フリーランスになる為の収入の目安っていくら?独立する前に知っておくべきこと

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

「会社を辞めてフリーランスになろうかな…でも収入の目安ってどれくらいなんだろう?」

フリーランスとして独立したいけど、どれくらいの収入があれば会社を辞めて良いのか?意外とその目安ってわかりづらいですよね。

でももし独立をするなら、会社を辞める前にお金に関することは出来る限り知っておくべきです。

この記事では僕の2年間のフリーランスライフを元に、独立するための収入の目安や知っておくべきことをまとめてみました。

フリーランスになる時の収入は人それぞれ

フリーランスになる上で大前提として覚えて欲しいことは

  • フリーランスになる時の収入は人それぞれである

ということです。

僕が知っている限り、月収100万円越えてもまだ会社を辞めない人もいるし、逆に月収15万円なのに会社を辞めて死に物狂いで収入を伸ばした人もいます(ブログを毎日5記事書くとか)。

フリーランスになる時期は本当に人それぞれです。

だから「~円越えたら辞めたほうがいいよ」とは言えません。その人の性格や固定費にもよるからです。

今回お伝えするのはあくまで「僕が考える収入の目安」です。WEBフリーランスとして生きていく上での一つの判断材料だと思ってください。

で、フリーランスになる為の収入の目安は?

で、大前提を踏まえた上で、僕の2年間のフリーランス経験を踏まえると、会社をやめて独立するのに必要な収入の目安は会社員の給料の3倍です。

例えば今の会社の収入が月20万円なら60万円は毎月稼げたほうがいいということです。

「え!?そんなに稼ぐの!?」と思った人もいるかもしれませんが、個人で仕事を受注する場合、お金はまるまる自分のものになるので、さほど難しくはありません。

逆にそれくらい稼がないと精神安定にはなりません。

僕が金銭面で精神が安定してきたのは「50万円を越えた辺り」からでした。30万円だと怖かったし、いつ収入が全部なくなるかわからなくてめっちゃ怖かったです。

ちなみに今でもまだちょっと怖い。笑

だからこうして記事を書いているし、別のサイトでも記事をゴリゴリ更新しています(集中力持たないから午前中しか仕事しないけどw)

フリーランスになると固定費が上がる

フリーランスになると確実に固定費が上がります。

例えば健康保険、年金は自分で払う必要がありますし、所得税も給料から引かれないので、油断すると余計な税金がかかります。

もちろん交通費も支給されないので、電車に乗りまくったりする出費がかさみます。

またカフェで仕事をしたり、人と会って話す時も飲食代がかかります。特に駆け出しの頃は人と会う機会も多かったので、色んな場所で経費がかかりました。

今は人と会うと疲れるのがわかったし、引きこもるのが好きすぎてほとんど人と会いません。笑

そういった経費のことを考えると、超ビビリな僕はたとえ単発的に100万円稼いでも全然安心できないんですよね。

フリーランスになると固定費や毎月の出費は確実に増えるので、精神的な安定を考えると3倍は必須です。

【例外】仕事の安定的な受注があり「作業量UP=収入UPになる」場合は3倍未満でもOK

ただ例外として、会社勤めだと仕事の受注が常にパンパンで「仕事依頼20人待ち」くらいの状態だったり、受注量を増やせば収入アップになる場合は会社をやめても問題ないでしょう。

