【無料で丸ごと公開中】ブログコンサルティングの一部を見てみる

ブログのネタ切れに一生困らなくなる5つの考え方(具体例つき)

 
ブログのネタに一生困らなくなるための5つの考え方(具体例つき)
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

どうも、ブログ集客屋まつです。

この記事では「ブログのネタを読まれる記事に変換する方法」ということで解説していきます。

僕が運営してるブログ(ブログ集客実践の書)も、なんやかんやGoogleアップデートにも負けず、ライバルにも負けずで月間10万PV前後をキープ出来てます(直近の目標は300記事→月間15万PVまで伸ばします)。

月間アクセス数

たぶん今この記事を読んでる人は

  • 「いつもブログのネタに悩む」
  • 「でも何でも書きたいって訳でもなく」
  • 「アクセスもしっかり伸ばしたい」

みたいな状態だと思うんですよね(違ったらごめんw)。

ブログをされてる方の意見には「日常をネタにしろ!」みたいなのもありますが、日常をネタにしても全く読まれなかったら辛いです。

この記事では「思いついたネタを読まれる記事にするにはどうすればいいのか?」について詳しく書いていきますので、ぜひこのまま読み進めてみて下さいね。

【この記事を書くのに参考にした本】

僕がライティングの基礎とアウトプット力を身につけるのに相当役立った本です。とにかく思いついたブログネタをハイスピードでサクサク書きたい!って人におすすめなので、ぜひ手にとって見てください。

【大前提】ブログのネタ切れは24時間考えれば解決する

大前提として、ブログのネタは24時間考えることが重要だと思ってます。←

「いや無理でしょ!」とか思うかもしれませんが、普通にできます。

というかブログを毎日書くレベルの人はほぼこの感覚です(経験談)。

「何故24時間も考えるのか?」というと、ブログを絶対に書くと決めてるからです。

「今日は書く、書かない」とかではなく「書くことが絶対ルール」なので、書かない選択肢はありません。

書くことが最優先で、絶対ルールです。

特に僕は1記事の文字数が多い方(4000~5000字)なので、毎日書く場合常にネタを探してないと間に合いません。

※「文字数を増やそう!」と思っている訳ではなく、むしろ出来る限りシンプルにまとめているのに4000~5000字になるのです

そして今は「300記事(自己満)」を目指して書いてるので、迷ってる暇もありません。

ブログのネタがない=ネタを記事にする能力がないだけ

で、基本的にブログのネタがないという人でも、実はネタ自体はたくさんあるんです。

その証拠に

  • 日常を友達に会話で伝える
  • ちょっとしたネタをTwitterでつぶやく
  • その日のことをLINEで報告する

とかだったらできますよね?

会話とかSNS、チャットなら「ネタを伝える」ということはできるはずです。

だって「普段からやってる」から。

でもブログだとネタを上手く記事にすることができない。

会話やSNSならネタをアウトプットできるのにブログじゃ出来ない…

それは何故か?というと「普段、やってないから」です。

普段からそれをやってないから「ネタを見つけてもそれを記事にする(ネタをブログに変換する)ことができないし、能力も身につかない」のです。

もっと言えば「どうすれば読まれる記事が書けるのか?」もわからないので、ブログを書こうと思っても手が止まってしまうのです。

この状態を脱出するには

  • ネタをブログ化する能力

が必須になります。

読まれるブログのネタの考え方

ブログで読まれるネタを考える上で一番簡単なのは

  • 検索ユーザーを対象とした記事を書くこと

です。

ブログのネタを検索ユーザー向けに変換して書くことで、上位表示され、アクセスが集められるようになります。ブログのネタの考え方

最近急に「ブログ集客」で上がってきました

ブログのネタの考え方

謎に自分の名前がサジェストにも出る

僕の場合は8割くらいの記事が「検索ユーザー向け」、2割くらいを「お客さんからいただいたご質問」などをベースに書かれています。

なんだかんだ昔も今もSEOコンテンツをベースに、オリジナルで良質な記事を書いていくのが強いです。

逆にブログのネタを考えてそのまま表現するのは「日記としては有り」ですが「読まれる記事を書く」という意味ではよくありません。

ブログのネタをSEOコンテンツ化して質の高い記事を書き続けることができれば、書けば書くほど安定してアクセスが集められるようになります。

ブログのネタの考え方(ネタからSEOコンテンツを作る方法)

ブログのネタをSEOコンテンツにする上で重要なのは

  • そもそもなぜ検索をするのか?

を考えることです。

  • なぜ検索するのか?
  • どういう動機で検索するのか?
  • どういう悩みや問題を抱えているのか?

