【無料で丸ごと公開中】ブログコンサルティングの一部を見てみる

【実体験】集中力が続かない本当の原因と、ゼロから始める集中力の身につけ方

 
【実体験】集中力が続かない本当の原因と、ゼロから始める集中力の身につけ方
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

どうも、ブログ集客屋まつです。

この記事では「集中力が微塵も続かない本当の原因と集中力の身につけ方」について解説しています。

僕自身、今まで「集中してやろう!」と決めれば決めるほど全く集中できず、Youtube2~3時間とか見ていたタチでした。

でも今では4~5時間ぶっ通りでブログを書いたり、仕事をしても集中力が切れなくなりました。

今書いてる記事も「書こう!」と決めてから一度も休まずに書いてます。この記事が集中力がどうしても続かない人の助けになればと思いますので、ぜひこのまま読み進めて見てくださいね。

ちなみにこの記事は人生を変えてくれたこの本を元に書いてます。よかったらぜひ手にとって読んでみてくださいね。

集中力が続かない本当の原因

集中力が続かない原因には

  • 「疲労が溜まってるから」とか
  • 「やることが多すぎるから」とか

色々考えられると思うんですけど、僕の答えとしては「そもそも集中力が続いたことがないから」だと思ってます。

これを言うと元も子もない気がしますけどw

でも大体の人には「今まで集中したことない説」が当てはまると思います。

だから集中力が続かなくて当たり前だし、集中する方法も知らないのです。

例えばこんなことってないですか?↓↓↓

【集中力がない人がよくやってること】

  1. ついついスマホを何度も開いてしまう
  2. 進んでるようで作業が全然進まない
  3. ブログ書いててもつい他のことしちゃう
  4. マンガが横にあるとつい手にとってしまう
  5. 音楽を聴いてると口ずさんで時間がなくなる
  6. ついったらんど(Twitter)を5分おきに見てる
  7. Youtubeとか見始めたら余裕で3時間くらい見る
  8. 勉強しても5分くらいで気が散る
  9. 仕事中でもスマホの通知が気になる

もしこんな状態に陥ってるなら集中力が続く・続かないとかのレベルじゃないです。

むしろ「集中することすらできない人」である可能性が高いです。

そもそも「集中することすらできないレベル」の人ほど

  • (自分だけは)集中力が続くと思ってて
  • (自分だけは)集中力があげられると思ってて
  • (自分だけは)集中力を下げずに維持できると思っている

って感じで思ってることが多いんですよね。←過去の僕

「僕には究極の集中力がある!」みたいに思ってるけど何も行動できていないってパターン。

もし今のあなたがそういう状態なら間違いなく「集中することすらできないレベル」だと認識したほうが良いでしょう。

集中力が続かない人は「自分だけは特別」と思っている

基本的に集中力が続かない人は

  • 自分だけは特別な能力を持っている

みたいな感覚の人が多いです。

自分には特別な役割があったり、実はヒーロー的な感じの使命を持つ人間だと思ってたり、とにかく痛いやつが多いです。←経験者は語る(アベンジャーズとか見すぎ)

でも、実際は大半の人がめちゃくちゃ普通の人間だし、特別な能力も持ってませんし

  • スマホの通知が来たら「ビクン!」って動物のように反応して
  • Twitterとかでだらだらタイムライン見て
  • Youtubeを見始めたら2~3時間余裕でなくなって
  • マンガを手にとったら全巻読むまで延々読み続けてしまう(キングダム)

