株式会社SNACです。当サイト「小さなお店の集客屋さん」は地方店舗や中小企業のためのウェブ集客の始め方やMEO対策/SEO対策などのマーケティング手法が学べるサイトです。株式会社SNAC代表取締役の大島松二郎が運営しています(旧:ブログ集客実践の書)

小さなお店の集客屋さん – 株式会社SNAC

【無料で丸ごと公開中】ブログコンサルティングの一部を見てみる

会津若松市の夜の街を探索してみた(スナック・キャバクラ編)

 
会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)
この記事を書いている人 - WRITER -
まつ
株式会社SNAC代表取締役 MEO/SEO対策/HP制作を用いたWEB集客代行会社を運営。 1985年生まれ 福島県出身 月間12万PVのブログを運営中。自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、ブログ運営やアフィリエイトに関する教材を買いあさり、素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学ぶ。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客実践の書」は順調に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV→2018年7月には月間12万PVを突破。 現在は株式会社SNACを設立し、整体や美容室、パーソナルジム、エステなど実店舗向けのウェブ集客サービスを展開している。

この記事は「会津若松市の夜の街を探索してみたい人」向けに書いています。

会津若松の夜の街(主にスナックやキャバクラ)って情報が少ないですよね。地元に住んでいる人だけで県外から来た人はどこで飲めばいいのかわからないと思います。

ということで今回は地元会津人である僕が、実際に会津若松の夜の街を探索する様子を写真に収めてみました。会津若松駅から探索する体で撮影してみたので、ぜひ参考にしてください。

会津若松市の夜の街、探索スタート!!

では早速会津若松の夜の街を探索していきましょう。今日のコースを予習しておくとこんな感じです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

まずは会津若松駅の正面に背を向けた状態でスタート。そして道路に出たらスナック・キャバクラがある夜の街に向かいます。

あ、ちなみに説明しておくと会津若松にはキャバクラがほぼありませんので、若い女の子と飲めるのはスナックだけです。会津独自かもしれませんが、キャバクラと半々みたいな感覚のスナックで飲むのが会津人のスタンダードなのです。

そしてこれから向かうのはスナックが集う上町のパティオビルという場所です。

会津若松駅から徒歩でパティオに向かうと15~20分くらいかかるので、タクシーで「パティオビルへ」伝えたほうが早いですよ。

この記事は探索がテーマなので徒歩で向かってみます。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

まずは会津若松駅からスタートです。駅は反対側には何もないので背中を向けましょう。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

まっすぐ歩いて道路まで歩きます。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

地下道とかもありますが、無駄に疲れるだけなので歩かないでください。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

通りに出ました。この横断歩道は渡らずに右に曲がりましょう。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

曲がったらひたすら真っすぐ歩くターンです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

ベスト学院さんと左側にキャバクラっぽいのが見えました。この建物間の道を歩いて上町(パティオビルがある繁華街)方面に向かいます。

このキャバクラはジューシーというお店で、会津若松駅前に唯一あるキャバクラです。お客は地元よりも市外や県外から来た人が行くイメージ。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

右側がキャバクラのJUICY(ジューシー)、左側がダーツバー(アウトブレイク)です。ではそのまま通りを歩いていきましょう(上の画像の視点だと右に歩く)。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

途中途中にぽつりとスナックがあります。

90分3000円ですが、基本的に若い子が多いスナックは60分3000円以上のところが多いので、女の子と飲めるスナックを探すなら60分3000円以上で探すのが吉です。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

通りに出るとしばらくお店がない状態が続きます。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

かと思いきや急に韓国スナックが現れたり。

韓国スナックは行ったことがないんですが、楽しみ方がわからないのであえて今度行ってみようと思います。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

少女時代が過ぎたらあとは左側にセブンイレブンが見えるまでずっとまっすぐです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

途中、立ち飲み屋なんかもあります。小さな居酒屋さんやディナーができるお店なんかもあって、さりげなく立ち寄ってもいいかもです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

しばらくまっすぐ歩いてると左側にセブンイレブンが見えます。これもまっすぐ進みます。パティオビルの前にもセブンイレブンがあるので寄らずで問題なしです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

ホテル大阪屋が見えたら左へ曲がりましょう。この画像だとわかりにくいですが、十字路(歪んだ感じになってる)を左方面に曲がってください。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

左へ曲がってちょっと歩くと左が郵便局、右にみずほ銀行があるので間の道に入ります。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

右側に東邦銀行、左側に会津信用金庫がある道に入ります。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

パティオビルに向かう途中に居酒屋やラーメン屋などが並んでいます。居酒屋でちょっと飲んだり食べたりしてからスナックに向かうのが定例なのかなと。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

更に歩いていくときらきらした雰囲気のビルが見えてきました。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

ついにパティオビルに到着です!

