2018/01/18

【公開コンサル①】コンセプトメイキング:自分とビジネスをリンクさせること

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

どうも、まつです。

先日、ブロトレというブログスクールの第一回目が終わりました。

今回、参加してくれた生徒はなんと一人!!
一人参加してくれたことが何よりありがたいけど!!

★ブロトレとは?★

ブロトレは第四回(合計18時間)のブログ講義ブログ集客の基礎スキルを身につけるスクールです。先月から始めたばかりですが、これからガンガン盛り上げていこうと思います。

で、、、

参加者が一人だったので普通に講義をやるのもいいんですけど、せっかくなので全部公開して情報バンバン出していったほうが面白いんじゃね?ってことで、全部教えている内容を公開することにしました。

念のため、参加者に確認をしたところこんなお返事が。

チャットワーク ※彼はチンパンジーではありません。

なんていいやつ!
ということで2つ返事をもらったので公開コンサルになりました!

今回の公開コンサル生はこの方!

今回、公開コンサルをする方はこちら!!

ウネソウタとまつ

ウネソウタ(通称:創ちゃん)さん ※右です。

まだ22歳の大学生です。ピチピチです。
僕はもう32歳なので10歳離れてます。

完全におっさんです。
さすがに20代前半と比べると違いしか感じません。

ちなみに彼の詳しいプロフィールはこんな感じ。

  • 出身:徳島県(在住)
  • 大学生
  • 年齢:22歳
  • ブログ歴:3ヶ月
  • ブログを始めたきっかけ:元々体型にコンプレックスを持っていて、自分に自信を持ちたかったのがきっかけで色んなことを始めてみた流れでまつのブログにたどり着いた。
  • 経歴:自信を付けるためなら何でもやる自信アスリート。高校の頃、体重86kgの体型がコンプレックスでクラスでも目立たない存在に。女の子にもモテず、明るいリア充になりたいけどなれない元非リア充。そこから抜け出したくて毎日1時間半のランニングを3ヶ月続けて26kg痩せる(その後身体に負担をかけすぎてヘルニアで手術)。更に女の子にモテるようになるために恋愛の情報商材を買い、半年で100人の女性をナンパして自信を付ける。まつと知り合ったのは2017年10月下旬のブログ合宿がきっかけ。

とまあ、色々とツッコミどころ満載の彼ですが、2ヶ月間全力でサポートさせていただきます!

ウネソウタさん(以下:創ちゃん)の悩み・問題点

一応おさらいしておくと
創ちゃんは11月からブログを始めて現在、3ヶ月目です。

現在、運営中の創ちゃんのブログはこちら。

ウキソウタ

うん、初心者っぽいです。笑 なんかかわいい。

ほんとにWEB初心者なのでOPENCAGEのテーマを買ってそのままデフォルトで使っていました。

それでも1~2ヶ月目まではガンガン記事を書いていたのですが、最近ではめっきり更新が止まってしまっていました。誰もが襲いかかるモチベの低下です。

記事数は40記事くらい。
まあ完全初心者から2ヶ月足らずで
40記事書けるってすごい努力です。

ただ3ヶ月目に突入し
「このまま書いていってもどうなるんだろう」
「ほんとにこれで良いんだろうか?」
「ほんとに今のまま進めて大丈夫なのかな?」
と考えてしまい、動けなくなっていました。

いわゆる「先が見えない」状態だったんですよね。

「先が見えなくなる」原因

おそらくブログを運営していると誰もが「先が見えない」状態になることがあります。

それは集客に関してだったり、売上が上がらなかったり、誰からも反応がもらえなかったり、とにかく前に進むエネルギーが切れてきたときです。

何故そうなるのか?というのを考えた時、多くの場合は「これでいける!」という確信が持てない場合に起こります(純粋に楽しい、楽しくないという感情は除いてです)。

なんだかんだ確信であったり
自分なりの成功を肌で感じられるとモチベーションが上がります。

  • 「このまま書き続ければどんどん見込み客リストが取れる!
  • 「このまま書き続ければアクセスがガンガン増える!
  • 「このまま書き続ければ収益が右肩上がりに増える!」
  • 「このまま書き続ければビジネスが盛り上がっていく!」
  • 「書けば書くほどリアクションがもらえる!」

成果への道筋が明確になったり、数字やアクションとして現れて来た方がモチベは上がりますよね。

「毎日記事を書く」というのは聞こえは良いですが、毎日書くのは部活でいうと「毎日走っているような状態」です。

1~2ヶ月単位ならまだしも3ヶ月以上も毎日ただ走り込みをするってありえないですよね?どこかで筋トレに切り替えたりフットワークをしたり、ラケット競技なら素振りや打ち込みをしたり始めるはずです。いわゆる次のステップに進むのが普通です。創ちゃんはそのステップアップのところで躓いていました。

