Googleアナリティクスでどこからどれくらいのアクセス数があるかを確認する方法



どうも、まつです。

今回はGoogleアナリティクスで、
どこからどれくらいのアクセスが
来ているか調べるやり方を解説します。

是非、記事を参考にしながら作業をしてみてくださいね!!

 

ブログ全体のアクセス数を調べる方法

まずはブログ全体のアクセス数を調べていきます。
では最初はGoogleアナリティクスにアクセスしましょう。

『ログイン』をクリックしてください。

Googleアナリティクス アクセス数

『ユーザー』→『概要』の順番にクリックしてください。

 

Googleアナリティクス アクセス数

ユーザーの概要(サマリー)が開きます。
こちらが全体のアクセス数ですね。

 

このページではこんな項目が見れます。
あんまり覚える必要はないのでザッと流してください!!

  • ユーザー(期間内に訪れたユーザーの訪問数)
  • セッション(ユーザー数 + ”サイトを訪れてから30分以上経過してから、再度訪れたユーザー数”)
  • ページビュー(ページの閲覧数)
  • ページ/セッション(1セッション辺りのページ閲覧数)
  • 平均セッション時間(サイトに訪れてからの平均滞在時間)
  • 直帰率(サイトを訪れて、1ページでそのサイトから離れた割合)
  • 新規セッション率(全体のセッションに対する新規セッション率)

を見ることが出来ます。

カンタンに言うと、
全体のアクセス数が見れると思ってくれればOKです!!

各項目の詳しい解説は
下記の記事に書いているのでこちらをご覧くださいね!!

これだけは最低源覚えよう!Googleアナリティクスの基本用語24個!

これでサイト全体のアクセス数の確認方法は以上です!

 

ページ(記事)毎のアクセス数を調べる方法

次はページ(記事)毎のアクセス数を調べる方法です。

これを見れば記事別の課題が明らかになり、
テコ入れすべき対象がすぐにわかります。

ではいきまっしょい!!!

Googleアナリティクス アクセス数

『行動』→『サイトコンテンツ』→『すべてのページ』を順番にクリックしてください。

 

Googleアナリティクス アクセス数

これでページ(記事)毎のアクセス数を見ることができます。

ページビューだけでなく直帰率や離脱率、
滞在時間なども見ることが出来るので、
細かい数字の改善が可能
です。

ただ今の状態だと10記事しか表示されてないのでもっとたくさん表示してみましょう。

Googleアナリティクス アクセス数

赤枠の部分をクリックするとページ(記事)毎の表示数を選択することができます。

今回は表示数を100にして、実際の表示を確認してみましょう。

Googleアナリティクス アクセス数

これで表示数が100に増えました!

活用方法としては、
例えば記事が300記事くらいあって
それぞれのアクセス数を知りたい場合は
『250』などに設定をすれば、ほぼすべての記事のアクセス数を知ることができます。

ただ、、、

この作業だけだと
パーマリンクによっては記事タイトルを見ないとわからない場合もあるので、下記の作業を行ってみましょう。

Googleアナリティクス アクセス数

『ページタイトル』をクリックします。
これでもう一度表示を確認してみましょう。

 

Googleアナリティクス アクセス数

記事がタイトル表示になりました!

これでパーマリンクがわかりにくくても
タイトルで記事毎のアクセス数が確認できます!

 

GoogleアナリティクスのデータをPDFにして保存もできる

あと余談ですが、
Googleアナリティクスのエクスポート機能を使えばPDFなどにして保存することもできます。

紙に印刷してレポート化したいときは有効ですね!
良かったらこの機能も使っておくといいですよ!!

Googleアナリティクス アクセス数

Googleアナリティクスの中で
エクスポートしたいページを開いて、
エクスポートで『PDF』を選択すればダウンロードして利用することができます。

これは一カ月に一回とかブログの見直しをする場合にお勧めです!!

