[Windows版]ブログ記事の作成を効率化する『単語登録』の使い方

効率化

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

今日もいい記事書いてガンガンアクセス集めていきましょう。

 

あなたは普段、記事を書く際に、

「この文章毎回打つの面倒だな…」

と思うことってありませんか?

 

例えば僕の場合、

================================

・どうも、集客ブロガーのまつです。

 今日もいい記事書いてガンガンアクセス集めていきましょう。

 

・今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。

================================

といった文章。

こういった文章を毎回手打ちで打ち込むって

意外に重労働だし、意外に時間が掛かりますよね。

 

一回一回は数十秒かもしれませんが、

積み重なっていくと何分、何時間と

どんどん大切な時間が過ぎ去ってしまいます。

 

そうして気づかないうちに結果までの時間が

遠ざかってしまうのは悲しいこと。

 

そこで!!

 

今回は文章系の作業を一気に効率化することが出来る

・単語登録

をご紹介したいと思います!!

 

 

単語登録って何?

ではまず、

・単語登録とはどういうものなのか?

という点について解説をしていきます。

 

単語登録はどういうツールなのか?というと、

毎回使う文章の「単語」と「よみ」を

あらかじめ登録することによって、

超簡単に文章を挿入することが出来るツールです。

 

と、言ってもわからないと思うので、

画像でご説明しますね。

 

これはぼくのパソコンです。

単語登録

あらかじめ文章が単語登録してあるので、

『つい』

と打つだけで赤枠の文章が出てきます。

 

 

違う文章を打ってみましょう。

単語登録

『めるまが』と打つだけで、

長い文章が出てきます。

 

といった感じで、

・登録した文章

・よみ

の二つを入れるだけで、

いつでも簡単に長文を入れることが出来るのです。

 

これはスマホでも出来るのですが、

覚えると本当に楽なので、ぜひ使ってください。

 

 

単語登録の使い方

では実際の使い方に入りましょう。

まずは通常の画面の右下に注目します。

単語登録

まずは『あ』とか『A』になっている部分に

マウスのカーソルを合わせて右クリックをしましょう。

 

するとメニューから『単語の登録』が出てきますので、

そちらをクリックします。

 

 

単語の登録画面に移ります。

単語登録

上の『単語(D)』という部分に取り出したい単語を入れ、

下の『よみ(R)』という部分に読み仮名を入れます。

そして単語とよみを入れたら登録をしましょう。

 

 

そして実際に入れてみました。

単語登録

『はじめ』というよみと入れただけで、

登録した単語が出てきました!

 

と、こういった感じで、

普段からよく使うキーワードを

どんどん登録していきましょう。

 

 

最も大切にすべきなのは『時間』

さて、いかがでしたでしょうか。

効率化をすると、空いた時間を使って

新たな作業や取り組みをすることが出来ます。

 

また、プライベートな時間が欲しいという場合は、

徹底的な効率化によって、

ゆったりとしたプライベート時間を

確保することができます。

 

しかもインターネットなら、

効率化の方法など無限に出てきますので、

是非、効率化するという思考を身に付けてください。

 

尚、効率化ツールとしては、

こちらのWordPressプラグインをおすすめなので、

是非読んでみてください。

[保存版!]Addquicktagプラグインで記事作成を超効率化する方法まとめ

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

効率化

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。