[完全保存版!]All in One SEO Packの設定方法と使い方まとめ

HIRAkotatuneko_TP_V (1)

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

 

あなたは普段、

WordPressブログに対して、

検索エンジンからの集客対策を行っていますか?

 

もしかして、SEOキーワードを全く意識せず、

適当にタイトルや見出しを付けたり

ディスクリプションを未設定のままにするなど、

やみくもに記事を更新し続けてはいないでしょうか?

 

もし、そうだとしたら、

要注意。
今すぐ万全なSEO対策をするためのツールを

取り入れる必要があります。

今回ご紹介する

・All in One SEO Pack

を使えば、SEO対策の9割以上をカバーでき、

ブログ集客が出来る確率を大幅に上げてくれます。

 

また、操作方法は若干複雑なものの、

初期設定さえ終えれば、あとはほぼ直観操作で使いこなすことが出来ます。

 

特にAll in One SEO Packは、数あるプラグインの中でも

ビジネスブログに必須の機能なので、ぜひとも取り入れていただき、

あなたのブログ集客に役立てていただきたいと思います。

 

All in One SEO Packで出来ること

 では、まずは

・具体的にどんなことが出来るのか?

という点について説明をしていきます。

 

具体的にAll in One SEO Packで出来ることを挙げていくと、

記事や固定ページ個別にキーワードを設定することにより、アクセスが集まりやすくなる。

サイトマップを送信することにより検索エンジンにインデックス表示されやすくなり

アクセスが集まりやすくなる。

ブログのタイトルや説明文、キーワードを設定することにより、

アクセスが集まりやすくなる。

④超カンタンにGoogle search Console(サイトを最適化するツール)と連携することが出来る。

⑤超カンタンにGoogleアナリティクス(アクセス解析ツール)と連携することが出来る

⑥超カンタンにGoogle+と連携することが出来る

不要なページ(問い合わせページとか)をインデックスさせないことにより、SEO効果を高める

⑧超簡単にFacebookページと連携できる。

しかも画像の表示方法なども細かく設定でき、反応率を上げることが出来る。

⑨超簡単にTwitterと連携できる。しかも画像の表示方法なども細かく設定でき、反応率の高い表示が可能になる

といったところでしょうか。

 

特に僕が注目しているのはTwitterやFacebookのシェア表示設定です。

意外とこの辺て「とりあえず連携すればいいんでしょ」的な感じで、

細かい設定がおざなりにされている気がします。

 

でもこのプラグインを使えば、

アイキャッチ画像とテキストの表示などを細かく設定でき、

反応率の高い表示ができるようになるのです。

 

やはり、読み手に興味を持たせるには

アイキャッチ画像とキャッチコピーを如何に工夫するのが大事です。

しかも効率化までできるとなれば使わない手はありません。

 

なんとなーく重要性がおわかりいただけたでしょうか?

 

とまあ、そんな部分も含めて、

これからAll in One SEO Packの設定方法や使い方全てを

ご紹介していくので、これを参考に作業を進めてみて下さいね!

 

ではいきましょう!

 

 

 

All in One SEO Packの設定方法

それではさっそく設定方法に移りましょう。

 

インストール方法がわからないという方は、

下記のリンクで初期設定を行ってください。

All in One SEO Packのインストールと設定方法

※カンタンな初期設定も書いてありますが、初心者向けなので、

しっかりとSEO対策を施したいという方はこの記事を読んで欲しいと思います。

 

 

General Settingsを設定する

ではまずはGeneral Settingsの設定をします。

all in one seo

1つずつ説明をすると


・Canonical URLs(チェック)

Canonical(カノニカル) は、ブログURLのwwwの有無などの重複を統一します。

同じ内容のコンテンツが二つある場合、Googleからマイナス評価を受ける可能性

がありますので、ここはチェックをしておきます。

 

・No Pagination for Canonical URLs(どちらでもOK)

同一記事が複数のページになっている場合、

2ページ目以降をインデックスされないように設定できます。

例:『~の方法、~の方法②、~の方法③』などの場合、

②と③はインデックスされないようにする。

 

 

Enable Custom Canonical URLs(チェックしない)