パティオビルは「ゴリラビル」とも呼ばれており、見ての通りゴリラがビルの上にぶら下がっています。

下の写真は昼間に撮ったやつ。

会津若松にキャバクラはあるのか?

目が赤い。犬夜叉か。

ってな感じで会津若松の夜の街に繰り出すならこのパティオビルを目指せばいいというわけです。ちょっと中に入ってみましょう。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

お店の看板がこれほどかと貼り付けてあります。看板が多すぎて、逆にない場所のほうが目立つんじゃないか。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

お店の宣伝だらけです。

キラキラしてるからお高いのかと思いきや、ほぼ60分3000円なので超リーズナブル。会津ならシャンパンを空けて3時間滞在しても六本木の1時間分くらいです。

ボトルを入れたら6時間とか飲んでも2万ちょいだったりするので、むしろ罪悪感が生まれます。ビルの中に入ってみると30店舗くらい入ってます。

会津若松のスナック|Shell(シェル)

これは僕が週一くらいで通ってるスナックシェルです。美人ママと20代の女の子がメインで、ワイワイも楽しめるし、落ち着いて話すのも両方できます。

あとパティオは基本的に若い女の子が多いスナックビルなので、とにかく20~30代くらいの女の子と飲みたいんだったらパティオビルに入れば大丈夫です。

ボーイズもあるので、女性で飲みたい方はボーイズに行ってみるのもおすすめです。

会津若松市の夜の街でパティオ以外に楽しめるビルは?

「パティオビルが良いのはわかったけど他に女の子と飲める場所ないの?」と思った人に向けて、パティビル以外のも地元の人がよく利用する居酒屋・スナック系のビルを紹介したいと思います。

①Asahialpa(アサヒアルファ)

パティオビルの向かい側にあるアサヒアルファビルです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

居酒屋やスナック、ボーイズやダーツバーなどいろんな系統の店が並んでます。僕はパティオをよく利用する派なので詳しくはないですが、若い女の子がいる店も複数あるっぽいです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

お店の名前だけではまるでわからないですが、とりあえず居酒屋っぽかったら居酒屋、キラキラしてたらスナックって認識で問題ないと思います。

②サンコープラザ

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

サンコープラザはパティオビルがある交差点の対角線上にあるスナック系が入ってるビルです。アモロスとかは日曜営業もしてるので、もし日曜に飲みに行きたい人は行ってもいいかも。

③マリンビル

次は青色っぽいビルが目印のマリンビルです。

僕がたまに行くRINACLUB(リナクラブ)もマリンビルの中に入ってます。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

青色のロゴでMARINEと書いてあるのでわかりやすいです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

一番目立つ様子でインドネシアパブの看板がありますが、怖くて入ったことはありません。笑

マリンビルはパティオよりもお店全体の年齢層が上がりますが、20代の子も時折働いてたりも。30代~40代の落ち着いた女性とゆったり飲んだり歌ったりしたいならマリンビルがおすすめです。

④センチュリー・ノアビル

センチュリー・ノアビルはパティオから徒歩5分くらいのところにある雑居ビルです。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

居酒屋やスナックなど30店舗以上のお店が入ってます。

会津若松市の夜の街(スナック・キャバクラ)

パティオビル以外に開拓したいという人はぜひ立ち寄ってみてください。

会津若松市の夜の街で遊ぶならとりあえず上町へ

さてここまでで主にスナックやキャバクラなど夜の街で遊びたい人にお店をご紹介しました。

最後にまとめておくと

  • とりあえず女の子と飲むならパティオビルに行けばOK

ということです。

ただ週末だとお店が空いてないこともありますから、その時はマリンビルやアサヒアルファなど近くのスナックビルに入ってみてくださいませ。

 

LINE登録で無料動画セミナープレゼント

LINE特典動画の内容

小さなお店の為の集客の教科書

なぜ、競合店と戦わずに集客できるのか?
Googleマップで1位、2位、3位を独占&検索1位を独占し
ぶっちぎりの地域No1のお店になることができたウェブ集客法

【無料プレゼントのスライド資料一覧】

LINE公式追加で無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
まつ
株式会社SNAC代表取締役 MEO/SEO対策/HP制作を用いたWEB集客代行会社を運営。 1985年生まれ 福島県出身 月間12万PVのブログを運営中。自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、ブログ運営やアフィリエイトに関する教材を買いあさり、素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学ぶ。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客実践の書」は順調に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV→2018年7月には月間12万PVを突破。 現在は株式会社SNACを設立し、整体や美容室、パーソナルジム、エステなど実店舗向けのウェブ集客サービスを展開している。

Copyright© 小さなお店の集客屋さん – 株式会社SNAC , 2022 All Rights Reserved.