などの理由、動機を考えることが重要になります。

例えば自分が検索する時のシチュエーションを考えてみましょう。

【検索するシチュエーション】

  • 最寄りのコンビニを探してる時
  • 大胸筋の筋トレ方法を探してる時
  • 電車時間を調べる時
  • 行ったことない土地でトイレが限界の時
  • ゲームの発売日を調べる時
  • 漫画のネタバレが読みたい時
  • ブログの書き方が知りたい時
  • コーヒー飲みすぎて気持ち悪くなった時
  • 最寄りのネットカフェを探す時

などなど…検索をする場面は無数にありますね。

でも検索をする理由には共通点があります。

それは何か?というと

  • 悩みや問題を解決したいから

です。

悩みや問題を解決したいとは例えば

  • 知らなくて困ってる時
  • わからなくて困ってる時
  • できなくて悩んでる時

とかですね。

検索エンジンを使う時って「なんとなく使うこと」ってあまりないんです。

SNSやYoutubeとかだと「なんとなく面白い動画ないかな」と調べたりしますよね。

なんとなくYoutuberの動画を見たりとか、好きなスポーツの動画を見たりとか。

でも検索エンジンは多くの場合、知らないことを調べたり、わからないことを勉強するために調べたり、できなくて悩んでる時に使います。

つまり検索エンジンには「悩みや問題を解決したいから」という明確な理由があるのです。

つまり読まれるブログのネタを考える上で大切なのは「このネタはどんな困りごとが解決できるのか?」という視点なのです。

ブログのネタの作り方・探し方5パターン

ここからは実践編ということで具体的なブログのネタの作り方をご紹介します。

すべて、まつがネタを考える時に実際に使ってる方法なのでぜひ参考にしてください。

①思いついたネタ(単語)を検索バーに入力する

まずは思いついたネタ(単語)を検索バーに入力する方法です。

僕は普段、何かを思いついたらすぐに検索バーに入れて検索されてるキーワードなのか?を確認するようにしています。

ブログのネタの考え方

「受験 合格」のキーワードを検索バーに打ち込んだ例。

ブログのネタの考え方

「ブログ スマホ」を検索バーに打ち込んだ例。

上記のように、単語を1~2語入れて「スペース」を開けるとサジェスト(3語目)一覧が出てきます。僕は普段、大体この検索バーに思いついた単語をバンバン入れて書けそうなネタをストックしてます。

また検索結果の下にも関連キーワード一覧が出てくるので、こういったキーワードを使って記事を書くこともあります。

ブログのネタの考え方

それでもネタになりそうな記事がない場合

それでも良さげなキーワードがなければ

  1. 関連キーワードで更に検索
  2. サジェストや関連キーワードを見る

くらいまで掘り下げて見ることもあります。

ブログのネタの考え方

関連キーワード(具体例として「ブログサイト 構成」を使います)をクリックして…

ブログのネタの考え方

更に関連キーワードの関連キーワードを調べていきます。

特にブログに慣れてない内は、書きやすいキーワードが見つかるまでどんどん掘り下げていきます。

②ネタ(単語)の別の言い方を考える

次はネタ(単語)を別の言い方で考える方法です。

僕がよく使うのは

  1. 一般用語(「そのままワード」と呼んでます)にしてみる
  2. 類義語を考えてみる

の2つの方法ですね。

もうちょっと詳しく解説しましょう。

一般用語にしてみる

専門家の言葉を一般的な用語にしてみると、それだけでネタが増える可能性があります。

【専門用語→一般用語に変換した例】

  • 膝 変形→膝 感覚 おかしい
  • 腰痛→腰 反らすと痛い 対処法
  • 勉強 集中する方法→勉強 やる気でない なぜ
  • 検索順位 上がらない→自分のブログ 検索しても出てこない
  • タスク 管理 ノート 術→仕事 いっぱいいっぱい ミス

類義語を考えてみる

1つの単語を別の言い方で表現できないかを調べてみる方法です。

【類義語を考えてみた例】

  • ブログ 書き方
  • 記事 書き方
  • ブログ 書く方法
  • 記事 書く方法
  • 記事 テンプレート
  • ブログ 記事 手順
  • ブログ 書く 手順
  • ブログ 記事 構成

こんな感じでしょうか。

今、考えたやつなので適当ですが。笑

他にも「WordPress」→「ワードプレス」とかカタカナに変えるだけで検索結果が変わることもあります。

類義語を調べたりするだけでライバルがいないキーワードを探せたりするので、ぜひ辞書ツールなどで探してみてください。

ブログのネタの考え方

Weblio類義語辞典 腰の同義語・シソーラス より引用

③逆の視点から考える

考えたネタを逆の視点から考えるのも有効です。

逆の視点とは例えば

  • 目標 達成 方法
  • 目標 達成 できない
  • 受験 自信 ない
  • 受験 自信をつける
  • Twitter 使い方
  • twitter 使い方 難しい
  • ドラクエ3 ゾーマ 倒し方
  • ドラクエ3 ゾーマ 倒せない
  • WordPress ログイン 方法
  • WordPress ログイン できない