記事のカスタムフィールドとカスタムURLを設定できます。

普通に運営している分には必要なしです。

 

・Set Protocol For Canonical URLs(ブログURLに合わせる)

ブログURLが『http』か『https』かによってチェック項目を設定します。

分からない場合は初期値のまま『Auto』でもOKです。

 

・Use Original Title(他のプラグインでタイトルを作成している場合はチェック)

使用しているテーマや別のプラグインで、

タイトルを作成する場合は『利用』にチェックします。

 

・Use Schema.org Markup(チェック)

schema.org(スキーマ)の構造化マークアップ

利用する場合はチェックを入れます。

Googleが推奨しているっぽいのでチェック。多分。

 

となります。

基本的には

・Canonical URLs

・Use Schema.org Markup

が必須項目で、あとはブログの状況によって使い分けてください。

チェックが終わったら次に進みましょう。

 

 

Home Page Settingsを設定する

次はHome Page Settingsの設定に移ります。

all in one seo

 

ここで設定するのは以下の4つになります。

1.ホームタイトル→ブログタイトルを入れる

2.ホーム詳細→ブログの説明文を入れる(SEOキーワードを3~4個程度入れる)

3.ホームキーワード→SEOキーワードを6個~8個程度入れる

4.Use Static Front Page Instead→固定ページをトップページ化している場合はチェックする。

といった感じです。

 

設定をすると、実際に検索されたときに、

このキーワードが反映されます。

all in one seo

このように反映されます。

やたら説明文が短いですが。笑

入力したら次に進みましょう。

 

 

Keyword Settingsを設定する

そして3つ目はKeyword Settingsを設定します。

all in one seo

ここでの設定項目は4つ。

・Use Keywords→ページごとのSEO対策ができるようになる。

・メタキーワードとしてカテゴリーを使う→カテゴリーページをキーワードとして使うことが出来る。

・メタキーワードとしてタグを使う→タグページにSEO対策をかけることができる。

・Dynamically Generate Keywordds for Posts Page/Archives→動的にキーワードを作ることができる。

 

基本的にキーワードは手動で作成すべきなので、

Use Keywords以外のチェックは外すようにしてください。

 

 

Title Settingsを設定する

次はTitle Settingsを設定します。all in one seo

・タイトルを書き換える=タイトルを検索エンジンによって書き換えるかどうか。

・Captalize Titles→タイトルを大文字にする。英語版のみ

・カテゴリータイトルを大文字にする→英語版のみ

上記の通りに設定しておきましょう。

 

 

Custom Post Type Settingsを設定する

次はCustom Post Type Settingsの設定になります。

all in one seo

・カスタム投稿用のSEO→カスタム投稿を使用しているなら「利用」にチェックを入れます

・Enable Advanced Options→「利用」を選択することで、プラグインを適用する記事タイプを選べます

・SEO on only these post types→カスタム投稿の記事タイプを選択します。

 

設定が終わったら次に進みましょう。

 

 

Display Settingsを設定する

次はDisPpay Settingsを設定していきます。

all in one seo

Show Column Labels for Custom Post Types→ 投稿一覧や固定ページ一覧などに「SEO Title」「SEO Description」「SEO

Keywords」の項目を表示される。※表示されない場合もあるが、原因は不明

『Display Menu In Admin Bar』→チェックを入れると、管理画面の上に『SEO』という項目が表示される。

『DisPlay Menu At The Top』→チェックを入れると、管理画面の左上部分にメニューが表示される。

all in one seo

これらはSEO対策には関係ないので、個人的に必要であればチェックを入れておきましょう。

 

 

Webmaster Verificationを設定する

次はWebmaster Verficationの設定に入ります。

all in one seo

機能は以下になります。

①Google Webmaster Tools(Google search Console)

②Bing Webmaster Tools(Bingにサイトマップを送信)

③Pinterest Site Verfication(ピンテレスト(画像共有SNS)に公式サイトとして登録)

 

僕が登録しているのは①のGoogle search Console(サーチコンソール)のみです。

②と③は重要性が低いので、登録は任意で大丈夫です。

 

設定はサーチコンソールから出来ます。

サーチコンソール

サーチコンソールの登録をする際に

HTMLタグにして『content~”ココの部分“』をコピーしておきます。

 

