[完全保存版!]All in One SEO Packの設定方法と使い方まとめ

どうも、ブログ集客屋のまつです。

WordPressで適切にアクセスを集めるためには

SEOがかかせませんが、

「集客用にWordPressでSEO対策をしよう!」

と張り切ってAll in One SEO Packを入れたものの

適当に設定してしまってないですか?

 

当プラグインは導入するだけでなく、初期設定をしなければあまり意味がありません。ちゃんと適切に設定してちゃんとSEO対策ができる状態にしましょう。

今回はそんなAll in One SEO Packの設定方法と使い方をわかりやすくまとめておきましたのでぜひご活用ください。

 

All in One SEO Packって一体何ができるの?

ではまず始めに、

具体的にAll in One SEO Packで出来ることを挙げていきましょう。

これを読めば役に立つことは一目瞭然でわかると思います。

 

記事や固定ページにSEOキーワードを設定することができる

All in One SEO Packを設定することで

ブログ記事ごとにSEO対策を施すことができ、

集客効果が高まります。

 

詳しくは下記の画像を見てみましょう。

All in One SEO Pack

タイトル、ディスクリプションは検索エンジン上で

表示される説明文で、これ次第で反応が相当変わりますが、

All in One SEO Packを使えばすべての記事、固定ページに

SEO対策を施すことができます。

 

また下記はソーシャルでの拡散対策をする画面です。

All in One SEO Pack

All in One SEO Packでは検索エンジンだけでなく、

SNSでのタイトルや説明文、画像(SNSでの画像表示)表示設定が出来ます。

 

例えば画像を設定しない場合とした場合で比較してみるとこんな感じ。

facebookOGP

明らかに違うのがわかりますね。

画像を設定するとこんな感じでアイキャッチを

キレイに表示をすることが出来るので、

クリック率が上がります。

 

とまあこんな風に個別記事でのSEO対策が出来るわけです。

尚、この画像表示をするためにはOGP設定というのをしなければいけないのですが、これは後述しますね。

 

サイトマップを送信することにより検索エンジンにインデックス表示されやすくなる

All in One SEO PackのGoogle XML Sitemapという機能を使えば、

あなたが記事を更新した時に検索エンジンに更新情報を送ってくれるので、

インデックス(検索エンジンに記事が並べられる)されやすくなります。

 

尚、プラグインを使わずに設定することも出来ますが、

特に両者での違いはありませんのでどちらでも問題ありません。

通常の設定をする場合はこちらから設定してみましょう。

Google XML Sitemapsのインストールと設定方法

 

Google search Consoleやグーグルアナリティクス、Google+などと簡単に連携することができる

このプラグインを使えばアクセス解析ツールやGoogle+などと

簡単に連携することができます。

通常の設定よりもはるかに簡単なので、

面倒な場合はAll in One SEO Packですべて設定してしまってもOKです。

尚、既に通常のアナリティクス、グーグルサーチコンソールの設定をしている場合、

All in One SEO Packで設定するとエラーが起こってしまう可能性があるので、

二度付けで設定はしないようにしてください。

 

★通常の設定方法をする方はこちらの記事を参考にしてくださいね★

Googleアナリティクスの導入と活用法(初心者向け)

[初心者向け]Google Search Consoleの基礎知識と導入・設定方法

 

④FacebookやTwitterのOGP設定ができる

FacebookやTwitterのOGPを設定することにより、

SNSでシェアした際の画像表示を設定することが出来ます。

要はコレです。

FacebookOGP

これを表示させるには初期設定が必要です。

OGP(オープングラフプロトコル。要はSNSでの表示設定のことです)と言いますが、

こちらは後で詳しい設定方法をご説明しますので、ひとまず先に進みましょう。

 

⑤不要なページ(問い合わせ、アーカイブ、特商法など)をインデックスさせないことによりSEO効果が高まる

All in One SEO Packは個別記事や固定ページにSEO対策が出来ますが、

中にはインデックス(検索エンジンに表示させる)する必要のないページもあります。

 

例えば問い合わせページなどです。

アーカイブとか特商法とかをインデックスさせてしまうと、

低品質なコンテンツとみなされてしまう可能性があるので、

それは避けたいところですよね。

All in One SEO Packではこういったページを

インデックスさせないようにしてSEO効果を高める(下がらない)ように出来ます。

 

All in One SEO PackでほぼすべてのSEO対策ができる

All in One SEO Packを使うことによって、

基本的なSEO対策はすべて行うことが出来るので、

初心者に最もおすすめなプラグインとなっているのです。

 

すげえよコレ!!

