「ブログを書くメリット」って何ですか?



この記事を書いている人 - WRITER -

会社が倒産したので仕方なくビジネスを始めたらハマり過ぎてフリーランスに。教え子の大半が就職をしなくなる傾向がある。得意分野はコンテンツSEO、ライティング、メルマガ集客
更に詳しいプロフィールはこちら
僕のビジネスストーリーを知りたい方はこちら

ブログ集客屋まつ

この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

突然ですが
「ブログを書くメリットって何だろう?」
と考えたことはありますか?

僕は今では
あまり深く考えていませんが、
やっぱりブログを始めたての頃って
どんなメリットがあるか気になっちゃいますよね。

そこで今回は、
僕が考える

  • ぶっちゃけブログのメリットって何よ?

という部分を書いてみたいと思います。
完全な主観なので参考にならないかもだけど。笑

 

ブログを書く上での最大のメリットとは?

まず、ブログを書く上で
僕がメリットだと思っているのは

  • インプット・アウトプット力が身に付く
  • 論理的な文章が書けるようになる
  • タイピングが速くなる
  • お金が稼げる
  • アクセスが集まってビジネスになる

ではありません。笑
「ちゃうんかい!!

というツッコミがあれば嬉しいです。

僕はこれらのメリットは
特にメリットではないと思っています。

というかこれくらいのメリットなら
わざわざブログをやる必要はないと考えています。

これらは僕からすれば
あくまで副次的なものです。

この程度ならブログでなくても
TwitterでもFacebookでもアルバイトでも何でもいいと思います。

それよりも
僕がブログを書く上で
最大のメリットだと思うのは

  • 生み出した価値(情報)が残る

ということです。

生み出した価値(情報)が残る

『生み出した価値が残る』
というのは意味はそのままで特に深い意味はありません。

自分のブログを
以前の記事から眺めていると、
色んな情報が残されています。

  • 自分が経験してきたこと
  • 自分が見てきたもの
  • 学んできたもの
  • 感じてきたもの
  • 考えていること

本当に色んなものが見えます。
更にブログの形は人それぞれで
決まった答えがありません。

正解がないのもまた面白いところです!

ただ、決まった答えはありませんが、
特徴的なのは自分が生み出した経験が情報となり、価値として残ることです。

あ、日記じゃダメですよ。笑
それは価値じゃなくてただの
記録ですから。笑

あくまで読んだ人に役立つように。
と、言われても意味がわからないなら
まずは自分に役立つように情報を書いていけば、それがいずれ誰かに役立つ情報になります。

自分に役立つ情報と言えばお金を稼ぐ方法!!

ピヨ三郎

稼いだことないよね?