ただ、創ちゃんの場合、相当真面目にブログを書き続けて来たので、基本的なライティング、キーワード選定、記事を苦もなく書けるマインドは身に付いていました。

だから次にやるべきは土台づくり(コンセプト)だなって思ったんですね。

公開ブログコンサル内容

で、今回の公開ブログコンサル内容の主軸は

  • コンセプトメイキング

です。

コンセプトメイキングとはビジネスや人生における自分の「核」のことです。自分がこれからビジネスをやっていく上で最も自分のエネルギーとなるコアを発掘していく作業になります。

主に下記の要素をワークで掘り出していきます。

  • 人生コンセプト:自分は世の中にとってどういう存在か?またどうありたいか?
  • ビジネスコンセプト:誰のために?何を?どういうコンテンツで表現していくべきか?

人生コンセプトとビジネスコンセプトですね。
この両側面からコンセプトを発掘していきます。

一見、意味があるのか?と思えるかもしれませんが、コンセプトを明確化してビジネスにちゃんと実存生を持たせると発信が魅力的になります。

また土台が決まればデザインとかブログタイトルとか、コンテンツの方向性とかも全部決まります。つまり迷うことがなくなるんです。

たぶん、すぐ方向性に悩んじゃう人はこのコンセプトの練り上げが甘いです。しっかりと足場を固めてしっくりくるビジネスをしていけるようにしましょう。

コンセプトメイキングワーク

てなわけでここからは
いよいよコンセプトメイキングのワークです!一緒にワークに取り組んでいただくとコンセプトが明確になるかもしれませんのでぜひやってみてください!

ワーク1:自分のやりたくないことを書き出す

まずは自分のやりたくないことを書き出します。

「やりたいこと」じゃなくて「やりたくないこと」です。

多くの人はやりたいことを書け!と言われても出てこないですが、やりたくないことはわんさかあるはずです。まずはやりたくない方面から攻めて、逆説的にやりたいことを追求したほうが早く見つかったりします。

具体的に言うと

  • 何についてのやりたくないことなのか?を定義する(ビジネス?人生?)
  • 「何について?」をもうちょっと細かく分類する
    →お金?
    →人間関係?
    →仕事?
    →時間?
    →生活?
  • 分類した項目ごとにやりたいこと・やりたくないことを書き出す。

って感じです。

例えばテーマが「ビジネス」で項目が「お金」の場合は、

  • やりたくないこと=人を騙してまでお金を手に入れたくない、とかお金のためだけにビジネスをやりたくないとか、逆にお金が手に入らない行動はしたくない

とかそういう感じです。

考えていることを全部吐き出して、頭の中を空っぽにしてもらいます。

ちなみにここで30個以下の人は頭がかなり固いです。本気で頭を使えば30個くらいは確実に出ます。出せるだけ出し切って頭が痛くなるまで続けてください。

※具合が悪くなったらやめてください。笑

「やりたくないこと」でそれぞれ類似キーワードを見つける

やりたくないことを全部書き終えたら、次は類似キーワードを拾っていきます。

「類似キーワード」とは書き出したリストの中から共通するキーワードを抜き出すということです。

例えば創ちゃんの場合、
全部のリストの内「成長したい」とか「リーダーでいたい」とか「人間関係を大切にできる人間でありたい」などの類似キーワードがありました。「あれ?ここでもここでも成長したい的なこと書いてる」みたいな感じです。

そうやって探っていくと
創ちゃんはおのずと教育関係のコンテンツが
向いているとわかりました。

人・人間関係に関する類似キーワードが多かったからです。

ちなみに創ちゃんも以前、教師になりたいと思っていた時期があったそうです。笑
このワークをやると類似キーワードから自分の奥底にある欲求が見えたりするので面白いですよ!!

類似キーワードは自分を司る色の一つになる

あと類似キーワードは「自分を司る色」にもなります。
また「これは自分の本質とリンクしているのか?」と問いかけることで行動の基準にもなります。

例えば創ちゃんは昔、体型コンプレックスがあって自信が持てなくて、女の子にもモテるために毎日1時間半くらい走って3ヶ月で27キロ痩せたそうです。3ヶ月で27キロってやばいですよね。

その後も恋愛の情報商材を買って半年間で100人女の子をナンパし続けた経験もあります。「ちょっとおかしなヤツ」と思ってしまえばそれで終わりですが、実はそこには「自信を持ちたい」という思いがあり、その本質があるからこそ「成長し続けたい」という欲求が生まれたのではないか?とも考えられます。

たぶん。

「じゃあ自信を身に付けていくためにはどうすればいいのか?」というと、彼の行動は常に「このアクションは自分の成長に繋がるのか?」という問いが必要です。

そして成長に繋がるアクションをし続けることによって自信が増していくと考えられます。

っと、、、
こんな感じでワークを進めていくと
自分で自分のことが理解できるし、行動基準やビジョンも明確になっていきます。たぶん!!

