「ブログ集客実践の書」はブログやSNSなどのウェブを使った集客方法を独自に実践・検証するサイトです。(旧:ブログ集客実践の書) 小さなお店や個人事業主でも使えるマーケティングノウハウを発信しています。

【無料で丸ごと公開中】ブログコンサルティングの一部を見てみる

【2021年版】ローカルSEO(地域名SEO)とは?上位表示するための対策

 
ローカルSEO対策とは?
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社SNAC代表取締役 MEO/SEO対策/HP制作を用いたWEB集客代行会社を運営。 1985年生まれ 福島県出身 月間12万PVのブログを運営中。自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、ブログ運営やアフィリエイトに関する教材を買いあさり、素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学ぶ。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客実践の書」は順調に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV→2018年7月には月間12万PVを突破。 現在は株式会社SNACを設立し、整体や美容室、パーソナルジム、エステなど実店舗向けのウェブ集客サービスを展開している。



株式会社SNACの大島です。

この記事では「2021年版のローカル(地域名)SEO対策の方法」について詳しく解説します。

Googleマップが進化した背景もあり、地域ビジネスのSEO対策はますます重要になっています。

ここでは2021年以降のローカルSEO対策は何をすべきか?について詳しく学んでいきましょう。



【2021年版】ローカルSEO(地域SEO対策)とは?

ローカルSEO(地域SEO対策)とは

  • 特定の地域の検索キーワードで上位表示するための対策

のことです。

スマホを使う時に

  • 「新宿 カフェ 電源」
  • 「渋谷 ランチ」
  • 「喜多方 ラーメン」

とか、特定の地域情報の検索をしたことありますよね。

例えば「新宿 カフェ 電源」で検索した場合、新宿近辺にある電源(コンセント)が設置してあるカフェのページが出てきます。

見込み客(顕在層)を獲得できる 見込み客(顕在層)を獲得できる

Googleは地域名キーワードで検索されると、地域に関連する検索結果を表示します。

仮にあなたのお店が新宿にあるカフェで電源が付いている場合、ローカルSEO対策をすることで、地域内の検索ユーザーにアピールすることができます。

地域関連のキーワードで上位表示し、検索上でPRするための施策全般をローカルSEOと言います。

「SEO」という特性上「上位表示しなければ無意味」と考えてしまいがちですが、必ずしもそうではありません。

例えば食べログやホットペッパービューティーなどの媒体が検索1位~3位を陣取っている場合、小規模事業のホームページが検索1位になるのはほぼ不可能ですよね。

その場合、Googleマップやポータルサイト内でのキーワードやレビュー対策で知名度をUPさせ、集客数をUPさせるなどの戦略が有効な場合もあります。

「絶対に検索エンジンで1位じゃないと集客できない」という訳ではないので、マーケティングは広い視点で考えていきましょう。

地域名キーワードの種類

地域名キーワードには様々なパターンがあります。

↓↓↓

【検索キーワードの例】

  • 地域名 整体
  • 地域名 整体 腰痛
  • 地域名 整体 肩こり
  • 地域名 整体 しびれ
  • 地域名 整体 人気
  • 地域名 整体 口コミ

【その他】

地域名キーワードの例

ラッコキーワードで地域名+業種で検索すると、関連キーワードを一覧で表示してくれる。

地域名キーワードは色んなパターンがあり、キーワードによって表示される検索結果や集客数も異なります。

またGoogleマップ検索では地名を入れないパターンもあります。

以下は私のパソコンで「整体」と検索した例ですが、位置情報を元に検索結果を表示してくれています。

地点検索

地点を元に近い住所や評価の高い店舗を表示してくれています。このように地域名を入れないキーワード検索も存在します。



地域名のSEO対策が重要な3つの理由

①見込み客(顕在層)を獲得できる

ローカルSEO対策をすることで顕在層の見込み客を獲得できます。顕在層とは「既にサービスを求めている人」のことです。

以下の「喜多方らーめん」と検索した例を見てみましょう。

見込み客(顕在層)を獲得できる「喜多方らーめん」と検索する人は、喜多方らーめん店を探しているのは明らかですよね。

「明らかにお店を探しているキーワード」で上位表示させることで、集客数UPが期待できます。

②Googleマップで上位表示されやすくなる

ローカルSEO対策をすることでGoogleマップ上でも上位表示されやすくなります。

見込み客(顕在層)を獲得できる

適切なローカルSEO対策をすることで「このお店はこういうカテゴリーのお店なんだな」と、Googleから認識されやすくなります。

特に飲食はGoogleマップを利用する方が多いので、ローカルSEOはかなり重要になります。

③スマホの地点(GPS)検索で優遇される

スマホの地点検索でも検索順位が優遇されます。

地点検索GoogleマップではホームページやGoogleマップ上の住所を元に検索結果を表示してくれます。

ホームページやGoogleマップなどの正確な住所を記載することで、Googleから優遇されやすくなります。

ローカルSEO対策で上位表示する為の3要素

では次にローカルSEO対策で上位表示するための3要素についてです。

上位表示に大切な要素としては

  1. 距離
  2. 関連性
  3. 知名度

となっています。

距離(重要度:★)