All in One SEO Packの初期設定方法

それでは早速ですが設定方法に移りたいと思います。

その前にプラグインのインストール方法がわからないという方は、

下記のリンクで初期設定を行ってください。

All in One SEO Packのインストールと設定方法

※カンタンな初期設定も書いてありますが、初心者向けなので、

しっかりとSEO対策を施したいという方はこの記事を読んで欲しいと思います。

 

General Settingsの設定

まずはGeneral Settingsの設定です。

all in one seo

この画像の部分は以下のように設定しておきましょう。

・Canonical URLs➡チェック

・No Pagination for Canonical URLs➡どちらでもOK

・Enable Custom Canonical URLs➡チェック

・Set Protocol For Canonical URLs➡ブログURL(httpかhttpsか)に合わせる

・Use Original Title➡チェックしない

・Use Schema.org Markup➡チェック

ここで重要なのはCanonicalです。

Canonical(カノニカル) は、URLのwwwの有無などの重複を統一します。

これを統一しない場合、

・https://www.arata01.info

・https://arata01.info

このように同じ内容のコンテンツが二つ存在してしまいます。

同じコンテンツがネット上に2つあるとコピーとみなされ、

Googleからマイナス評価を受ける可能性がありますので、

ここはチェックをしておきます。

 

この基本設定に関しては、

・Canonical URLs

・Use Schema.org Markup

が必須項目で、あとはブログの状況によって使い分けてください。

チェックが終わったら次に進みましょう。

 

Home Page Settingsを設定する

次はHome Page Settingsの設定です。

all in one seo

ここで設定するのは以下の4つになります。

1.ホームタイトル➡ブログタイトルを入れる

2.ホーム詳細➡ブログの説明文を入れる(SEOキーワードを3~4個程度入れる)

3.ホームキーワード➡SEOキーワードを6個~8個程度入れる

4.Use Static Front Page Instead➡固定ページをトップページ化している場合はチェック

といった感じです。

 

設定をすると、実際に検索されたときにこのキーワードが反映されます。

all in one seo

この説明文によってクリックされる確率も変わってくるので、

必ず設定しておくようにしましょう。

 

Keyword Settingsを設定する

次はキーワードセッティングです。

all in one seo

ここでの設定項目は4つ。

・Use Keywords➡チェック

・メタキーワードとしてカテゴリーを使う➡チェックしない

・メタキーワードとしてタグを使う➡チェックしない

・Dynamically Generate Keywordds for Posts Page/Archives➡チェックしない

Use KeywordsはページごとにSEO対策をするか?という意味なので、

必ずチェックをしておきます。

 

その他にチェックを付けるとキーワードが自動生成されてしまうので、

チェックはしないでおきます。

 

Title Settingsを設定する

次はTitle Settingsの設定です。

all in one seo

・タイトルを書き換える➡利用停止

・Captalize Titles➡チェックしない

・カテゴリータイトルを大文字にする➡チェックしない

【タイトルを書き換える】にするとSEO対策をした際に、

タイトル自体が書き換わってしまうのでチェックは外します。

その他の部分も特にSEOに関係がないのでチェックを外してOKです。

 

Custom Post Type Settingsを設定する

次はCustom Post Type Settingsの設定です。

all in one seo

・カスタム投稿用のSEO➡利用停止にする

・SEO on only these post types➡【投稿】と【固定ページ】にチェック

・Enable Advanced Options➡利用停止にする

カスタム投稿はそもそも初心者なら使わないので無視、

SEO on only these post typeは『どの記事にSEOを掛けますか?』という意味なので、

投稿記事と固定ページにチェックを入れます。

設定が終わったら次に進みましょう。

 

Display Settingsを設定する

次はDisPpay Settingsを設定していきます。

all in one seo

Show Column Labels for Custom Post Types➡【投稿】と【固定ページ】にチェック

『Display Menu In Admin Bar』➡チェック

『DisPlay Menu At The Top』➡チェック

Show Column Labels for Custom Post Types

チェックを入れないとSEO対策自体ができないので必ずチェックを入れましょう。

その他の2つもチェックを入れておきます。

 

