「ブログの方向性が定まらない!」という時にガチでやって欲しい3つのこと

「よし!ビジネス集客のためにブログを使おう!」

って思った時に、

初心者・中級者も含めて悩みやすいのが、

・ブログの方向性

ですよね。

 

「漠然とした気持ちで記事を書いてるけど、

これでホントに大丈夫なのかな?」とか、

「あれ?これ、やってる意味なくね?」とか、

「ホントに稼げるのかな…」とか、

 

方向性が定まらない状態で記事を書いていると

どんどん不安になり、

モチベーションが低下していきます。

 

そこで今日は、

ブログを起点に商品を販売したり、

サービスを展開していきたいけど、

その為にまず何に取り組むべきかわからない。

という人の為に、

ブログの成功を左右する情報戦略について書きました。

 

これを考えるだけで、

かなり頭がスッキリしてフィット感のある

情報発信ができるかなって思うので、

ワーク的な感じで取り組んでみてくださいね。

 

なぜ、多くのブログが”イマイチ”になってしまうのか?

じゃあまずは、

なぜ多くのブログが

”イマイチ”で結果が思うように出せないのか?

という点について説明をします。

 

今ってブログを使って収益化したり、

ビジネスの集客用に運営したりする人って

多いと思うんですよね。

 

昔はそんなことなかったのに、

今や個人ですら

「オウンドメディア」とか言ってるし、

どこぞのイチブロガーでさえも

「ブログはメディアと位置付けなさい」

とか言ってるくらいで、

もはやブログ(メディア)をビジネスに使うのは

常識って感じになってきました。

 

じゃあ、なんでビジネス運用のブログが

以前よりめちゃくちゃ増えたにも関わらず、

ほとんどのブログがイマイチで

誰にも読まれないのか?

っていうと超簡単で、

 

大体のブログが自己満でつまらないからです。

 

もうね、

これしか言うことない。笑

 

9割、、、

いや9割どころか、

それ以上の割合で、

自己満足なブログしかありません。

 

「今日は次郎でラーメン食べてきました!」とか

「カフェでランチなう♪」とか

「仕事行ってきます!」とか

どう考えても無名なのに、

まるでタレントみたいな記事を投稿し続ける人。

 

これ、ホントにやばいです。

更にこれでビジネスのこととか語ってたら

ホント、誰も読んでくれません。

 

基本的にビジネスってユーザーニーズ

(見込み客が望んでいることとか解決したい悩み)

から始まるもんです。

 

もちろん、あなたのメッセージも大事なのですが、

それ以上に見込み客のニーズをとらえることが大切です。

 

 

あなたから見てではなく、

見込み客から見て

魅力的なコンテンツであることが大事なので、

「他人からどう見られるか?」

というのが焦点になってるし、

魅せ方で相手からの印象が

ガラッと変わります。

 

そして相手からの認識(イメージ)を

自分の狙い通りに切り替えていくのが

情報戦略です。

 

なので、

情報発信した内容というのは、

どんなに少なかろうが誰かしらには

見られているし、何らかのイメージが付加されてしまいます。

 

「まだオレ(私は)しょぼいから

特に意識しなくても大丈夫だろ…」

と思ってたとしても、

「こいつ、しょぼいな」

くらいには思われてたりするのです。笑

 

結構見えないところで

ダメージ喰らってたりするんですよね。

 

だからね、

自分の記事とかFacebookの投稿とかを

ぜひ読み直して欲しい。

 

僕も大抵そうだけど、

自己満過ぎて、

ナルシス過ぎて

恥ずかしくなって、

過去の投稿全部消したくなるはずだから。笑

 

ブログからビジネスを展開していくためにまず考えるべきこと

じゃあ、そろそろディスは終わりにして、

次にいきたいと思うんですが、、、

 

「じゃあブログを使って

ビジネスを成り立たせるには

どうすればいいのか?」

というと、

 

大体2つの要素があって、

・専門家としてのポジショニングを取る

・専門スキルを求める見込み客を考える

・サービス(商品)を考える

の3つになります。

 

これをね、

マジでやってない人が多いです。

もしこれを読んでて、

やってない人がいたら

必ずやってください。

 

それだけで視界が晴れて

めっちゃ情報発信の方向性が

定まると思うので。

 

専門家としてのポジショニングを取る

ではまずは

・専門家としてのポジショニングを取る

という話をします。

 

これはどういう意味かと言うと、

・見込み客から見た自分のイメージを統一していく

ということです。

意味わかんない人ごめんね。

いまわかりやすくするから待って!

