2017/08/29

ネットで素早く情報収集する4つの方法



この記事を書いている人 - WRITER -

会社が倒産したので仕方なくビジネスを始めたらハマり過ぎてフリーランスに。教え子の大半が就職をしなくなる傾向がある。得意分野はコンテンツSEO、ライティング、メルマガ集客
更に詳しいプロフィールはこちら
僕のビジネスストーリーを知りたい方はこちら

ブログ集客屋まつ

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

ブログ記事のネタ探しや
リサーチ(情報収集)を教えていると、
『情報ってどこで集めればいいんですか?』とか
『調べていく内に頭が混乱してきます』とか言われることがあります。

情報収集はかなり重要ですが、
間違った方法では全く効果が出ないことが大半です。

情報収集の正しい方法を知ることで
効率よくアウトプット(成果)につなげることができます。
今回はネットを使って”効率よく成果につなげる”情報収集の方法をお伝えしていきます。

 

ネットの情報収集スピードを上げる3つのコツ

情報収集はスピードが命です。
せっかくネタの為に情報を集めても、
その場でアウトプット(情報発信)しなければ熱が冷めてしまい、書く意欲がなくなります。

僕はアウトプットが遅いせいで
下書きのままネタが終了した経験が多数ありますw
なので、スピード感を意識しながら情報を集めていくのが吉なんですよね。

そしてスピード感のある
アウトプットをするためにしなければいけないのは、

  • 情報収集の順序を決める
  • 情報収集の為のキーワードを決めておく
  • キーワードを使って検索・SNSで情報を集める

の3つです。

 

情報収集の順序を決める

素早く情報収集をして
アウトプットにつなげるためには、
何度も情報を見返している暇はありません。

あらかじめ
情報収集の順序を決めておいて、
スピーディーに情報を集めていく必要があります。

情報収集の為のキーワードを決めておく

まずは情報収集ために
キーワードを決めておくことが重要です。

例えば僕だったら、

  • ブログ
  • SEO
  • ブログ 稼ぐ
  • ブログ アクセス
  • ブログ SEO
  • Googleアナリティクス
  • WordPress
  • 文章力
  • モチベーション
  • 行動

など、あらかじめキーワードを決めておきます。
指定したキーワードを使うことで、タイムロスなく情報収集ができます。

キーワードを使って検索やSNSで情報を集める

情報収集キーワードが決まったら、
SNSやGoogle検索を使って情報を調べていきます。

キーワード毎に素早くチェックしていくことで、
ダラダラとみるよりも遥かに速いスピードで検索することができます。

ちなみに僕はこの方法を
毎朝実践してますが、直近のアウトプット量がかなり増えました。

たぶん、3倍~5倍くらいの
アウトプット量になったと思います。
ルーティン決めるの大事。すごく大事。

 

ネット情報を見るのは一回だけにすること

ネット情報をチェックするのは
1度きりにするのが好ましいです。

何度もチェックすると、
どんどん頭がこんがらがってしまい、
結局何も頭に入らないまま終わってしまいます。

情報を見ても頭に入らないということは、
その程度の情報だったと見切って、そのまま情報収集を進めていくのが吉です。

 

ネットで情報収集する4つの方法

ではここからは
僕が実際にネットの情報収集で
使っている4つの方法をレクチャーします。

この中のいずれかを
取り入れるだけで違うので、
ぜひ取り入れてみてください。

 

①Google検索で情報収集

まずはGoogle検索で情報を集めます。
通称『ググる』です。

検索の使い方を
しっかりマスターすると、
普通なら中々知りえないことも、
詳しく調べられるようになります。

検索の仕方がわからない人も、
これを見ながら取り組んでみてくださいね。

 

ググる時は単語(キーワード)を使うこと

尚、検索をする(ググる)際の注意点としては、
検索キーワードは基本的に単語を入れるようにしてください。
Googleはキーワードを参照して検索結果を表示します。

例で言うと、

  • 新潟の花火大会に行きたい→
  • 新潟 花火大会 2017 日程→

とか

  • WordPressのログイン方法がわからない→
  • WordPress ログイン 方法→

という感じで単語を使うようにします。

検索をするときは
単語(キーワード)を打ち込むのが
基本的な検索方法なので、覚えておいてください。

 

とは検索

とは検索は
『~とは?』
と入れることで、専門用語の基礎知識を調べる方法です。

リサーチなどをしていて
全く知らない用語が出てきたときに使います。
用語がわからない時に有効な方法ですね。

 

AND検索

AND検索は複数のキーワードを打ち込み、
それらのキーワードがすべて含まれる
検索結果を表示させる方法です。

例えば『渋谷 カフェ』だったら、
『渋谷』と『カフェ』両方が含まれた情報を参照しますし、
『焼肉 神奈川』だったら『焼肉』と『神奈川』の両方が含まれた情報を参照します。

 

OR検索やNOT検索、*検索

『AND検索』や『とは検索』の他にも
OR検索やNOT検索、*検索などがありますが、
基本的に使わないと思って大丈夫です。

僕も正直使ったことがありませんので、
検索で情報を集める場合は
AND検索』と
『とは検索』
を使うようにしましょう。

Google検索は問題解決ツールとして使用するのが便利

余談ですが、Google検索は
新しい情報をキャッチするには向いていません。
あくまで知らないことやわからない問題を解決するのに優れたツールです。

  • わからない
  • 知らない
  • できない

問題が発生した時に
ググる癖を付けるとフル活用することができます!!

