2017/12/03

ブログの見出しの付け方!読者と検索エンジンに優しい記事を書く方法



この記事を書いている人 - WRITER -

会社が倒産したので仕方なくビジネスを始めたらハマり過ぎてフリーランスに。教え子の大半が就職をしなくなる傾向がある。得意分野はコンテンツSEO、ライティング、メルマガ集客
更に詳しいプロフィールはこちら
僕のビジネスストーリーを知りたい方はこちら

ブログ集客屋まつ

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

見出し(見出しタグ)を付けることで
読者と検索両方が理解しやすくなります。

記事の見出しは
読み手にとっては記事内のナビゲーション、
検索エンジンにとっては内容を理解する道しるべです。

読みやすさも向上し、
結果的に記事が読まれる
可能性も上がります。

そこで今回はブログ記事の見出しの
基本的な使い方や注意点について
書いていきたいと思います!!

見出しとは何か?

まず見出しって何ですか?
という方の為に説明しておくとこちらです。

見出しとは何か?

ここで注目して欲しいのは、
見出しについている『h2』などのタグです。
記事の見出しにしたい行でh1~h6のタグを付けることによって見出しとして表示することができます。

WordPressの場合はビジュアルエディタの『段落』というメニューから付けることができます。

見出しタグの付け方

またH1やH2など
上になるほど重要度が高く
H6などは最も重要度が低いといわれています。

見出しタグ付ければ儲かりますか?

ピヨ三郎

なんだその発想

まつじろう

ブログに必ず見出しを付けるべき2つの理由

記事内に見出しがあるかどうかで
読み手・検索エンジンの評価が大きく変わります。

理由を大きくわかると2つです。

1.見出しがあれば流し読みが出来る

見出しがあると
ユーザーは流し読みができます。

例えば見出しが全くない記事はこんな風に表示されてしまいます。

見出しタグがない場合

これではどこに何の情報があるか
全くわかりません。こういった無駄な手間をかけさせることで多くのユーザーが離脱してしまいます。

逆に見出しタグがある場合を見てみましょう。

見出しタグがある場合

見出しタグがあることで
ナビゲーションの代わりになり
読みやすくなったのがわかると思います。

見出しがあることで
流して読むだけでもざっくりと
内容が理解できます。

見出しは道路にある
看板のようなものです。
『2km先は新宿』などの看板があるから内容を理解できます。

「流し読みなんてされたくないわ!」
と思うかもしれませんが、

  • 流し読みすらされない=読まれない

ということです。
人は文章を読みたいのではなく、
興味があって初めて読みます。

流し読みされるというのは
読まれる上でのスタート地点です。

【流し読み対策もこれでOK!】読まれるブログを書くための工夫と4つのテクニック!でも詳しく解説していますが、

とにかくまずは
流し読みから始めてもらうことが
大切です。

読まないと撃つ…

ピヨ三郎

やめろ。

まつじろう

 

2.検索エンジンに記事の内容を適切に伝えられる

見出しを使うことで
検索エンジンにも適切に
情報を伝えることができます。

見出しタグがないと
検索エンジンはどの情報が重要性が高いのか?
どんな内容の記事なのか?などを理解できません。

見出しタグを使うことによって
検索エンジンが『この記事はこういう内容なんだな』と理解してくれます。

記事の見出しは『本の目次』と同じもの

見出しは本でいう目次、車でいう看板、
お店でいうと天井にぶら下がっている商品カテゴリーのようなものです。

ナビゲーションがあるから
内容が理解でき、興味があれば読み進めてもらうことができます。

基本中の基本ですが、
もし何も対策していないとしたら
配慮が足りていないかもしれません。
完璧でなくとも出来るところから改善していくことが大切です。

不親切な記事は読まれないからね?
初心者なら尚更やろうね?ね?

うさ四郎

見出しの基本的な使い方

見出しの使い方自体は
難しい物ではありません。

基本原則である

  • H1タグは使わない
  • タグの順番を守る
  • なるべく単語を使う

の3つの原則を守れば
ある程度自由に付けることができます。

※僕はあまりSEO対策に詳しい方ではないので、あくまでユーザーベースで作ってます。たぶん、SEOを深めれば色々あるんだろうけど、そんな暇があるならユーザーのことを考えた方がいいと思ってます。

H1タグは使ってはいけない

まずはh1タグは使ってはいけません。

詳しくいうと
H1は記事タイトルに
勝手に適用されているから
使う必要がない
ということです。

実際に記事中に使用するのは
H2~H6までになります。

※僕は多くてh2~h3くらいまでしか使いません。

見出しタグの順番を守る

タグの順番が崩れると
SEO上マイナスになります。
もちろんユーザーにとっても読みにくくなる原因になります。

例えば、

・H2タグ

  ・H3タグ

  ・H2タグ→×

  ・H2タグ→×

   ・H3タグ

・H2タグ

※H3の階層にH2が埋め込まれており、正しい構造になっていない。

このような階層構造は正しくありません。
これではお店の2階なのに『3階フロア』と書いてあるようなものです。

正しくはこのような記述になります。

・H2タグ

  ・H3タグ

  ・H3タグ

・H2タグ

  ・H3タグ

  ・H3タグ

・H2タグ

※見出しが大きい方から小さい方へと流れており、正しい階層構造になっている。

見出しタグの構造は
大きい見出しの次は小見出し、
というように流れていく必要があります。
この階層構造を間違えないようにしましょう。

カンパーイ!!

ピヨ三郎

話聞け。

まつ

 

なるべく単語を使う

またこれは本文やタイトルにも
言えることですが、なるべく単語を使った方がいいです。

Googleは『あれ』『これ』『あんな』『こんな』といった言葉を理解することができません。

例えばこんな見出しは
何を言っているか理解できません。

・H2:なんで風邪になるの?

・H2:何をすればいいの?

・H2:結局どうすればいいの?

・H2:まとめ

※具体的な単語がほとんどないため、理解できない。

見出しの中に単語がないと、
検索エンジンはどんな内容なのかを
判断できません。

それはユーザーも同様かもしれませんが。
でもこういう人、結構いるので気を付けてください。

こんな見出しだと伝わりやすくなります。

H2:風邪を引きやすくなってしまう3つの理由

 H3:理由1

 H3:理由2

 H3:理由3

H2:風邪早く治すための対処法とは?

H2:風邪を治すのは身体を温めるのが一番大切

H2:まとめ

※文中に単語が含まれているため、ユーザー・検索エンジンともに理解しやすい

単語が多く含まれてるのが
わかると思います。

普段から単語での記述を
心掛けることによってユーザーと
検索エンジンに双方にやさしい記事が書けるようになります。

 

まとめ

では今回のまとめです。

まずはブログの見出しは
記事のナビゲーションです。

見出しがあるから
内容を理解しやすくなりますし、
検索エンジンにも適切な情報を伝え、上位表示にも役立ちます。

具体的な
見出しタグの使い方としては

  • H1タグは使ってはいけない
  • 見出しタグの順番を守る
  • なるべく単語を使う

の3つになります。
この基本的な3つの原則を守るだけでも
かなり見出しがわかりやすくなると思うのでぜひ取り組んでみてくださいね^^

それではこの辺で。

 

【無料E-book】
WordPress(ワードプレス)の集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに、
集客特化ブログを構築する方法を詳しく載せています。今なら超豪華特典も用意しております。詳しくはプレゼントをご覧ください。

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

Copyright© ブログ集客屋まつ , 2017 All Rights Reserved.