仕事依頼が安定的に入る時点で「仕事が入る仕組み」が出来上がっています。この場合は会社を辞めても問題ありません。

ただ仕事の受注スタイルが下請けの場合、相手側が「切る」と決めた瞬間に収入が0になるリスクがあります。また下請けは立場が下になるので辞めた方がいいです。

会社員が嫌でやめたのにまた会社員みたいなことやりたくないですしね。笑

また、デザイナーやWEBライターの場合は「納品後の入金」が多いので、会社を辞める際には「50%を前払い制にする」などの工夫が必要です。

  • お金をもらうのは先
  • お金を払うのは後

というのがお金は回りやすくなります。

「フリーランスでお金を稼ぐ」とは稼ぎ続けるということ

ここで絶対に知っておくべきことは「お金を稼ぐ」とは単発でドカンとお金を稼ぐことではなく、継続的に稼ぎ続けるということです。

  • たまに100万円を稼げる状態

よりも

  • 安定して毎月30万円を稼げる状態

の方が明らかに精神衛生上良いです。

毎月確実に30万円入ってくれば、そのお金を勉強代に投資をしたり、WEB系だったらツールやソフト代に回すことも出来ます。

特にフリーランスに必要なのは「安定的にお金が入る仕組み」です。

下請けでお金が入るとか、たまに大きな受注が入るとかではなく「ほぼ何もしなくても仕事(お金)が入ってくる状態」がベストです。

フリーランスとして生き残っていけるか?は安定的にお金が稼げているか?によって決まってきます。

継続収入と単発収入の両方あるパターンがベスト

収入についてもっと言うと

  • 継続収入
  • 単発収入

の両方あるパターンが一番ベストです。

例えば毎月30万円が安定的に稼げて、たまに100~300万円の大規模な仕事が取れる、などですね。

仮に

  • 毎月30万円の収入がある=年間360万円
  • 150万円の仕事が年間4つ取れる=年間600万円

960万円

となればかなり安定感がありますし、たとえ毎月30万円の収入が突然消えたとしても、そこから再起できるくらいの体力は残るはずです。

継続収入・安定収入を両方狙うことでより安定的に収入が増えていきます。

フリーランスになるなら継続収入を全力で増やそう

フリーランスになりたいなら、継続収入を全力で目指すのがおすすめです。

例えば

  • コンサルやWEBライター業なら年間契約を取る
  • アフィリエイトならSEOで安定的に稼ぐ
  • オンラインサロンなどの継続課金サービスを提供する
  • セミナーなどを教材化して販売する

などですね。安定収入を増やすことで精神安定にもなりますし、何より「毎月最低これくらいは入ってくる」という目安にもなります。

仕事の取り方に関しては個人ブログをフル活用して年間100万円の収入を稼いだ邪道な方法でも書いているので読んでほしいですが、とにかくフリーランス駆け出しの頃は身体も頭もフル稼働が基本です。

情報発信をして自分の価値を上げよう

あと一つ覚えておかなきゃいけないことは

  • フリーランスになる=自分の価値を判断される

ということです。

会社員の時は会社の看板を使えます。

例えば「トヨタです」って言ったら「あのトヨタで働いてるんですか!?」と言われたりしますよね。それが看板の力です。

大手企業などで働いていると、その会社の看板を背負って活動できます。だから信用できるのです。

でもフリーランスになると「自分の身一つ」で勝負しなければいけません。1人の人間として「コイツは他のヤツとは違う!」と思われる必要があります。

僕も今ではブログをたくさんの人に読んでもらってますが、ブログがなければ僕のことは誰も知らないし、コンサルを受けたいとも思わないでしょう。

情報発信をしてきたからこそ知ってもらったし、実際に会った人からも「ブログでそれだけアクセス集めてるんですか!?すごい!!実は今…」と相談を受けることも増えました。

情報発信することで自分の価値を知ってもらい、影響力を上げることができます。

「ただ目の前の仕事を必死に探す」よりも「情報発信をして自分の価値を上げる」ほうが収入は伸びやすくなります。

参考記事:情報発信力を確実に上げるために実践すべき6つのステップ

まとめ

フリーランスに必要なことは、自分の価値を知ってもらい、安定的にお金が入る仕組みを作るということです。

僕が考える収入の目安は会社員の3倍ですが、固定費次第で少ない収入でも独立は可能でしょう。でもどんなに稼いでいても「まずは安定的に稼げる仕組みを作る」ことは忘れないようにしてくださいね。

 

 

無料E-bookプレゼント付きメルマガ

WordPressの集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに
集客に特化したブログを作る方法を
詳しく載せています。

今なら超豪華特典も用意しております。
詳しくは下記のボタンをクリックしてプレゼントページをご覧ください。

 

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

Copyright© ブログ集客実践の書 , 2018 All Rights Reserved.