 

②Twitterのリスト機能で情報収集

もし最新情報をチェックした場合は、
Twitterのリスト機能を使うといいです。
Twitterフォロワーをなんとなくチェックするより、3倍効率よく情報収集できます。

Twitterのリスト機能とは?

Twitterのリスト機能は、
Twitterでチェックしたい人をリスト化できる機能です。

例を挙げると、
・100人のフォロワーの中で10人だけ別途チェックしたい人がいる場合
に、その10人をリスト化することでその10人のツイートだけをチェックすることができます。

実際に使っている
Twitterリストはこういう表示になっています。

Twitterリスト機能※ブログやSEO、アフィリエイトなどに振り分けて、それぞれのリストから情報収集するのだ(‘ω’)

リスト毎に名前を付けて
アカウントを振り分けることで、知りたい情報をまとめて知ることができます。普通にタイムラインをチェックすると必要ない情報も大量に流れてきますが、リスト毎に分けるだけで情報収集スピードが加速します(‘ω’)

 

Twitterでリストを作成する

Twitterリストを作る方法をお伝えします。
まずはTwitterをアプリで開いて歯車の部分をタップしてください。

『リスト』をタップしましょう。

Twitterリスト機能

右上のリスト作成ボタンをタップします。

Twitterリスト機能

リストの作成画面になるので、
必要項目を入力しましょう。

Twitterリスト機能

入力ができたら『保存』をタップして保存します。
これでリスト作成ができました。

フォロワーで気になる人をリストにする

リストが出来たら
次は気になるアカウントを
リストに追加していきます。

Twitterリスト機能

追加したいユーザ名かアカウントIDを入力します。
何もない場合は適当に文字を入力しても出てくるので、テストがてら打ってみてください。

Twitterリスト機能

今回は『松本人志』と入力してまっちゃんを出してみました(ごっつえぇの頃からのファンなのは秘密です)。

Twitterリスト機能

リストに加わったのを確認したら『完了』をタップしてください。

Twitterリスト機能

これでリストにまっちゃんを
加えることができました。試しにリストをタップしてタイムラインを見てみましょう。

Twitterリスト機能

まっちゃんのタイムラインだけを見ることが出来ました。
こんな風に好きなアカウントをリスト化していきましょう。

リスト機能を使って情報収集・発信をする

こんな風にリストをどんどん増やしていくと、
いつの間にか参照する情報源が増えていきます。

僕の場合、
すべてのリストを合わせると
100人くらいの方をリストに追加しています。

そして情報収集をしながら、
引用RTをしたり、リプを返すことで、
情報収集をしながらアウトプットの練習が出来ますし、コミュニケーションにもなるのでフォロワーが自然と増えていきます(しかもアクティブなアカウントがフォローしてくれます)。

とはいえ、僕のリスト数は
100人なので少ない方だと思いますが、
情報収集に慣れてきたら、どんどん増やしていこうと思っています。

③はてなブックマークで情報収集する

次ははてなブックマークで
情報収集する方法です。

はてなブックマークを
上手く使って情報収集すれば
最新情報を細かくチェックすることができます。

個人的にはニュースアプリより
遥かに使い勝手が良いのに使ってない人が多いです。
何故、こんな神ツールを誰も使わないのだろうか、、、(‘ω’)

はてなブックマークとは?

はてなブックマークは
通称『はてブ』とも言われますが、
ブックマークを共有するSNSだと思えばいいです。

TwitterやFacebookのように
文章や画像、動画ではなく、ブックマークを共有してコミュニケーションを取ります。

使う側のメリットとしては、
色んなサイトが一度に見れるので、
新しい情報源を探すのに最適です(全部サイトやブログなので!)。

発信者のメリットは、
自分の記事が大量にブックマークされると
かなりのアクセスが来たりします。

それもあって
はてブバズ(拡散)狙いで
記事を書く人も多数いたりするくらいです。
※意図的に相互はてブしまくるとアカウント停止を喰らうのでご注意を

 

はてなブックマークアプリをダウンロードする

はてブを使うためには、
スマホアプリをダウンロードする必要があります。
(使わなくてもいいけどアプリの方が使いやすいです)

iPhoneだったらAppSTORE、
AndroidだったらGoogle Playでダウンロードしてください。

 