Webmaster Verificationを設定する

次はWebmaster Verficationの設定に入ります。

Webmaster Verification

これらの機能は以下になります。

①Google search Consoleとの連携

②Bing Webmaster Toolsとの連携

③Pinterest Site Verficationとの連携

この中で僕が登録しているのはGooglesearchConsoleとBingマスターツールです。

ピンタレストはとくに重要度を感じていないので登録していません。

 

もうすでにGooglesearchConsoleとBingウェブマスターツールを

設定している場合は問題ありませんが、まだ設定していない場合はここで設定しちゃいましょう。

サーチコンソールとBing webマスターツールに関してはこちらの記事でご紹介しております。

Bingウェブマスターツールの登録方法(WordPress編)

All in One SEO Packでサーチコンソールを設定する方法

 

Google Settingsを設定する

さて、続けてGoogle Settingsを設定しましょう。

All in one seo pack

これはそのまま上記の通りに入力していただければ大丈夫です。

↓↓↓

・Google Plus Default Profile➡Google+プロフィールページのURLを入れる

・Disable Google Plus Profile➡Google+のプロフィール写真を利用しない場合はチェック

・Display Sitelinks Search Box➡チェックしない

・Advanced Authorship Options➡「利用」にチェック

・Display Google Authorship➡Front Page,投稿,固定ページにチェック

・Display Publisher Meta on Front Page➡「利用」にチェック

・Specify Publisher URL➡特に何もしない

・GoogleアナリティクスID➡トラッキングコードを貼り付けるとアナリティクスが利用できる(既に設置している場合は必要ない)。

アナリティクスの設定に関しては、Googleのアナリティクスサイトからログインし、

トラッキングコードをコピーして持ってきてください。

こんな感じの画面です。

↓↓↓

Googleアナリティクス

※もし通常の方法でアナリティクスを設定している場合は、

2重カウントになる可能性があるので設定しないでください。

Googleアナリティクスの設定をしていない場合のみ設定をしましょう。

 

Noindex Settingsを設定する

次はNoindex Settingsを設定します。

ここでは検索エンジンにインデックスされたくないページに

チェックを入れることで、SEO効果を高めるというものです。

 

設定に関しては以下の通りでかまいません。

基本的に投稿、固定ページ、メディア以外は

インデックスされないようにしましょう。

noindex settings

 

Advanced Settingsを設定する

次はAdvanced Settingsの設定ですが、

ここはあまり使うことはないので何もしなくて大丈夫です。

ダウンロード (2)

設定するとヘッダーに色んな要素を追加できるらしいのですが、

ぶっちゃけ全然わからない(/ω\)笑

これでSEO対策の基本設定は完了となります。

 

ソーシャルメタタグを設定する

そして次はソーシャルタグの設定になります。

これを設定すると、TwitterやFacebookなどでシェアされた際の

テキストや画像の見え方を設定することが出来ます。

 

Social Metaを設定する

ではlまずはFeature ManagerでSocial Metaを有効化します。

all in one seo

表示が『Activtate』から『Deactivate』に変わればOKです。

次はSocial Metaの設定に移りましょう。

 

Genaral Settingsを設定する

まずはGenaral Settingsの設定ですが、

全てが謎なので、今回は全てスルーしておきます。

all in one seo

次に進みましょう。

 

Home Page Settingsを設定する

そして次はHome Page Settingsの設定をしていきます。

all in one seoここではブログのトップページがシェアされた際の

タイトルや画像の表示設定を行うことが出来ます。

もし表示したいサイトネームやデフォルト画像があれば

ここで設定しておきましょう。

 

Image Settingsを設定する

続いてImage Settingsになります。

ここでは記事がシェアされた際の表示設定をします。

all in one seo

上記の画像では『アイキャッチ画像』にしています。

基本的にこだわりがなければアイキャッチ画像にしておきましょう。

 

あと『Default OG:Image』に関しては、

記事がシェアされた際のデフォルト画像を任意で設定します。

ここは特に何もしなくてもOKです。

 

Social Profile Linksを設定する

設定が終わったら、次はSocial Profile Linksです。

all in one seo

これは良くわからないので設定はしなくて大丈夫です。

 

Facebook Settingsを設定する

続いてFacebook Settingsに入りましょう。

ここではFacebookのOGP(Open Graph Protocol)を設定することが出来ます。

 