そして、コピーしたらWordPressの画面に戻って

コピーしたタグを貼りつけましょう。

all in one seo

これでOKです。

Bingとピンテレストはお好みでどうぞ。

 

 

Google Settingsを設定する

さて、続けてGoogle Settingsを設定しましょう。

All in one seo pack

これはそのまま上記の通りに入力していただければ大丈夫です。

用語の説明はこちらになります。

↓↓↓

・Google Plus Default Profile→Google+の個人アカウントのプロフィールページのURLを入力します。

・Disable Google Plus Profile→Google+のプロフィール写真を利用しない場合はチェックをします。

・Display Sitelinks Search Box→チェックを入れても意味がないので、しなくても良いです。

・Advanced Authorship Options→「利用」を選択しましょう。下に「」が表示されます。

・Display Google Authorship→Googleの検索結果に著者情報を表示する種類を選択します。Front Page、投稿、固定ページを選

 んでおきましょう。

・Display Publisher Meta on Front Page→「利用」を選択すると下に「」が表示されてGoogle+のビ

 ジネスページのURLを入力できるようになります。

・Specify Publisher URL→Google+のビジネスページのURLを入力します。

・GoogleアナリティクスID→「GoogleアナリティクスID」欄に「UA」から始まるトラッキングIDを入力すると、アナリティクスと

 の連携が開始され、アクセス解析が出来るようになります。

 

アナリティクスの設定に関しては、Googleの公式サイトから

ログインし、トラッキングコードをコピーして持ってきてください。

こんな感じの画面です。

↓↓↓

Googleアナリティクス

※もし通常の方法でアナリティクスを設定している場合は、

2重カウントになる可能性があるので設定しないでください。

Googleアナリティクスの設定をしていない場合のみ設定をしましょう。

 

 

Noindex Settingsを設定する

次はNoindex Settingsを設定します。

ここでは検索エンジンにインデックスされたくないページに

チェックを入れることで、SEO効果を高めるというものです。

 

設定に関しては以下の通りでかまいません。

基本的に投稿、固定ページ、メディア以外は

インデックスされないようにしましょう。

noindex settings

 

Advanced Settingsを設定する

次はAdvanced Settingsの設定ですが、

ここはあまり使うことはないので何もしなくて大丈夫です。

ダウンロード (2)

設定するとヘッダーに色んな要素を追加できるらしいのですが、

ぶっちゃけ全然わからないので。笑

 

これでSEO対策の基本設定は完了となります。

 

 

ソーシャルメタタグを設定する

そして次はソーシャルタグの設定になります。

これはTwitterやFacebookなどでシェアされた際の

テキストや画像の見え方を設定することが出来ます。

 

ブログの運営をする上でSNSとの連携は欠かせないものですので、

しっかりと設定しておくようにしましょう。

 

 

それでは始めます。

 

Social Metaを設定する

ではlまずはFeature ManagerでSocial Metaを有効化します。

all in one seo

表示が『Activtate』から『Deactivate』に変わればOKです。

次はSocial Metaの設定に移りましょう。

 

 

Genaral Settingsを設定する

まずはGenaral Settingsの設定ですが、

全てが謎なので、今回は全てスルーしておきます。

all in one seo

次に進みましょう。

 

 

Home Page Settingsを設定する

そして次はHome Page Settingsの設定をしていきます。

all in one seoここではブログのトップページがシェアされた際の

タイトルや画像の表示設定を行うことが出来ます。

もし表示したいサイトネームやデフォルト画像があれば

ここで設定しておきましょう。

 

Image Settingsを設定する

続いてImage Settingsになります。

ここでは記事がシェアされた際の表示設定をします。

all in one seo

上記の画像では『アイキャッチ画像』にしています。

僕としては常に記事のアイキャッチが表示されてほしいので、

そうしています。

 

 

あと『Default OG:Image』に関しては、

記事がシェアされた際のデフォルト画像を任意で設定します。

 

 

Social Profile Linksを設定する

設定が終わったら、次はSocial Profile Linksです。

これは良くわからないので設定はしなくて大丈夫です。

all in one seo

 

 