 

例えば僕の場合でいうと、

WordPressのブログのことであったり、

集客についての情報発信をしています。

で、これってただ何となく書いているのではなく、

そういうイメージを狙って書いているのもあるのです。

 

なので、

自分のブログを読んでくれた人の多くが、

「あ、ブログ集客の人だ。

wordpressにも詳しいから今度集客のこと

聞いてみようかな?」

と言ってくれれば、

情報のイメージ戦略が成功している

ってことです。

 

逆に失敗パターンとしては

・よく分かんない人

って感じですね。これは失敗。笑

 

で、ここのイメージ戦略で失敗してる人は大抵、

自己満な記事を書いていることがほとんどです。

それか、すごくまじめに間違っているか。

 

中には

「ケーキおいしい♡」とか

「カツ丼大盛り〜♫」

とか一言だけ書いてたりする人もいたり。笑

誰が読むんだよ、コレ。

 

これがポジショニング出来てない状態です。

 

ポジショニングっていうのはいわば、

・自分を何らかの専門化として位置(ポジション)付ける

ということなので、

そう思われたなら成功、

思われてないなら情報戦略は

失敗ということになります。

 

専門家としての信頼あるからこそ、

色んな専門のセミナーとか商品販売に繋げることが

出来るわけなので、ここをしっかりと統一することが大切です。

 

ここがぶれると仕事も取れなくなるし、

一貫性もなくなるので集客もできなくなるからね。

 

別に趣味ブログを運営していくだけだったら、

ポジショニングなんて考えなくてもいいですが、

ビジネスを展開していきたいなら、

まずはポジションを定めることが大切です。

 

その専門スキルを求める見込み客を考える

で、次は、

・その専門分野を求める見込み客を考える

ということです。

 

どういうことかというと、

あなたが専門分野の

スキルや知識を持っていたとしても、

それが誰にも求められなかったら

収益化はできませんよね?

 

その技術が見込み客の役に立つものであったり、

人の悩みを解決してくれるようなものだからこそ、

商品を買ってもらうことが可能なんです。

 

職人気質の人は

特に技術そのものに価値があると思いがちですが、

そうではなく、

その技術によって誰かの役に立ったり、

悩みが解消できるからこそ価値が生まれるのです。

 

で、更に言うと、

専門スキルは2つ以上組み合わせると

ライバルが一気に激減します。

 

専門スキルというのは、

何も一つに定めなければいけない

というルールはありません。

 

僕だってブログ集客とか言ってますが、

実際のところ、

デザインもやるし、

メルマガもやるし、

SNSもやるし、

マーケティングもやります。

何でもやり過ぎて

自分がわからないのが玉にキズだけど。笑

 

とにかくスキルは一つに限らず、

複数持っているのであれば、

組み合わせで新しい情報を作っていくと、

ライバル不在のコンテンツが出来る場合があります。

 

この話で思い出しましたが、

先日、専門スキルの組み合わせで

面白いミックスをしてる人にお会いしてきました。

 

↓この方。

TOPwhitepage

 

 

 

 

 

 

 

牧野さん(通称:マッキー)は、

転売屋さんでもありながら、

カメラのメンテナンス

(再生・修理)もできちゃうという

なんとも面白いミックススキルをお持ちな方です。

 

転売を知らない人のために、

一応説明しておくと、

転売は店舗などで商品を安く仕入れて高く売る、

というシンプルなビジネスモデルです。

 

やればやった分だけお金が入るので、

ビジネス初心者でも取り組みやすいと

言われています。

 

で、

・マッキーは他の人と何が違うのか?