キーワードを定義する(例:「成長する」とは?etc…)

次は類似キーワードを自分なりに定義していきます。

「成長する」などの類似キーワードが出てきたら次は

  • 「成長するとはどういうことか?」

というのを自分なりに定義していきます。
完全に主観的でいいので「自分なりに定義する成長とはこういうものです」という感じで定義すればOKです。

この言葉が曖昧であればパワーも低下しますし、具体的であればあるほど伝わりやすくなります。

下記を見てみましょう。

  • 「集客したい」→「僕にとっての集客とはブログからメルマガの見込み客リストを集めることです」
  • 「売上を上げたい」→「売上を半年で100万円上げることです。」
  • 「稼ぎたい」→「ブログアフィリエイトで1年で月30万円稼ぐことです」
  • 「成長したい」→「一生新しいことに挑戦し続けることです」

などです。
左よりも右の方が明らかに具体的でわかりやすくなっていると思います。これが「定義する」ということです「現段階の僕の考えとして、成長するとはこういうことです」って感じで定義しておくと言葉が扱いやすくなりますよ!

ワーク2:ペルソナ選定

次はペルソナ選定です。

「あなたがビジネスで商品を売っていく人はどんな人?」というのを細かく決めていきます。ペルソナはかなり細かく設定していくと良いでしょう。

なぜ、ターゲットを広げるのはダメなのか?

よくビジネスやブログ初心者の方は

  • 「ターゲットを絞りすぎるとアクセスが来ないんじゃないですか?」
  • 「もっと広げて色んなお客さんを集めたほうがいいんじゃないですか?」

と言われたりしますが、
絶対絞ったほうがお客さんは集まります。

例えば校長先生が「生徒のみなさん」と言っても話を聞こうとしないのが普通です。これは全員に話そうとしてターゲットがぼやけているからです。ターゲットがぼやける=「ああ、俺には関係ない話か」と思われるということです。

でももし、校長先生が「お前だよお前!話聞け!!」って言ったらどうなるでしょうか?

たぶん「お前」と呼んでいる生徒どころか、周りの生徒もびっくりして振り向くと思います。ターゲットを絞ったことで逆に注目度が上がっていますよね。一人に聞かせようとした方が逆に周りをも惹きつけることがあるのです。

僕はこれを校長先生のお話理論と呼んでいます(世の中の校長先生のみなさま、すいません)。「絞る」とお客さんが集まらないどころか、絞られていればいるほど他のペルソナも集まったりします。だからこそ「絞る」ことが大切なのです。

ペルソナが過去の自分の場合の注意点

ちなみに創ちゃんはペルソナを過去の自分に設定しています。ただひとつ注意点として、過去の自分にペルソナを決める場合でも、しっかりと細かく設定をするのが基本です。

じゃあどういう風に決めるのか?というと、

  • 定量ペルソナ(数字や実存的な表現)
  • 定性ペルソナ(雰囲気や質的な表現)

の2つです(造語です)。
この2つを細かく定義すると
骨組みと肉付きのバランスがよくなります。

例えば定量ペルソナで言うと
今回の創ちゃんのワークで出てきたのは

  • 共学・男子高校生・コンプレックスアリ・帰宅部・16歳~18歳

とかになりました。
定量ペルソナは誰から見ても認識が一緒なのが特徴です。

では定性ペルソナは
どういうものか?というと、

  • 本当はリア充軍団がうらやましくて嫉妬している
  • 本当はクラスの輪になじみたい
  • 非リア充
  • モテたい
  • 本当は目立ちたい
  • 本当はリーダーポジションになりたい

などになります。
創ちゃん、すごいリア充への嫉妬心です。笑

定性ペルソナは主に

  • 「~に悩んでいる」
  • 「~がしたいと思っている」

などのふわっとした表現です。
数字で表せない部分を定義するのに使います。

ペルソナによって言葉使いが大きく変わる

なんでわざわざペルソナを定義しなきゃいけないのか?というと、ペルソナによって言葉づかいが変わるからです。

例えば高校生が相手であれば「部活」「クラス」「委員会」「生徒会長」「学祭」などはすぐに意味が通じますが、これが主婦のペルソナだったら通じません。

逆に主婦「旦那が」とか「子育てが」とか「家事が~」とか言えばすぐに意味が通じますが、高校生にいっても全くピンと来ないと思います。日常会話で使っている言葉が違いすぎるからです。

ペルソナによって言葉づかいは大きく変わるので、記事を書く際には常にペルソナを意識することが重要です。

ワーク3:ペルソナにどんな変化を起こせるか?