Facebook Settingsを設定する

続いてFacebook Settingsに入りましょう。

ここではFacebookのOGP(Open Graph Protocol)を設定することが出来ます。

 

OGPを設定すると、シェアされた際に画像とテキストが

キレイに表示されるようになりますので、しっかりと設定しておきましょう。

all in one seo

ここでは上記のように設定をすればOKです。

尚、Facebook IDの取得方法だけわかりにくいので、

お伝えしておきます。

 

Facebook IDの取得方法

まずはhttps://developers.facebook.com/tools/explorer

アクセスをしてください。

all in one seo

赤枠の中の『Get User Accsess Token』をクリックしましょう。

 

ログイン画面になります。

all in one seo

OKをクリックして進んでください。

 

『アクセス許可を選択』画面になります。

all in one seo

『Get Accsess Token』をクリックし、進みます。

 

 

数字の羅列が出てきます。

 

all in one seo

赤枠の”~~~”の~~~の部分をコピーして、

先ほどの『Facebook IDを入れる』の部分に貼りつけてください。

 

 

Twitter Settingsを設定する

では次はTwitterの設定に入ります。

all in one seo

ここではTwitterでシェアされた際の表示設定を行うことが出来ます。

これも同じく、画像とテキストをどう表示するか?という項目を

決めることが出来ます。

 

尚、上記の画像では『Summaty』(画像とテキスト)となっていますが、

僕は『Sumaary Large Image』(大きな画像とテキスト)にしています。

これはお好みでどうぞ。

 

ただ、ここで設定した表示を反映させるためには、

検証ツールからサイトを申請する必要がありますので、

その方法をご紹介しておきます。

 

まずはhttps://cards-dev.twitter.com/validatorにアクセスをしましょう。

Twitter Developerのサイトが出てきます。

all in one seo

赤枠の部分に、あなたのブログURLを入れてください。

入れたら『Preview card』をクリックしましょう。

 

実際に反映されたときのプレビュー表示が出てきます。

all in one seo

このような表示になればOKです。

表示設定はSocial MetaのImage Settingsの設定で変えられるので、

お好みで変えてみてください。

 

Scan Socialを設定する

そして最後はScan Social Metaの設定です。

これはソーシャルタグの重複があるかどうかをチェックしてくれます。

all in one seo

ボタンをクリックするだけでチェックしてくれるので、

Jet Packなどの他のプラグインを使っている場合は使ってみてください。

 

 

All in One SEO Packの実際の使い方

では最後に具体的なAll in One SEO Packの使い方について

解説をしていきます。

せっかく設定をしても使わな刈れば効果はないので、

しっかりと実践において使えるようになりましょう。

 

All in One SEO Packは、新規投稿画面で設定することが出来ます。

SEO対策の方法としては、

①Main Settings

②Social Settings

の2つがあり、どちらも重要な要素になりますので、必ず設定するようにしてください。

 

 

Main Settingsを設定する

ではまずはMain Settingsの設定をしましょう。

all in one seo

こちらで主に設定するのは、

①メタタイトル

②メタディスクリプション

③メタキーワード

の3つになります。

この画面で上位表示したいキーワードを入れることによって、

検索ユーザーが集まりやすくなり、より多くの集客が見込めます。

ここをやるかやらないかでアクセスに多大なる差が生まれるので、

必ず設定するようにしましょう。

 

Social Settingsを設定する

そして次はソーシャルの設定をします。

ここでもブログと同様、

①タイトル

②ディズクリプション

③表示したい画像(あれば

を設定します。

all in one seo

また一番下のTwittter Card Typeに関しては、

僕は大きい画像とテキストを表示したいので

『Summary Large Image』にしています。

これはお好みで設定してください。

 

 

まとめ

さて、長くなりましたが、

このプラグインをしっかりと設定しておくことは、

後々のアクセスに相当な変化をもたらすので、

必ず設定しておくようにしてくださいね。

 

また、他のプラグインの設定方法については、

こちらのページで全てまとめているので、

参考にしてみてくださいね。

WordPressプラグインの設定方法を”全て”まとめました。

 

それではこの辺で終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

HIRAkotatuneko_TP_V (1)

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。