くらいの人間です。

人生の役割とか別にないし、何もしなければ何事もなくお墓に入るでしょう。でも本当に集中力を上げて人生を変えたいなら、まずはそこを自覚しましょう。

それこそがスタートラインです。

「集中してやる!」→「結局できなかった…」→の自己嫌悪ループ

集中力が続かない人は

  • 仕事の能率を上げたいとか
  • 勉強をもっと効率よくしたいとか
  • ブログを早く書きたいとか

色々あると思いますが、集中力を身につける上で一番最悪なのが「自己嫌悪ループに陥ること」です。

この記事を読んでるあなたはきっと「集中力」に興味があり、なんらかの目標がある人でしょう。

きっと日々の目標を持っていて、それらを達成したい人なのだと思います。

でも集中しようと思ったら急にやる気がなくなってYoutube見て2~3時間過ぎて、時計みたら

「うわっマジ最悪や…今日何にもしてねえ」→自己嫌悪

と焦ってやろうとするも、時間を無駄に過ごした罪悪感に苛まれたまま時間が過ぎて終わる…→更に自己嫌悪

そして「明日からやる!」と決めるも、明日になってもまた同じことの繰り返し…→更に更に自己嫌悪

みたいな自己嫌悪ループに入ると、更に「あれもやらなきゃこれもやらなきゃ…」と雑念が入りまくって集中どころじゃなくなります。

もしすでにあなたが「自己嫌悪ループ」に陥っているなら、まずはそこから抜け出すことが重要です。

「集中力を上げるノウハウ」を使っても集中力が続かない理由

で、集中力が上がらない時は「集中力を上げる本」を読んだり、こういう記事を読んだりしますよね。

そして大抵「集中力を上げる系コンテンツ」ではこういうノウハウを見かけるはず。

【集中力を上げる系ノウハウ】

  • コーヒーを飲む(あるいは完全にやめる)
  • カフェで作業する
  • 食事を変える
  • 音楽を聴く
  • スケジュールを明確にする
  • 運動する
  • 目標を決める
  • 紙に書き出す

などなど、世の中にはたくさんの「集中力を上げるノウハウ」があります。

でもそもそもこれは「集中力がある人が更に上げるためのノウハウ」であって「集中力がそもそもない人に必要な情報ではない」と思ってます。

  • 集中力を身につける→そもそも集中したことがない人向け
  • 集中力を上げる→集中できるけど、もっとパフォーマンスを上げたい人向け

なので、この2つは似ているようで別物です(たぶん)。

そして「集中力がすぐ来れてしまって全然続かない」という人は、間違いなく「集中力を身につけること」を重要視すべきです。

集中力=一箇所に集める力

集中力とは

では集中力とはそもそも何なのか?という話をすると

僕が定義する「集中力」とは

  • 一箇所に集める(フォーカスする)力

のことです(辞書のまんま)。

ここで重要なのは「一箇所に集中する」ってことです。

二箇所じゃダメです。あくまで一箇所なんです。

例えば勉強する時に「勉強しなきゃ…」と考えてるとします。

この場合、

  1. 勉強という行為
  2. 勉強しなきゃ…というすべき思考

の2つがありますよね。

もし本当に集中している状態なら「勉強」以外のことはすべて頭から抜けているはずです。

つまり上記のような場合は「集中している」とは言えません。

他にも走ってる時に

  1. 「走る」という行為
  2. 「あと3キロも走るのか…」というぐるぐる思考

この時点で2つに集中力が分散しています。

本当に集中しているなら「走る」という行動、思考以外は存在しないはずです。

つまりこの場合はでも本当に集中しているとは言えません。つまるところ集中とは「一箇所にフォーカスする」ことで実現できるものなのです。

「集中力を持続する」ではなく「集中を妨げるものを排除する」

大切なのは集中力を上げることではなく

  • 集中を妨げるものを排除すること

です。

集中状態は「雑念(気が散るもの)がほぼない状態」なので、気が散るものがない環境があれば強制的に集中状態になれます。

だから今「瞑想(めいそう)」とかが流行ってるのかも。知らないけど。

気が散るものとは例えば

  • スマホ(勉強アプリ以外使えないならアリ)
  • iPadとかパソコン(ネット環境がないならアリ)
  • マンガ
  • 布団
  • サッポロ一番味噌ラーメン
  • チョコクリスピー
  • 友達(会話好きな人)