まつ

生み出した情報が人と繋がるきっかけになる

またブログで生み出した情報は
いつまで経っても残ります。

自分でサーバーを解約するか、
WordPressにログインをして
記事をすべて削除しなければ、ほぼ永久的に残ります。

またブログにある記事を
誰かが読むことによって
あなたに興味を持ってくれます。
そして興味を持ってくれたことによって、人と繋がるきっかけになります。

ブログの世界を狭く見てしまうと

  • 集客
  • 稼ぐ
  • アクセスアップ

しか見えませんが、
それは一つの側面でしかありません(僕も集客とか言っていますが、それも一つの側面でしかないということです)。

僕が考える
ブログの本当のメリットは

  • 人と人を繋げる力

にこそあると思っています。

僕の人間関係が
ほぼブログを中心に出来ているので、
これがなかったらホントに何も出来ていません。笑

マジで、全部ブログから繋がってます。

本当にこの世に
ブログが存在してくれて
良かったなーと思っています。

なかったら死んでたな。笑

まつさん生きててよかったね。

ピヨ三郎

殺すな。

まつじろう

人と繋がることで新たな可能性が生まれる

生み出した価値を通じて
人と繋がることで新しい可能性が生まれます。

例えば僕の場合は
ブログでの繋がりから
お仕事をいただけることもそうですし、
ビジネスやブログ仲間が出来ることもそうです。

たまに変な奴から
お誘いメッセージ来たりもするけど
それは無視すればいいだけですw

しかも僕のブログを読んで
繋がった人たちなので、考え方や価値観も似ている方ばかりで、いわゆる『苦手な人』や『嫌いな人』がいません。

みんな、面白くて
好きなことをしている人ばかりです。

ブログで好き勝手書いていると、
好き勝手に生きている人が集まり、
ちゃんと真面目に運営していると真面目な人達が集まる。

同種の人達が自然と集まってくる
というのもブログの醍醐味の一つだと思います。

ってことは稼ぎたい稼ぎたい言ってると、、、

ピヨ三郎

稼がせて欲しい人ばっかり集まるってこと。

まつ

 

インターネットにもう一人の自分が作れる

ブログを書いていると、
まるでインターネットにもう一人の自分が生まれたようで、なんだか嬉しくなります(あれ?僕だけ?)。

自分がいなくても情報があって、
気づかない内に価値を提供してくれて、
読んだ人が僕を信頼してくれて、繋がるきっかけになる。

これってかなり
すごいことだと思うんですよね。

メディアのすごさを感じます。

そして繋がることによって
お仕事に繋がったり、何かイベントで繋がるきっかけにもなります。

つまるところ、
ブログっていうのは
自分そのものなんですよね。

もう一人の自分がブログにいて、
ネット上で働いてくれる。

しかもネットにいる自分は
仕事のキャラも
家族といるキャラも
友達といるときのキャラも
SNSでのキャラも全く関係なくそこに本来の自分を作ることが出来る。

っていうのが
僕なりに考えた
『ブログを書くメリット』
なのかなー?と感じています。

あれ?メリットになってない?
『稼げるから!!』とか言った方が良かったか?

いやでもそもそも稼げるのも
人と繋がるから稼げるわけで、
あくまでそれも副次的なものです。

しかもコミュニケーションの意志がない
ブログって読まれないですからね。

そして読まれないと人とは繋がれないし、繋がれないと売れないので、根本的な良さはやっぱりコミュニケーションのきっかけになるところかなーと思っています。

まとめ

ブログのメリットを
挙げろと言われると難しいのですが

ブログによって人間関係が変わり、
仕事が変わり、ブログ運営の他、セミナーやコンサルも始め、フリーランスになりという流れを考えると、

やはり根本的に変わったのは

  • 人間関係だよなー

としか思えません。

ブログで人生が変わるのではなく
ブログでの出会いを通じて変わるきっかけをもらったという感じです。

つーかブログ直接的に
人生を変えるってことはありません。

素人が在宅で
1人で引き込もって
作業をしてるだけじゃほぼ変わりません。

仮に変えられる人種がいたとしたら、
もう既に資質を持っている人だと思います。

でも在宅でずっと一人でやってても
ネットで人と繋がりを持っていたりするし、
完全に一人ってことはありません。

というわけで、
僕の上げるメリットはたった一つ。

  • 色んな人と繋がれること

です。笑
終わり!!笑

私メリットってあんまり好きじゃないのよね。だってアレ、髪パサパサになるじゃない?

ワニぶちさん

それはシャンプー。

まつじろう

 

【無料E-book】
WordPress(ワードプレス)の集客ノウハウを
すべて詰め込みました。

90ページ以上の
ノウハウが詰まったE-bookです。
広告や有料のツールを使わずに、
集客特化ブログを構築する方法を詳しく載せています。今なら超豪華特典も用意しております。詳しくはプレゼントをご覧ください。

無料プレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大島 松二郎

ブログ集客屋:まつ。
1985年10月31日生まれ
福島県出身(現在 東京在住)。

ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。

《ブログ著者として》
会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、

ブログ集客の専門家としての活動を始め、
自身で立ち上げた公式ブログでは、
半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、
検索エンジン一位、二位、四位を獲得。

『どんなブログ初心者でも
実践できるわかりやすいノウハウ』
をモットーに、手順書付きで解説された記事は、
初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。

Copyright© ブログ集客屋まつ , 2017 All Rights Reserved.