みたいな感じですね。

「~する方法 or ~できない」系のキーワードは検索意図は似ているものの、視点が逆になっています。

ユーザーの視点を変えるだけで競合サイトが少なくなったりするので、行き詰まった時は逆の視点から考えてみると良いです。

④ユーザーシチュエーションを考える

「ユーザーシチュエーション」とは、ユーザーがリアルタイムで置かれている現状のことです。

「ブログを書く時はペルソナを考えろ!」って情報をどっかで見たことがある人は多いと思いますが、具体的なシチュエーションをイメージしてる人は少ないんじゃないでしょうか。

検索ユーザーはそれぞれ「いま、置かれている現状」というのがあります。

例えばある人が「ふくらはぎの疲れに悩んでる」としましょう。

でも単に「ふくらはぎの疲れ」1つをとっても

  • 座りっぱなしで疲れた
  • 歩き過ぎで疲れた
  • 立ち仕事で疲れた
  • 走ったらふくらはぎが張ってる

などなど、シチュエーションによってユーザーの悩みレベルは違うし、書くネタも変わりますよね。

【キーワードの具体例】

  • 座りっぱなしで疲れた→座りっぱなし ふくらはぎ 痛い
  • 歩き過ぎで疲れた→歩きすぎ ふくらはぎ 痛い
  • 立ち仕事で疲れた→立ち仕事 ふくらはぎ 張り
  • 走ったらふくらはぎが張ってる→走る ふくらはぎ 張り

僕も検索する時はカフェだったり、電車の中だったり自宅だったりと様々ですし、悩む際も毎回シチュエーションが違います。

このユーザーのシチュエーションが思い浮かべられるようになると、コンテンツに臨場感(リアリティ)が出ます。

つい読んでしまう記事はその臨場感をうまく作れてるコンテンツが多いですね。

⑤抽象度を変える(上げる or 下げる)

ブログのネタがあまり思い浮かばない時は抽象度をコントロールするのも有効です。

抽象度の説明をすると長くなるのでここでは省きますが、

要するに

  • ざっくりとまとめたキーワードにするか?
  • 超具体的でニッチなキーワードにするか?

を考えるってことです。

【抽象度が高いキーワードの具体例】

  • 受験 合格
  • ブログ 稼ぐ
  • toeic 合格方法
  • ノート 書き方

【抽象度が低いキーワードの具体例】

  • センター試験 過去問 勉強方法
  • センター試験 数学 時間 足りない
  • センター数学 早く解く コツ
  • ブログ 3万pv 収益
  • ブログ で 5 万
  • toeic リスニング 対策 アプリ
  • 仕事用 ノート まとめ方
  • 仕事管理 ノート

抽象度は下げれば下げるほど細かいキーワードが浮かんで来てネタに困らなくなります。

普段からブログネタがバンバン浮かぶ人は抽象度のコントロールが上手いです。

  1. ざっくりとまとめる(抽象度を上げる)
  2. 細かく具体的に掘り下げる(抽象度を下げる)

の2つができるようになると、ネタに困らなくなります。

まとめ

ブログのネタの考え方は人それぞれありますが、共通して言えるのは

  • ブログのネタは無限に存在する

ということです。

そこからどういうネタをチョイスして、そのネタをどうやって読まれる記事へ変換するのか?に関しては日々のトレーニングの積み重ねです。

ぜひこの記事を参考にしながらネタをブログにアップして、ご自身のブログ運営のペースを掴んでいってくださいね。

ちなみにネタを超高速でアウトプットする能力を身につけるには以下の本がおすすめです。

【アウトプット力を上げまくるのにおすすめな本】

この本のとおりにガンガンアウトプットしていくとネタのアウトプット速度がめちゃくちゃ上がります(10倍はちょっと言い過ぎかもだけど)

ぜひ、興味があったら手にとって見てくださいね。

 

【無料プレゼント付】ブログ集客屋まつの公式メルマガ

公式メルマガでは

  • 月間12万PV突破
  • メルマガ読者1000名突破
  • Twitterフォロワー7500人突破

など、僕の4年間のブログ経験で培った
集客ノウハウをバンバン公開しています。

更に無料プレゼントでは
広告費0円
で、ブログの自動集客システムを作る方法を
お伝えしています。

詳しくは下記のボタンをクリックしてプレゼントをお受け取りください。

 

 

無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎
ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。2015年8月から始めたブログ「ブログ集客屋まつ」は地道に成長し続け、2016年4月→1万PV、2017年7月→2万PV、2018年1月時点→45000PV(現在も運営中)。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。

Copyright© ブログ集客実践の書 , 2019 All Rights Reserved.