次はペルソナにどんな変化を起こせるか?というワークです。ここでいう「変化」とは読者をどんな良い方向に導けるか?という問いです。

ビジネスとして運営していく上で「相手に良き変化を起こす」ことは宿命です。それが相手にとっての価値になるからです。ここでは「ペルソナにとっての価値」を追求していきましょう。

相手にメリットのある変化だと認識してもらうコツ

ではまず大前提として読者に「変化」をしてもらうためには、その変化が相手にとって有益であると思ってもらう必要があります。有益というのは役に立ったり、人生に対してプラスの変化を及ぼすことです。

例えば僕が情報発信する際に
意識することで言えば

  • 相手の得になる要素を入れる
  • 新しい情報
  • 好奇心を刺激する
  • 今すぐカンタンに出来る

などです(全部ジョン・ケープルズの受け売りです)。

「今すぐカンタンに」というのはちょっと情報商材っぽくて好きじゃないですが。とにかく相手にとってプラスになるように情報の魅せ方を変える必要があります。

例えば

  • 人間関係がよくなる→自然と相手から好かれる・モテるようになる、異性から自然と誘われるようになる
  • お仕事→同僚や先輩との揉め事が少なくなり、笑いが絶えなくなる
  • ライフスタイル→行動力が上がり、今まで行けなかった場所にも積極的に参加できるようになる

などになります。
「相手にとって得になる情報」は客観的に見て誰もが得だと認識できるのが条件です。主観ではなく「誰から見ても得であるか?」というのを考えていく必要があります。

ちなみに創ちゃんは
これが苦手でグダグダになっていました。笑

情報をユーザー向けにカスタマイズする感覚がないと最初は大変です。
でもやっていく内にどんな情報の魅せ方が好まれるか?が体感でわかってくる。こればっかりは発信しながら感覚を掴んでいきましょう。

ワーク4:誰のために?何を?どうやって?

そしてペルソナが選定できたら

  • 誰のために?
  • 何を?
  • どうやって?

を一つずつ定義していきます。
今までワークで書き溜めているものをシンプルな言葉で入れればOKです。

↓↓↓

  • 誰のために?:ペルソナを入れる
  • 何を?:ペルソナに起こせる変化
  • どうやって?:どういうメディア(ブログ・SNS)で、どういう形式(文字、画像、動画)で発信するか?

ここまで来たらあとは
穴を埋めていく作業なので難しくないですね!!もちろん、ここまで突き詰めていくのはかなり大変ですが、出来るかぎり細かく選定していくことがブログの土台作りでは大切です。

まとめなのに…全然まとまってねー!!

すいません。

実はここまで書いた内容は
前回のコンサルで提供した内容の5分の1くらいです。
ホントはもっと色々話しまくったし色々書きたいのですが、もう6000文字超えてしまったので次回の更新に持ち越したいと思います。

ほんますいません。

さて、一応まとめておくと今回は

  • コンセプトメイキング

でした!!

ブログの土台をみっちり作ってから
始めたほうがブログには愛着が出てきます。
それはタイトルも然り、ディスクリプションも然り、デザインも然りです。大事に育てたブログの方が雑に作ったブログより気合が入るもんね。

要は僕が伝えたかったのはそんな感じです。

ブログはツールですが、そ記事を吹き込むのは人間です。

  • その人の人間性
  • その人の成り立ちとこれから
  • その人の知識や技術

などなど全部含めてブログです。
要するにはブログとは自分自身です。
自分の持っている知識や技術、考え方、価値観、日々の行動を伝えていけば必ず評価されます。

コンセプトメイキングはそれらの輪郭をよりハッキリ伝える方法ですので、もし土台から見直してみたい!という方は試してみてください。

それではこのへんで。

 

 

無料E-bookプレゼント付きメルマガ

WordPressの集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに
集客に特化したブログを作る方法を
詳しく載せています。

今なら超豪華特典も用意しております。
詳しくはプレゼントをご覧ください。

 

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

Copyright© ブログ集客実践の書 , 2018 All Rights Reserved.