はてなブックマークの使い方

はてなブックマークで
情報収集する方法を分けると、

  1. 人気エントリー
  2. 注目テーマ
  3. 新着エントリー
  4. キーワード検索

の4つがあります。
はてなヘビーユーザーの
僕のおすすめは全部見ることですw
一つずつ見ていきましょう。

人気エントリーを見る

はてなブックマーク 人気エントリー人気エントリーは
はてなブックマーク数が多い
人気エントリーを表示します。

ここを見るだけで話題性の高い
ニュースを一通りチェックすることができます。
おすすめはさらっと見ることです。さらっとw

注目テーマを見る

はてなブックマーク 注目エントリー注目テーマは旬の話題を
まとめて読むことができます。
最近のトレンドニュースを知りたい時などにお勧めです。

ここも基本はさらっと見ます。
惹きつけられるものや、よほど話題性の高い情報以外は読みません。

 

新着エントリーを見る

はてなブックマーク 新着エントリー新着エントリーには
記事公開後に一定数(3つ以上?)の
はてなブックマークが付いた記事が公開
されます。

ここで更にはてブが付くと
人気エントリーに上がる可能性もありますので、
はてブを上手く活用すればアクセスアップにも使えますね(‘ω’)

カテゴリー毎に情報を見る

はてなブックマーク カテゴリー

またはてなブックマークでは、
カテゴリー別にサイトをチェックすることもできます。
もし特定のカテゴリーの情報だけを知りたい場合は使うといいでしょう。

キーワード検索をする

はてなブックマーク キーワード検索これはググる方法と似てますが、
キーワードを打ち込むことで、はてブ内にある記事を検索することができます(はてブ内検索です)。

はてブのキーワード検索は、
Google検索とはまた違う情報が見れるので、
ぜひ情報収集の一つとして取り組んでみてください。

はてブでキーワード検索をする方法

キーワード検索をするには、
まずはてブのトップ画面から右上の虫眼鏡マークをクリックします。

はてなブックマーク キーワード検索

赤枠の部分をタップしましょう。

はてなブックマーク キーワード検索

上記の画面が出てきたら、
一番上の検索語句を入れる部分にキーワードを入れてください。

はてなブックマーク キーワード検索

今回は『ブログ アクセスアップ』
検索することにします。入力が終わったらタップして検索を開始します。

はてなブックマーク キーワード検索

すると、
『ブログ アクセスアップ』
のどちらかのキーワードが含まれている記事と
タグ付けされている記事が両方出てきました。
※上記の画像はタグ付けされている記事一覧が表示されています。

はてなブックマーク キーワード検索

キーワードの方を選択すると、
・ブログ アクセスアップ
のキーワードが含まれている記事が表示されます。

こんな風にはてブを使いこなせると、
情報収集には全く困らないくらい情報量が集まります(しかも意外と使ってない人が多い!w)。

④サイトをブックマークする

次は気にいったサイトを
ブックマークする方法です。

基本はiPhoneだったらSafari
AndroidだったらGooglechromeのブックマーク機能を使います。

僕の場合はPCがウインドウズ(先購入)
スマホがiPhone(後購入)なので、どちらもGoogleChromeを使ってますw
まあ使いやすい方で良いと思います。

具体的に僕が普段から
チェックしているサイトを挙げると、

等々、、、

割と読んでいるサイト一覧です。
うおお、割と色んなサイト見てる、、、(‘ω’)

ちなみにスマートニュースやグノシーは
薄い情報が多いのであまり読んでいませんw
見てもたぶん1分ぐらい、、、w

ちなみにWEBにかかわるなら
ITやビジネス系のトレンドを抑えておいて損はないので、割とチェックするようにしています。

 

情報収集ルートはいつも同じ順番にしておく

さてさて、
ここまでが抑えておいて損はない情報収集先ですが、
基本的に情報収集ルートは統一しておくと便利です。

例えば僕の場合で言うと、

  • はてなブックマークをチェック→面白い情報はTwitterでシェア
  • Twitterリストをチェック→面白い情報はいいね&RT
  • わからない&知らないことはググる→検索で問題解決

という順番で進めています。
これがかなり効率がいいのかなーと思ってます。

あとはその順番で情報収集しながら、
日々新しいキーワードで調べていけば、
どんどん新しい情報が入ってきます。

一カ月くらいすれば、
他の人よりも扱える情報量も増え、
インプット、アウトプットの質も格段に跳ね上がっているはずです。

 

まとめ:すべての情報はアウトプットの為に使おう

繰り返しになりますが、
すべての情報はアウトプット(成果)の為にあります。
ただ頭の中にとどめておく情報に価値はないです、ホントに。

情報のシェアによって輪が広がり、
輪が広がることによって人が集まり、
人が集まることでビジネスになります。

・情報は人と人をつなぐためにあるもの
っていうのを忘れないようにすることが大切です。

基本的にシェア、シェア、シェア作戦で行きましょう。
それではこの辺で。

 

【無料E-book】
WordPress(ワードプレス)の集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに、
集客特化ブログを構築する方法を詳しく載せています。今なら超豪華特典も用意しております。詳しくはプレゼントをご覧ください。

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

Copyright© ブログ集客屋まつ , 2017 All Rights Reserved.