OGPを設定すると、シェアされた際に画像とテキストが

キレイに表示されるようになりますので、しっかりと設定しておきましょう。

ここでは上記のように設定をすればOKです。

Facebook 管理者IDはこちらのサイトにアクセスして、

自分のFacebookURLを入力し『Find numetic ID』をクリックすれば

IDを取得することが出来ます。

こちらに自分のFacebookのURLを入れます。

このバーの部分をコピーして貼り付けます。

貼り付けて下記のような画面になればOKです。

赤枠の部分をコピーして、All in One SEO PackのFacebook管理者IDのところに張り付けてください。

これでFacebook管理者IDの設定は完了です。

 

Facebook IDの取得方法

次はFacebookのapp IDを取得する設定です。

まずはFacebook for developers

アクセスをしてください。

facebookogp

①のFacebookのログインをしてから、

②の開発者アカウント作成をクリックします。

ログイン画面になります。

facebookogp

画像の通りに入力し『登録する』をクリックしましょう。

『完了』をクリックしましょう。

完了すると下記の画面になります。

『www』のウェブサイトをクリックして次に進みましょう。

※なぜか出てこない場合もあるので、その時は次に進んでください。

赤枠内に自分のサイトのURLを入力してEnterキーを押します。

『Skip Quick start』をクリックしましょう。

これでFacebook アプリIDが表示されます。

赤枠の部分がFacebookのアプリIDになるので、

全てコピーしてください。

コピーをしたら先ほどのAll in One SEO Packの設定に戻ります。

ここのFacebook App IDの部分に先ほどコピーしたものを

貼り付けましょう。これでFacebook OGPの設定は終了です!!

 

Twitter Settingsを設定する

では次はTwitterの設定に入ります。

all in one seo

ここではTwitterでシェアされた際の表示設定を行うことが出来ます。

設定するとTwitterで表示した際に画像&テキストで表示したり

できるようになります。比較するとこんな感じ。

 

Twittercard

上の赤枠のリンクがOGP設定していないもの、下が設定した場合のものです。

明らかに下の方が目立っているのがわかりますね。

これをやるだけで明らかに反応が変わってくるので、

必ず設定しておきましょう。

 

では設定方法をご紹介します。

まずはhttps://cards-dev.twitter.com/validatorにアクセスをしましょう。

Twitter Developerのサイトが出てきます。

all in one seo

赤枠の部分に、あなたのブログURLを入れてください。

入れたら『Preview card』をクリックしてください。

実際に反映されたときのプレビュー表示が出てきます。

all in one seo

このような表示になればOKです。

表示設定はSocial MetaのImage Settingsの設定で変えられるので、

お好みで変えてみてください。

 

Scan Socialを設定する

そして最後はScan Social Metaの設定です。

これはソーシャルタグの重複があるかどうかをチェックしてくれます。

all in one seo

『Scannow』ボタンをクリックするだけでチェックしてくれるので、

Jet Packなどの他のプラグインを使っている場合は使ってみてください。

 

All in One SEO Packの実際の使い方

では最後に具体的なAll in One SEO Packの使い方について

解説をしていきます。

せっかく設定をしても使わな刈れば効果はないので、

しっかりと実践において使えるようになりましょう。

 

All in One SEO Packは、新規投稿画面で設定することが出来ます。

SEO対策の方法としては、

①Main Settings

②Social Settings

の2つがあり、どちらも重要な要素になりますので、必ず設定するようにしてください。

 

 

Main Settingsを設定する

ではまずはMain Settingsの設定をしましょう。

all in one seo

こちらで主に設定するのは、

①メタタイトル

②メタディスクリプション

③メタキーワード

の3つになります。

この画面で上位表示したいキーワードを入れることによって、

検索ユーザーが集まりやすくなり、より多くの集客が見込めます。

ここをやるかやらないかでアクセスに多大なる差が生まれるので、

必ず設定するようにしましょう。

 

Social Settingsを設定する

そして次はソーシャルの設定をします。

ここでもブログと同様、

①タイトル

②ディズクリプション

③表示したい画像(あれば

を設定します。

all in one seo

また一番下のTwittter Card Typeに関しては、

僕は大きい画像とテキストを表示したいので

『Summary Large Image』にしています。

これはお好みで設定してください。

 

まとめ

さて、長くなりましたがいかがでしたでしょうか。

全ての設定を行うには少々大変な作業になりますが、

ここまでして始めてSEO効果が出やすくなり、集客にも繋がってくるので、

必ず最後まで設定しておくことをおすすめします。

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お役に立ちましたら是非シェアしていただけるとありがたいです。


ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。