【コンサル生の悩み相談】「何から始めればいいかわかりません」問題について



どうも、まつです。

昨日コンサル生の方から
「何をどうやればいいかわからないんです…」
という悩みを告白されました。

で、最初は僕も
どこで行き詰っているのかわからなくて
「情報不足かな?」
とも思っていたのですが、
どんどん突き詰めて質問をして言った結果。。。

「わかった!!
きっと脳の使い方がアレなんだ!!」

ということに気づきました。

多分ね、、、
自分で考えて組み立てて
行動ができない人は脳をアレすればいいんだ。
きっとアレが必要なんだ。

ではどうぞ。

自分で『自分でやるべき事』を考えられない人の3つの特徴

ではまずは自分でやるべき事を
考えられない人の特徴を挙げていきましょう。
ここからがすべての始まりです。

特徴①他人の評価はできるし上手い

まず1つ目は
他人の評価は上手いということです。

彼らは自分はともあれ、
他人にはかなり上手に説明をすることができます。
キャプテン翼の解説並みです。

キャプテン翼 キャプテン翼には完璧な説明をしてくれるキャラクターがたくさんいるのだ。

他人を客観的に見て
意見を述べるのは一人前。
ここらはむしろ起業家とか
フリーランサーよりも客観性があるかも。

 

特徴②専門知識もスキルもある

勇者また、この手の人達には、
専門知識もスキルもあることが多いです。

僕もフリーランスではあるものの、
実は知識やスキルはそんなに高くないと自分で思ってます
(もちろん常に勉強しているので成長度は高いと思いますが)。

でも実は
この手のタイプの人は
僕よりも遥かに高い能力を備えた人達がたくさんいます。

 

特徴③自分のことになると急にうん〇

ひよこただ、なぜか自分のこととなると
完全にうん〇になります。

いや、むしろ〇んこ以下かもしれない。
下手するとう〇こすら出てないかもな、
いやわかんないけど。

でも大丈夫。
僕もそうだったから。
多分、会社員から独立するときには
全員がこの壁にぶつかるんだと思う。

 

自主的に行動できない人は『自分事への置き換え』が下手

じゃあこういう人には
一体何が足りないのか?
って考えた時に最も足りないと思うのは、

・自分事への置き換えです。

他人を見て評価もできるし、
知識・スキルも持っているのに
自分のことになるとてんで出来ないのはたぶん、

『出来ない』んじゃなくて
『そういうことを考えて行動したことがないから』
なんですよね。

自主的行動性が身についてない人は
例えばニュースなんかを見たときに、
「あ、ココとココが合併したんだ!」
「じゃあそれを踏まえて自分は何をすべきか!!」
とかって発想にはならないし、

「あ、あの人今度こんなイベントやるんだ!」
「よし!俺もイベント考えて主催してみよう!」
てな発想にもならないし、

「あ、あの人こんな題材でブログ書いてる!オモロ!」
「よし、この情報を自分なりに解釈して記事を企画してみよう」ともならないし、

「最近あの人、めちゃ人気があるな」
→「人気が出る理由を分析して応用してみよう!!」
とも思いません。基本的に他人ごとです。

ビジネスをやるなら
情報を自分の為にフル活用して
アウトプットする意識が大切なんですが、
自分で考えられない人は、この思考回路が存在しないんです。

でもこれがないといつまで経っても成長することはできません。

まるで成長していない基礎トレーニングをおろそかにする人間に成長は望めないのだ。

この『自分事に置き換えて
アウトプットに繋げる』っていう
頭の使い方をしていないと何も起きません。

何を見ても
他人事じゃダメなんだよね。

たぶん、こういう人は今まで
うん〇したことないんじゃないかな。
きっとそうだろうな。

会社にいれば仕組みも役割もある

3brothers基本的に会社に属している人には、
明確な役割があることがほとんどです。

「はい、あなた部長~」
「はい、あなたエリマネ~」
「はい、あなた課長~」
「はい、あなた新人~」

と入社した瞬間から役割を与えられ、
その与えられた役割の中での働きを期待されます。
組織では歯車になることが望ましいとされるので。

で、ここで考えるべきことは
組織への利益貢献ではあるんですが、
あくまでそれは「役割内」で考えるべきことで、
組織の枠から外れて自主的に行動しようとすると上様からオイタを喰らいます。

「いいじゃん、
結果的に利益になるんだから」って思っても、
勝手に行動するのはNGです。

以前、僕はその自由のなさが
死ぬほど嫌で組織で働くのが嫌になりました。
人間は歯車じゃないからね、あくまで人間だしって思って。

会社員とフリーランスの違い

で、仮にこれを読んでる人が、
会社員から独立してフリーランスになりたいって考えてるなら
ぜひ覚えておいて欲しいと思うことは、

会社員とフリーの人の違いは
能力じゃなくて能力の使い方だってことです。
特に頭の使い方。

これが全っ然違います。

中でも旧来的(昔ながら)な企業で
働いてる会社員は自分の能力を活かすのが
かなり下手です。

下手というか初心者です。
多分、そういう頭の使い方を
したことがないから。

 

まるで昔の僕ですね。
バーーーカ!昔のオレ!!