 

どのサイトからどの程度のアクセス数が来ているを調べる

最後はどのWEBサイト(ブログ?メルマガ?Facebook?Twitter?LINE@?などなど)からどの程度アクセス数が来ているのかを調べていきましょう。

これが出来ると
それぞれの課題が自然と浮かび上がってきます。
では始めましょう。

参照元/メディアでアクセス数をチェック

まずは参照元/メディアで
どこからのアクセス数があるのかを調べていきます。

Googleアナリティクス アクセス数

左メニューになる『集客』をクリックします。

Googleアナリティクス アクセス数

『参照元/メディア』をクリックしてください。

Googleアナリティクス アクセス数

赤枠の部分を見ると
どのサイトからどの程度のアクセス数が来ているかがわかります。

今回の僕のブログのアクセス例で言うと、

  • google / organic…Google検索
  • yahoo / organic…ヤフー検索
  • (direct) / (none)…リンクを介していないアクセス(ブックマーク、URLを直接入力、RSSリーダーからのアクセス等々)
  • m.facebook.com / referral…PC版フェイスブック
  • facebook.com / referral…モバイル版フェイスブック
  • t.co / referral…ツイッター
  • b.hatena.ne.jp / referral…はてなブックマーク
  • bing / organic…Bing検索(iPhoneなど)
  • search.smt.docomo / organic…ドコモ端末での検索
  • 1lejend.com / referral…メルマガ(アスメル)

となります。

僕のブログでいうと
ほとんどのアクセスが検索エンジンから来ていて、
次点ではFacebook、はてなブックマークから来ていると考えられませす。

ツイッターやメルマガなどからはあまり来ていませんが、
僕の場合は検索エンジンからのアクセスが重要なので問題ありません。

SNSや検索エンジンそれぞれの反応率を考えながら
アイキャッチ画像やタイトルを改善していくのも
アナリティクスの醍醐味ですね!!

 

参照サイトでアクセス数をチェック

次はもうちょっと細かく、
どのサイトからアクセスが来ているのか?をチェックします。

Googleアナリティクス アクセス数

『参照サイト』をクリックしましょう。

Googleアナリティクス アクセス数

これが参照サイト一覧です。

それぞれのドメインをクリックすると更に詳しい情報を見ることができます。
赤枠の『b.hatena.ne.jp』をクリックしてみましょう。

Googleアナリティクス アクセス数

これではてブ内のどのページから(新着エントリーか?ホッテントリか?記事URLか?など)アクセスが来たかを更に詳しく調べられます。

こうしてどこから来ているのか?
というのを見ていくことで、

・検索エンジンからのアクセスを増やすには?
・Facebookからの流入を増やすには?
・はてなブックマークからの流入を増やすには?
など、どこをどう改善すればいいかが見えやすくなります。

これでGoogleアナリティクスのアクセス数を調べる情報は以上です!

 

まとめ:一番は検索エンジンだけどSNSも外せないよ!!

基本的にブログでアクセスを集めようと思ったら
Googleヤフー検索から集まってくれるのが一番です。
でもSNSから集めた方がファン化がしやすいのも特徴です。

いずれにせよ、
普段からちゃんと数字を見て、
試行錯誤していく人だけが日々成長していけると思うので、ぜひ参考にしながら進めていってくださいね。

ではでは(/・ω・)/

 

★合わせて読んで欲しい記事★







Googleアナリティクス


【無料E-book】WordPress(ワードプレス)で
から集客特化型ブログを作り上げるまでの全手法

僕が今までやってきた
WordPressのブログ集客ノウハウを100ページ以上のPDFにしてまとめました。

このE-bookでは広告や有料のツールなどは使わずに、集客特化型ブログを構築する方法を詳しく載せています。

しかも今なら
E-bookを最後までお読みいただいた方限定の超豪華特典も用意しております。詳しくはE-bookをご覧ください。

無料プレゼント



ざ・わーどぷれす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。