自分以外の人が読んでもわかるように書く

STEP2は
『文章を他の人が読んでも理解できるように書く』練習です。

ポイントは

  1. 専門用語は使わない(使う場合は解説を入れる)
  2. 十分な説明を入れる
  3. 具体的に書く

の3つです。

 

専門用語は使わない(使う場合は解説を入れる)

これは専門系や技術者に多いですが
『相手も知識がある』前提で書いてしまうことが多いです。

でも読み手が知識を持つ人ばかりとは限りません。出来る限り専門用語は使わず、誰が読んでも理解できるようにしておくことが好ましいです。

十分な説明を入れる

これも
『相手はきっと前提知識を持っている』という勘違いから生まれます。

たまに
『これ、自分でもわかんなくね?』
くらいに説明が雑なブログを見かけますが、
それでは書き残す意味がありません。

せめて自分が読み返した時に
理解できるくらい十分な説明を入れておくことが大切です。

具体的に書く

文章は抽象的に書くよりも
具体的に書いた方がイメージしやすくなります。

例えば
『猫』よりも
『10年前に拾ってきた白猫』
の方がイメージしやすくなります。
写真があると尚更イメージしやすいです。
具体性があればあるほどイメージが特定しやすくなります。

伝え方が下手な人は写真もないのに
『ウチの猫が~』みたいな言い方をします。ウチとか知らんがな。
なるべくイメージが浮かぶように具体的に書くことが好ましいです。

 

STEP3:SEOやライティングは無視する

そしてSTEP3は

  • SEOやライティングは一切無視しよう

ということです。

ブログ初心者がやるべきことは
SEO対策でもライティングを学ぶことでもありません。

まずは『書く習慣を身に付けること』です。

毎日何かしらのアウトプット。
そして書くことが苦じゃなくなってきて初めてSEOやライティングを学べばいいのです。

それをする前に
いくら学んでもただのザルです。
書く習慣が身についてからノウハウを手に入れた方が確実に伸びます。

最初はとにかく
書く書く書く!
です。

スポーツと同じよ。
走れ(書け)もしない奴が試合に出たって勝てる(稼げる)わけないからねー。
なんつったって基礎よ基礎。

うさ四郎

まとめ

もちろん
良質な記事を書く意識も
大切だと思います。

ですが、
それはあくまで
”普段から記事を書いている人”
の話です。

書くことすらできない人は
フィールドにすら立っていません。

書く習慣ができてようやく
『ブログを書いている』
と言えます。

そして書く習慣を
身に付けるためには

  • STEP1:事実を書き出す
  • STEP2:自分以外の人が読んでもわかるように書く
  • STEP3:SEOやライティングは無視する

この3つをひたすら
繰り返し繰り返し実践しながら
苦じゃなくなるまで書き続けることです。

目の前に
集中して一カ月もすれば、
書く力が格段に上がっていることに気づくはずですよ(*^-^*)

ではこの辺で。

あら偶然?
私も書く力すごいのよ。

この前も書くのに力入れ過ぎて
ノート破けちゃって。

ワニぶちさん

それは掻く力。

まつじろう

 

【無料E-book】
WordPress(ワードプレス)の集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに、
集客特化ブログを構築する方法を詳しく載せています。今なら超豪華特典も用意しております。詳しくはプレゼントをご覧ください。

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ブログ集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

Copyright© ブログ集客屋まつ , 2017 All Rights Reserved.