とかですかね(あくまで僕の場合です)。

これがあったらもうね、何をどうやっても集中できない。

だって目の前にサッポロ味噌ラーメン(卵入り)あったら絶対食べるもん。チョコクリスピーは牛乳入れるだけだしね。

でも逆に言えばこれらのものがなければ強制的に集中モードに入れます(雑念が消えるから)。

つまり「集中している状態」というのは裏を返せば「集中を妨げるものがない状態」でもあるのです。

自分で自分にプレッシャーをかけるのをやめる

また集中力が続かない人は、自分で自分に勝手にプレッシャーをかけるのをやめましょう。

例えばこんな口癖の人は大抵、自分で勝手にプレッシャーかけてます。

  • 「これやんなきゃいけないんで…」
  • 「やることが多くて…」
  • 「仕事が大量にあるんで…」

ああ、書いててイライラする。笑

自分で自分にプレッシャーをかけて集中しづらくしてる代表例です。

本来、完全集中してこなせば余裕で終わる仕事を「やんなきゃ…」と呪いの呪文のように唱え続けて時間を無駄にするパターンですね。

これでは一生集中できません。

雑念を取り払う意味でも、「やんなきゃ…」ではなく「やれることからこなそう」に考え方を変えましょう。

それだけで集中力が増します。

集中状態を生み出すコツは、一番小さな「一つのこと」を決めること

これは僕の持論ですが、集中力を生み出すコツは

  • 一番小さなタスク(やること)を決めること

です。

重要なのは「一番小さなタスクである」ということです。

このタスクによってやる気が左右されるので、作業に取り組む前にタスクを明確にしておきましょう。

例えばこんなタスクを課してないですか?

勉強する。

ノンノンノンノンノンノン。

ダメダメダメダメダメ。

もうね、全然ダメ。

そんなんじゃ一瞬で集中力切れます。きっとあなたは集中力を一瞬でなくすエキスパート認定合格者のはず。

こんなタスクを設定する人はそもそも行動すらできてない可能性が高い。それくらい「集中なんて1ミリもできないタスクの設定」です。

もう一度言っておきますが、決めるのは「一番小さなタスク」ですので、もっと絞り込む必要があります。

もうちょっと絞り込んだパターンだとこんな感じ。

数学を勉強する。

さっきよりも多少絞れて、やることが明確になりました。

これで数学以外の参考書は必要ないですね。

もしカフェとかマックで勉強するなら、数学以外の参考書、ノートは持っていかなくてOK。

でももしあなたがまだ「集中力初心者」ならもっと絞り込む必要があります。

この数学の参考書の問3に取り組む。

これで更に明確になりました。

あなたがやるべきことは数学の参考書の問3に取り組むだけ!

これなら教科書を開いてから問3に一直線です。たぶん、これで出来ないって人はいないと思います。

しかし、まだ足りない。

もっと絞り込んでやるべきことを「これしかない!」レベルまで絞り込んでみましょう。

この数学の参考書の問3に3分間取り組む。

OKOK。

これならカップ麺をセットしておけばOK

カップ麺ができたらもう終了なので頑張って解きましょう。

でも問題が解けなくても「参考書の問3に3分取り組んだ」時点でクリアだから問題ない。

これなら確実にできますよね。

しかも不思議なことに、課題がクリアできるとプレッシャーが消えるので、結果的に1時間勉強することもあります(最初から1時間やろうと思うとできないんだけどw)。

つまり「やるべきことが明確なら人は集中できる」のです。

しかも「めちゃくちゃ小さな課題を決める」→「クリアする」の経験を積み重ねるとどんどん自信が付いていきます。

気づけば自己嫌悪ループが消え、自己向上欲(もっと成長したい!)に切り替わって「もっとやりたい!」という欲求が出てくればこっちのもんです。

人は「楽しい!」と思ってしまえば勝手に行動できるようになります。

誰に何も言われなくても勝手に集中出来るようになり、やればやるほど楽しくなっていきます。

まとめ

物事に集中するためには

  1. 雑念の原因を取り除く
  2. 最小単位の1つのタスクを決める

この2つを設定することが重要です。

僕も過去、集中力が何をしても続かなかった時は、大きな目標ばかりを設定して「やらなきゃ…やらなきゃ…」とゾンビみたいになってました。笑

でも結局、集中するってシンプル思考にならないとできないし、楽しくないと長続きしないんですよね。

この記事ではご紹介した方法は、過去に僕が何をやっても長続きしなかった僕が実践してきた方法なので、参考にしていただけたら嬉しいです。

★僕の人生を変えてくれた本★

 

【無料プレゼント付】ブログ集客屋まつの公式メルマガ

公式メルマガでは

  • 月間12万PV突破
  • メルマガ読者1000名突破
  • Twitterフォロワー7500人突破

など、僕の4年間のブログ経験で培った
集客ノウハウをバンバン公開しています。

更に無料プレゼントでは
広告費0円
で、ブログの自動集客システムを作る方法を
お伝えしています。

詳しくは下記のボタンをクリックしてプレゼントをお受け取りください。

 

 

無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

Copyright© ブログ集客実践の書 , 2019 All Rights Reserved.