2018/05/06

【図解付き】TinyMCE Advancedの設定方法と基本的な使い方

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

TinyMCE Advancedの設定方法と
基本的な使い方を動画・図解付きでご紹介します。
よく使う機能7つも合わせてご紹介しますので、あなたの記事編集作業に役立ててください。

★動画でも解説しています★

TinyMCE Advancedのインストール・設定方

TinyMCE Advancedをインストールしていきましょう。

まずはプラグインの新規追加画面に入ってください。

TinyMCE Advanced1

右上の赤枠内に『TinyMCE Advanced』と入力しましょう。

TinyMCE Advanced2

『今すぐインストール』をクリックしてください。

TinyMCE Advanced3

『プラグインを有効化』をクリックします。プラグインが有効化されたらそのまま下にスクロールしてください。

TinyMCE Advanced4

『TinyMCE Advanced』の設定項目をクリックするとTinyMCE Advancedの設定画面になります。


TinyMCE Advanced7

主に使う機能を赤枠で囲んでおいたので、画像の通りに追加してみてください。追加したら『変更を保存』を忘れないようにしてください。

TinyMCE Advancedの機能一覧

 

1.フォントカラー

まずはフォントカラーです。
文字の色を変えることができます。

 

 

フォントカラー

上の赤枠が文字色を変えるところですね。
実際に表示してみるとこんな感じになります。

文字色

カラフルな文字になっていますね。
色のバリエーションもかなり豊富なので
ご自分に合った文字色を探してみるのもいいと思います。

2.文字の背景色

次は文字の背景色です。

フォントの背景色

この『A』の背景に色が付いているのがそうです。
ここをクリックすると、好きな色を文字の背景に表示することが出来ます。

font-color

文字の背景の色が変わったのがわかると思います。
文字の背景色を入れると文章で伝えるべきポイントを強調できて伝わりやすくなります。太字や赤文字同様、強調した部分に使うと良いでしょう。

3.フォントサイズ(pt)

文字のサイズを変更する機能です。

フォントサイズ

上記の赤枠をクリックすると
フォントサイズ一覧が出てきて好きなフォントサイズを選ぶことが出来ます。

実際に使うとこんな感じです。

fontsize

 

めちゃくちゃ強調したい部分に
デカ文字を使うとよりメッセージが際立ちますね。ただ使いすぎると逆に読みづらくなるのでここぞという時に使用しましょう。

あと使いすぎると
コテコテのコピーライティングっぽくて
ちょっとキモいです。

4.箇条書きリスト(ul,ol)

次は箇条書きリストです。
その名の通り箇条書きリストが作れます。

箇条書きリストには番号が振られるタイプと番号なしタイプがあります。

箇条書き

上記が番号なしタイプ。

箇条書き(数字)

上記が番号ありタイプですね。

実際に表示するとこうなります。

list

 

ハミングバードで箇条書きを使うと
上記のような表示になります。

追記:2018年5月現在ではELEPHANT2を使っています。ELEPHANT2の場合は下記のような箇条書きリストにないります。

  • ELEPHANT2で
  • 箇条書きタグを使うと
  • こんな感じの表示になるよ

テーマによって表示のされ方が違うので、ご自身の使っているテーマで実際に使って確かめてみましょう。

5.集中執筆モード

次は集中執筆モードです。
こちらは文字通り集中して執筆するための機能です。
記事編集で本文を入力する部分以外を消し去る機能です。

集中執筆モード

集中執筆モードをクリックすると、、、

集中執筆モード画面

 

上記の通り、両サイドのメニューを消してくれます。
記事を書くことだけに集中したい時に使える項目です。

6.引用

次は引用タグです。引用タグを付けると、Googleに「これは引用だから記事の評価には含めないでね~」という指示を与えることができます。

つまりコピーをしても引用扱いになるから検索エンジンの評価から除外されるということです。

 

引用

上記のアイコンをクリック設定をしてみると、、、

引用

セミコロンみたいに囲まれた部分が現れました。
このセミコロンみたいなやつが「引用である」ことをGoogleに示してくれます。他のサイトから情報を引用する際には必ず引用タグが必要になるので、必ず覚えていてください。

※パクリは論外です。法的にもNGですので絶対にしてはいけません。

7.テーブル(表)

テーブルはWordやエクセルのようなテーブル機能を付けることが出来ます。

テーブル

実際にセルを入れてみましょう。
今回は「3行×3列」でそれぞれ文字を入力してみます。

table

 

 

上記のような表示になりました。
若干、味気ない感じもしますが、もしデザインにこだわる場合はカスタマイズが必要になりそうですね。

ではでは、これでTinyMCE Advancedの設定方法と機能のご紹介は終了です!

まとめ

TinyMCE Advancedを使うことでビジュアルエディタの使いやすさが上がったり、記事装飾のバリエーションを増やしてくれます。

  • 作業を効率化したい
  • もっと幅広い記事編集がしたい

そんなあなたにおすすめのプラグインなので、是非設定してみてくださいね。

それではこのへんで失礼します。

次はAddQuickTagの基本的な使い方!作業の効率化に活用しよう!GO

★この記事を読んだあなたに読んで欲しい記事★

これ知ってた?ビジュアルエディタで意外と使えるショートコード17個

 

 

無料E-bookプレゼント付きメルマガ

WordPressの集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに
集客に特化したブログを作る方法を
詳しく載せています。

今なら超豪華特典も用意しております。
詳しくは下記のボタンをクリックしてプレゼントページをご覧ください。

 

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

Copyright© ブログ集客実践の書 , 2016 All Rights Reserved.