で、一般的な会社員の場合、

何時に出勤して、
出勤前に何をして、
何時から何時まで休憩して、
何をやるにもきちきち上司に許可を取ってから動いて、、、
という組織内での役割とか求められる仕事は決まってます。

だって先にレールがありますからね。

大体そのレールのずーっと先には
体臭のひどい剥げてるおっさんがいたり(しかも嫌いな上司だったり)するけども。
嫌だよね、そんなの。

でも言ってしまえば
仕組みも役割も自分の未来ですら
あらかじめ決められてるのが会社員です。

すべては与えられた役割の中で
ベストを尽くすことが求められます。

でもフリーランスはそうじゃない。

フリーは最初、
誰も自分のことなんか知らないし
誰にも信用もされてない状態から始まります。
あるのは勢いとフレッシュさくらい。笑

全く知識もスキルも人脈もない状態から、

・さて、何をやろうかな?

と始まるわけで、そこには建前も何もなくノールールな闘いが待っています。

勝つ奴は得るもの得て(売れる)、
負ける奴は何も得られない(売れない)、
シンプルな世界です。

まずは自分で見て考えて、自分事で行動できるようになること

安西先生

ですが、そろそろ自分を信じていい頃です。

基本的にフリーランスは
会社の肩書きもなければ、
与えられる役割もないわけだから、
自分で調べて自分で見て自分で考えて行動するしかありません。

もう会社の後ろ盾を使って
ふんぞり返って偉そうにすることもできないし、
悠長にデスクに座ってYoutubeを見てる暇もない。

その行動すべては結果として、
リアル過ぎるほどリアルに返ってくるから。

ついさっき僕は
ダイエット中なのに
一風堂ラーメンをおいしく食べてきましたが、
それもすべて結果を覚悟して食べているのです。

もう食べてしまった
白玉元味(652kcal)は
取り返しが付かないからね。
すべて自分に跳ね返ってくるとはこういうこと。

おいしかったなあ、一風堂。

それはさておき僕らには
「何をすべきかわかりません」
なんて言ってる暇はフリーランスの人にはないんです。

何をすべきかわからないなら、
それを考えるのがフリーランス。
会社員とフリーランサーでは思考回路がまるで違うのです。

 

アリ目線から鳥目線へ

安西先生

会社員とフリーランサーの違いを
まとめると、

・会社員→組織内での役割を忠実にこなすアリ視点が望ましい
・フリーランス→業界全体を見渡す鳥視点が望ましい

と言えます。

組織内で認められるためには、
すべて組織内の動きにフォーカスする必要があります。

そこに自分独自の働きは求めていません。
すべては組織の利益のために自分を消すことの方が良しとされます。

安西先生一人のためにチームがあるのではなく、チームのために一人が存在する。
「じゃあ好きでも何でもないチームだったらどうする?」という問いには答えてくれないことが多いが。

フリーランスの場合は、
もちろん人間関係は大切ですが、
それに加えて業界全体を俯瞰してみる力が必要です。

それはライバルのWEBサイトや発信内容を見たり、
サービスの内容を細かくリサーチして分析をしたり、
自分で考えたプランを実行していくことです。

こうして考えると
フリーランスは選手でもあり、
リーダーでもあり、監督でもあり、
一人の人間でもあると言えます。

冷静に考えたらキッツ。笑

物事を一つ一つ忠実にこなす力と、
業界全体を見て全体像を描く力の
両方が求められるのがフリーランスかなーと。

 

まとめ:独立したいから会社員思考を捨てよう

独立をしたいなら、
さっさと他人事思考から抜け出し、
自分一人で考えて動ける体質を作る必要があります。

それには今までのプライドも捨て去る必要があるし、苦しい道のりになるのは間違いありません。でも、それでも本気で取り組むためには断固たる決意が必要です。

安西先生本気で人生を変えるためには並大抵ではない『断固たる決意』が必要なのだ。

すべては他人事から自分事に置き換えることから。
そこからすべては始まります。

それでは本日はこの辺で。

 







コンサル生の悩み相談シリーズ


【無料E-book】WordPress(ワードプレス)で
から集客特化型ブログを作り上げるまでの全手法

僕が今までやってきた
WordPressのブログ集客ノウハウを100ページ以上のPDFにしてまとめました。

このE-bookでは広告や有料のツールなどは使わずに、集客特化型ブログを構築する方法を詳しく載せています。

しかも今なら
E-bookを最後までお読みいただいた方限定の超豪華特典も用意しております。詳しくはE-bookをご覧ください。

無料プレゼント



ざ・わーどぷれす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。