2017/11/09

Windows10でシャットダウンが遅い時に試して欲しい4つのこと



この記事を書いている人 - WRITER -

会社が倒産したので仕方なくビジネスを始めたらハマり過ぎてフリーランスに。教え子の大半が就職をしなくなる傾向がある。得意分野はコンテンツSEO、ライティング、メルマガ集客
更に詳しいプロフィールはこちら
僕のビジネスストーリーを知りたい方はこちら

ブログ集客屋まつ

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

どうも、まつです。

Windows10で電源を切ろうと思うや
シャットダウンに時間がかかりまくると
めちゃイライラしますよね。

特にパソコンがデフォルト状態の場合、
無駄に時間がかかることが多いんです。

そこで今回は

  • Windows10でシャットダウンを高速化する方法

をまとめてご紹介します。

※レジストリをいじるため、
何かあった時のためにバックアップを取っておきましょう。

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す

まず1つ目は
高速スタートアップを有効にするの
チェックを外す方法です。

「高速スタートアップ」とは、
パソコンの起動を速くするため、
シャットダウン時にメモリやCPUなどの状態を保存しておく機能です。

Windows 10で高速スタートアップを無効にする方法より

NEC LAVIE公式サイトから引用

となっています。

つまり『高速スタートアップを有効にする』
にチェックを入れると起動は早くなりますが、
シャットダウン時にパソコンの設定を記録するため起動が遅くなるというデメリットがあります。

もしシャットダウンの
スピードが異常に遅い場合は
高速スタートアップを無効にしてみましょう。

ではまずはデスクトップ画面にいきます。

高速化スタートアップを無効にする方法

左下のスタートメニューをクリックしましょう。

開いた状態で『コントロールパネル』と
入力すると、コントロールが表示されるのでそちらをクリックしてください。

高速化スタートアップを無効にする方法

『システムとセキュリティ』をクリックします。

高速化スタートアップを無効にする方法

『電源オプション』をクリックしてください。

高速化スタートアップを無効にする方法

『電源ボタンの動作を選択する』をクリックします。

高速化スタートアップを無効にする方法

ここが高速スタートアップを
無効にするための画面ですが、
デフォルトではチェックを外せない仕様になっているので、

  • 現在利用可能でない設定を変更します

をクリックしましょう。
これで高速化スタートアップのチェックを外せるようになるはずです。

高速化スタートアップを無効にする方法

『高速化スタートアップを有効にする』のチェックを外して保存をしましょう。これでOKです!

レジストリーで終了待ち時間を変更する

次はレジストリーで
終了待ち時間を変更する方法です。

理論はよくわかってないのですが、
バックアップを取ったうえで、
画面を見ながらやってみてください。

「WaitToKillServiceTimeout」を3000(3秒)にする

まずは1つ目の方法は

  • WaitToKillServiceTimeout

を3000にする方法です。
これはサービスの応答がない場合に、
3秒経ったら自動的に接続が切れるようにする設定だそうです(詳しくは知らないw)。

ではやり方を説明します。

まずはデスクトップ画面にしましょう。

スタートメニューボタンをクリックします。

画面の状態もしくは検索バーで『regedit』と入力しEnterキーを押してください。

クリックしてコマンドを実行します。

レジストリーエディターが開くので、
『HKEY_LOCAL_MACHINE』
の左にある矢印マークをクリックしてください。

『SYSTEM(矢印マーク)』をクリックします。

『CurrentControlSet(矢印マーク)』をクリック。

『Control』のフォルダをクリックしましょう。

ツールバーの編集をクリックします。

『新規』の右にある矢印部分にカーソルを合わせましょう。

『文字列値』をクリックします。

フォルダ名を入れるところに『WaitToKillServiceTimeout』と入力してください。1文字でも間違えると適用されないので、確認をして入力しましょう。

今入力したファイルをクリックします。

『3000』と入力してOKボタンをクリックしましょう。これでOKです!!

