2017/10/02

ブログのジャンルの決め方!ジャンル選びで重要視すべき3つの要素



この記事を書いている人 - WRITER -

会社が倒産したので仕方なくビジネスを始めたらハマり過ぎてフリーランスに。教え子の大半が就職をしなくなる傾向がある。得意分野はコンテンツSEO、ライティング、メルマガ集客
更に詳しいプロフィールはこちら
僕のビジネスストーリーを知りたい方はこちら

ブログ集客屋まつ

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ブログ集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

ブログを始める際、
悩みの多くとして挙げられるのが

  • どのジャンルを選べばいいのかわからない

というもの。

ブログ初心者は
どのジャンルが稼げるのかも
どのジャンルが自分に合っているのかもわからないのがほとんどです。

かといって
『好きな記事を書きましょう!』
というのはアドバイスでも何でもないので、
今回は僕なりに考えるブログのジャンル選びの基準とテーマの絞り方をお伝えしていきたいと思います。

僕は稼げるテーマがいいでしゅ。

ピヨ三郎

記事書け。

まつ

 

ブログのジャンル選びのNGパターン

まずはブログ初心者が
ジャンル選びでやりがちなNGパターンです。

ここでいう『NGパターン』は
『ただやめた方がいい』という意味ではなく『成果が出るのに時間がかかってしまうパターン』と定義しています。

この記事は成果主義で考えており、
趣味ブログや超長期的な目線ではありません。

 

NGパターン1:0から勉強することが必要なジャンル

まず0から勉強が
必要なジャンルは相当しんどいです。
理由は単純で労力が増えるからです。

単に勉強しなくても書けるジャンルなら

  • ブログを書く

という作業だけで済みますが

ブログ&勉強の場合、

  • 勉強して頭の中を整理する
  • ブログを書く

という2工程が必要になるからです。

ブログ初心者からすれば
ブログを書くのも勉強するのも
同じくらいパワーを使います。

また労力が分散してしまうため、
集中して書くことが難しいのです。

成果スピードを考えると、
すでに専門知識を持っていて
書くことに集中できるジャンルがおススメです。

うぬぼれるなよ?あんたは凡人だからね。

うさ四郎

すいません。

まつ

NGパターン2:書いててもつまらないジャンル

次は書いてても
つまらないジャンルです。

例えば僕なら
稼げるジャンルとわかっていても
経済、政治、金融、ガジェットなどのジャンルは書いても多分、しんどいです。逆にマンガやマーケティング、ブログに関するコンテンツならいくらでも書けます。単純に書いてて楽しめるからです。

書いててもつまらない記事は
読んでても『熱量0』感が出るので
おススメできません。

伝わってるからね?やる気ないの。
ぜーんぶわかってるから。

うさ四郎

NGパターン3:検索ボリュームが少なすぎるジャンル

3つ目は月間検索ボリュームが
少なすぎるジャンルです。

月間検索ボリュームは
あるキーワードで月に検索されている
回数のことです。これが少なすぎるジャンルはお勧めできません。

例えば、
『やくざに喧嘩で勝つ方法』
とかにしても意味がありません。
まあこれはこれで刺さるかもしれないけどw

ある程度の月間検索数が
あるキーワードを選ぶことが大切です。

データをちゃんと見ないと、データを。
当てずっぽうじゃなくて事実を見る癖を付けないとね。

うさ四郎

ジャンル選びで重視すべき3つの要素

ブログのジャンル選びで
間違いを起こしにくいパターンとしては、

  • 既に知識が身についている分野
  • 検索ボリュームが一定数ある←★最重要
  • 書いてて(考えてて)楽しい

の3つが大切だと思っています。

 

特にこの中でも最重要なのは
検索ボリューム(月に検索されている回数)が一定数あるジャンルを選ぶことです。いくら好きなジャンルを選んでも検索ボリュームが全くなければアクセスを集めることは無理だからです。

ある程度検索ボリューム(1万~10万とか)があり、
なおかつ記事が書きやすいジャンルがおススメです。

絶対に稼げるキーワードってないんすか?

ピヨ三郎

日雇いバイト。

まつ

 

月間検索ボリュームを調べる方法

月間検索ボリュームは
キーワードプランナーで調べることができます。

キーワードプランナーで
月間検索ボリューム数を調べる方法は
キーワードツールの使い倒し術でご紹介しているので、ぜひ使ってみて下さい。

 

検索ニーズはQ&Aサイトで調べるのも効果的!

またブログのジャンルを選んでも
「どんな記事を書けばいいかわからない…」
という人もいます。

そういう人にはQ&Aサイトがおススメです。

Q&Aサイト

  • ヤフー知恵袋
  • Goo質問版

などの質問者と回答者で
成り立っているサイトのことです。

Q&Aサイトで
キーワードを打ち込んでみると、
個人的な悩みが質問で並んでいるので、
記事ネタにもなります。

お金がなくて悩んでます。

ピヨ三郎

ラーメン食うな。

まつ

 

おススメは3ジャンルに絞ること

あとこれは
完全に僕の主観ですが
おススメはジャンルを3つまで絞ることです。

例えばビジネスだったら

  • コピーライティング
  • マーケティング
  • お金を稼ぐ

など、
仕事系だったら

  • 仕事術
  • 健康系
  • コミュニケーション

などに絞っても良いです。

ジャンルが多すぎると
絞るのが大変ですが、後から増やす分には問題ありません。

最初から増やし過ぎずにパパっと決めて
運営しちゃった方が遥かに進みが早いと思います。

あと多分、
書きたくないジャンルは
自然にフェードアウトしていきます。笑

四の五の言わずにやれば?

うさ四郎

まとめ

さてここで
ブログのジャンルの選び方を
まとめておくと、

ブログのジャンル選びのNGパターンは

  • 0から勉強することが必要なジャンル
  • 書いててもつまらないジャンル
  • 検索ボリュームが少なすぎるジャンル

です。

これは成果を考えたときに、
記事を書くのに集中できないと
成果が遅くなってしまう為です。

成果を第一に考えるなら

  • 既に知識が身についている分野
  • 検索ボリュームが一定数ある←★最重要
  • 書いてて(考えてて)楽しい

この3つの条件を満たすジャンルが
おススメです。

特に検索ボリューム数は
ブログアクセス数に直結するので、
必ずチェックしておきましょう。

そしてジャンルは言った通り、

  • 最初は3つまで絞る

です。
これは少な過ぎても多すぎても
書く内容が定まりにくいからです。
それらの理由を踏まえて3つまでにしておくといいでしょう。

また最後に言いたいのは、
成果主義で考えることも重要ですが、

  • 生涯学び、書き続けられるジャンル

を選ぶことが最も大切です。

アフィリエイターには
好きでもないジャンルでも、
稼ぐために記事を量産できたりしますが、僕は初心者には難しいと思っています。

特にこれから
長い目で見ていくのに
記事が書くのが全く楽しくないと絶対に続きません。

だからまずは
出来る範囲の行動から始めて
徐々にやれることを増やしていくといいと思います。

それではこの辺で。

 

【無料E-book】
WordPress(ワードプレス)の集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに、
集客特化ブログを構築する方法を詳しく載せています。今なら超豪華特典も用意しております。詳しくはプレゼントをご覧ください。

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ブログ集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

Copyright© ブログ集客屋まつ , 2017 All Rights Reserved.