というと、マッキーは

カメラのメンテナンススキルを使えば、

例え中古だろうが、

難あり品だろうが、

ジャンク品だろうが、

再生・修理が出来るので、

通常よりも格安で仕入れができるということ。

 

通常、使い物にならないカメラは、

他のバイヤーさんは

まず選ばないのでそもそものライバルが不在

という状況でビジネスができるわけです。

これってすごくないですか?

ねえ、すごいよね?

 

またスキルを単品ずつ使うのではなく、

うまく掛け合わせて使うことで、

ライバル不在のビジネスができるようになったわけです。

 

そうなると、

肩書きも誰とも被らなくなりますし、

 

例えばキャッチコピーを作るなら、

『中古でも、難ありでも、ジャンクでも!

激安で仕入れて高く売る!

カメラの再生転売』

とかでもいいし、

 

『中古でも、難ありでも、ジャンクでも!

激安で仕入れて高く売る!

カメラのメンテナンス転売』

とかでも良いですよねえ。ジュル

 

しかもこのスキルならターゲットを

決めるのも簡単です。

仕入れに悩んでいる人すべてがターゲットになるので、

・既に転売をしているが、ライバルが多く、

仕入れも思うようにできずであまり稼げていない人

辺りを狙えば確実に取れるかなと思います。

 

転売をしている人にとっては、

楽に、安く仕入れて、高く売りたいというのは

絶対的なものなので、そこに訴求すれば

シンプルに見込み客を集めることができるのです。

 

サービスを考える

そして最後は、

・サービス(商品)を考える

ということです。

 

これはすでに商品を持っている人なら

気にしなくていいのですが、

まだないのであれば、

 

・どんなサービスや商品を販売するか?

というのを定めておくといいです。

これをやることでゴールが明確になり、

よりモチベーションが上がります。

 

例えば、

またまたマッキーの例で言うと(ホントごめんなさい)、

技術を使ってお金をいただく商売なので、

 

例えば~、

転売屋向けカメラメンテナンスセミナー(集団向け)

転売屋向けカメラのメンテナンス指導(個人向け)

・カメラの再生・修理(一般人・もしくは転売屋)

辺りになるかなと思います。

 

基本的に技術を持っている人は、

・その技術で仕事を取る

・その技術を教えることでお金をもらう

の2つの販売方法になります。

 

技術を持っている人は、

それを使って仕事を請け負うだけでなく、

セミナーやコンサルティングなどを通じて、

人に教えるようなビジネスをすることでより収益化が

しやすくなるってわけです。

 

サービスがないブログは売れなくて当然

よく色んなブログを見ていると、

このサービス販売の部分が受け落ちてて

収益化が出来ていない人も多いです。

 

売ったら売れるのに。笑

ビジネスとしてブログを使うなら、

サービスを考えないと絶対に成り立たないので、

ここらは本気で考えていきましょう。

 

まとめ:まずは何事も戦略から

ブログからビジネスを展開し、

集客からマネタイズをするためには、

情報発信の戦略が欠かせません。

 

これをしっかり練りあげてから発信することで、

どんどんポジショニングが出来てくるので、

・何の専門家になるのか?

・専門スキルを求める人はどんな人か?

・どんなサービスを販売するのか?

この三点をしっかり考えた上で情報発信していくと、

結構いい感じに集客から販売まで繋げていけるかな~と思いますね。

 

それではこの辺で。

【無料E-book】WordPress(ワードプレス)で から集客特化型ブログを作り上げるまでの全手法

僕が今までやってきた WordPressのブログ集客ノウハウを100ページ以上のPDFにしてまとめました。 このE-bookでは広告や有料のツールなどは使わずに、集客特化型ブログを構築する方法を詳しく載せています。 しかも今なら E-bookを最後までお読みいただいた方限定の超豪華特典も用意しております。 詳しくはE-bookをご覧ください。
無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。