「HungAppTimeout」値を5000(5秒)にする

では次は

  • HungAppTimeout

のフォルダを作成します。
HungAppTimeoutはアプリなどの
応答なしと判断するまでの時間を設定するところです。

これが長いといつまで経っても
アプリの応答待ちになってしまい、
シャットダウンが遅くなってしまうそうなので、短めに設定をしましょう。

ではレジストリエディタのトップに戻ります。

『HKEY_CURRENT_USER』の左の矢印をクリックしましょう。

『Control Panel』の左の矢印をクリックします。

『Desktop』のフォルダをクリックしましょう。

『編集』をクリックします。

『文字列値』をクリック。

フォルダ名を『HungAppTimeout』に設定しましょう。設定したらフォルダをクリックして開いてください。

値を『5000』にしてOKを押します。
これでHungAppTimeoutの設定が終了です。

「WaitToKillAppTimeout」値を3000(3秒)にする

レジストリーの最後は

  • WaitToKillAppTimeout

です。

応答がないアプリケーションを
強制終了するメッセージが表示される時間を設定します。

ではフォルダの位置はそのままでOKです。

『編集』をクリックしましょう。

文字列値をクリックします。

フォルダ名を『WaitToKillApptimeout』にします。
フォルダ名を入力したらクリックしてフォルダを開きましょう。

値を『2000』にしてOKをクリックします。
これでレジストリー作業はOKです!!

デフォルトのアプリをアンインストールする

では次はデフォルトのアプリを
アンインストールしてシャットダウン速度をあげます。

パソコンを買ったばかりの時って
やたらめったらアプリが入ってますが、
正直6~7割使わないので消しちゃってOKなのです。

それではさっそくいらないアプリを
消してみましょう。

スタートメニューから『設定』を押します。

『アプリ』をクリックしましょう。

ここでデフォルトのゲームアプリや
PCメーカーのいらないアプリを消しましょう。

こんなんもあります。
いらないアプリはガンガン消したほうがいいです。

ちなみに僕は下記のアプリを
すべて削除しました。

  • 「3D Builder」
  • 「メール」
  • カレンダー」
  • 「スポーツ」
  • 「ニュース」
  • 「天気」
  • 「映画 & テレビ」
  • 「People」
  • 「フォト」
  • 「Xbox」
  • DELLにデフォルトで入ってたソフト諸々
  • Onedrive
  • その他重くて使わないアプリ

この方法については
BOXILさんのWindows10を高速化させるカンタン設定|重いPCを軽くする方法まとめを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

管理イベントのエラーをフィルタリングする

そして最後は
管理イベントのエラーを
フィルタリングする方法です。

この方法については、
僕もよくわかっていないのですが、
一応やってみたのでご紹介します。笑

まずはデスクトップ画面にします。

『コントロールパネル』と入力し、クリックしましょう。

右上の検索バーで『管理ツール』と入力します。

『管理ツール』をクリックしましょう。

『イベントビューア』をクリックしましょう。

ここがイベントログを管理するページになります。

『カスタムビュー』
の左側の矢印をクリックしてみましょう。

イベントのエラーが出てきます。
このエラーの中からシャットダウン時にエラーになっているやつだけをフィルタリングするといいっぽいです(詳しく知らなくてすいません)。

ではさっそくフィルタリングの作業をしてみます。

『アプリケーションとサービスログ』の左側の矢印→『Microsoft』の矢印部分をクリックします。

『Windows』の矢印をクリックしましょう。

『Diagnostics-Performance』の矢印をクリックします。

『Operational』を選択し、右クリックを押すと上記の画面になるので『現在のログをフィルター』をクリックしましょう。

上記の通りに『203』と入力し、OKボタンを押します。
これで作業は完了です!!

 

まとめ

Windows10はデフォルトのままだと
めちゃくちゃ遅くて使い物にならないため、
自分でいらないアプリを削除、そして使わない機能や常駐ソフトは無効にするなどして快適に使えるようにすることが大切です。

特に今回ご紹介した方法は
シャットダウンだけでなく全体の動作も
軽くなるので、ぜひやってみてくださいね^^

それではこの辺で!!

 

【無料E-book】
WordPress(ワードプレス)の集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに、
集客特化ブログを構築する方法を詳しく載せています。今なら超豪華特典も用意しております。詳しくはプレゼントをご覧ください。

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

Copyright© ブログ集客屋まつ , 2017 All Rights Reserved.