距離とはそのままの意味で

  • ユーザーからお店までの距離

ということです。

基本的に距離が近い店舗ほど上位表示されやすいです。

住所などの情報は正確に入れる他

  • 最寄り駅
  • 近くの有名観光地
  • ショッピングモール

などのキーワードも入れておくと、それらのキーワードで検索に引っかけることもあります。

会津だったら「鶴ヶ城付近」とか「鶴ヶ城近くの」などでしょうか。意外と観光地近くの~のキーワードは競合が少なかったりもします。

ホームページやブログ、Googleマイビジネスの投稿でキーワードを入れて投稿し、アピールするといいでしょう。

関連性(重要度:★★)

関連性とは

  • 各ページの情報の関連性

のことを指します。

GoogleはホームページやGoogleマイビジネス、ポータルサイトなど店舗情報が統一されているか?も見ています。

「腰痛専門の整体」であれば、ホームページやブログ、Youtubeなどに腰痛の関連コンテンツが豊富にあるか?なども評価されます。

関連性の高いページが多いほど検索順位は上がりやすいので、各媒体で店舗情報を統一し、関連ページを増やしていくのが有効です。

知名度(重要度:(★★★)

知名度はローカルSEOで最も重要になります。

例えば

  • レビュー数(Googleマップ、食べログ、ホットペッパー等)や評価
  • サイテーション数(SNSなどで言及されている数)
  • 被リンク数(SNSや他のサイトからの自サイトへのリンク)

などは評価に大きく関わりますし、特にレビュー数は見込み客の来店率にも関わる部分です。

知名度が高いほど

  • 直接検索
  • ブランド検索(「スタバ 近くの」など)

が増え、集客数が伸びていく傾向にあるので、知名度UPもローカルSEOの戦略の1つとして取り入れていく必要があります。



地域名キーワードのSEO対策方法

では具体的にどんなローカルSEO対策をしていけばいいのか?について学んでいきましょう。

①Googleマイビジネス対策をする

どんな店舗業種であろうと、Googleマイビジネス対策は必須になります。

Googleマイビジネスにオーナー登録することで、運用・管理が可能になるので、この辺りの対策を一通りやっておきましょう。

②地域名キーワードを選定する

ローカルSEOではどの地域名キーワードで上位表示するのか?が重要です。

「このキーワードがら空き!」とおもっても、実はただ集客できないキーワードだった、というオチもあります。

集客できるキーワードを選定し、その上で上位表示対策を行いましょう。

③検索意図にマッチしたコンテンツを作る

検索意図にマッチしたコンテンツ作りは非常に重要です。

なぜなら、検索ユーザーは何らかの意図があって検索しているからです。

【キーワードの検索意図】

  • 会津 整体 腰痛

の場合、腰痛を解消したいユーザーだと考えられる。慢性腰痛か?ぎっくり腰か?などでも検索意図は変わるため、ターゲット選定が非常に重要になる。

検索キーワードのニーズを汲み取ることで、より成約率の高いページを作ることができます。

④広告を上手く利用する

もし無料の施策だけで上位表示をしない場合は有料施策(広告)を打つことも必要です。

業種によっては

  • ホットペッパービューティー
  • 食べログ
  • Epark

などポータルサイトが検索上位を独占しているケースがあります(というかそのケースが大半です)。

この場合ホームページで上位表示を狙うよりも、ホットペッパーで上位表示をしたほうが集客が早いケースもあります。

ポータルサイト対策をすることで評価が上がり集客数が伸びたケースもあるので、検索1位にこだわりすぎないようにしましょう。

まとめ

【ローカルSEO(地域SEO対策)とは?】

ローカルSEO(地域SEO対策)とは

  • 特定の地域の検索キーワードで上位表示するための対策

のこと。

【地域名キーワードの種類】

  • 地域名 整体
  • 地域名 整体 腰痛
  • 地域名 整体 肩こり
  • 地域名 整体 しびれ
  • 地域名 整体 人気
  • 地域名 整体 口コミ

など、「地域名+業種名」「地域名+業種名+ニーズ」などが多い。

【地域名のSEO対策が重要な3つの理由】

  1. 見込み客(顕在層)を獲得できる
  2. Googleマップで上位表示されやすくなる
  3. スマホの地点(GPS)検索で優遇される

【ローカルSEO対策で上位表示する為の3要素】

  1. 距離
  2. 関連性
  3. 知名度

【地域名キーワードのSEO対策方法】

  1. Googleマイビジネス対策をする
  2. 地域名キーワードを選定する
  3. 検索意図にマッチしたコンテンツを作る



 

無料E-bookプレゼント付きメルマガ

WordPressの集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに
集客に特化したブログを作る方法を
詳しく載せています。

今なら超豪華特典も用意しております。
詳しくは下記のボタンをクリックしてプレゼントページをご覧ください。

 

無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社SNAC代表取締役 MEO/SEO対策/HP制作を用いたWEB集客代行会社を運営。 1985年生まれ 福島県出身 月間12万PVのブログを運営中。自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、ブログ運営やアフィリエイトに関する教材を買いあさり、素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学ぶ。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客実践の書」は順調に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV→2018年7月には月間12万PVを突破。 現在は株式会社SNACを設立し、整体や美容室、パーソナルジム、エステなど実店舗向けのウェブ集客サービスを展開している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ブログ集客実践の書(株式会社SNAC) , 2021 All Rights Reserved.