「不正アクセスを完全ブロック!」WP-Banの設定方法・使い方!

スパム

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

 

これは先日の話。

ある日、いつものようにGoogleアナリティクスの解析を見ようとログインしたところ、

何やら見慣れない参照元(僕のブログに訪れるきっかけになったサイト)がありました。

 

でも、そんなに大量のトラフィック(アクセス)があったわけではないので、

「まあでも、こんな時もあるよね・・・」

と全く危機感のないまま、その日をやり過ごしたいました。

 

しかし!!!

 

次の日も次の日もその参照元からのアクセスが増え続け、

ついにはその参照元が何種類にも増殖していき、、、

 

『これはまずい!!』

というわけで、ちょっと調べてみました。

ちなみにアナリティクスの解析を見るとこんな感じ。

↓↓

wp-ban

赤枠の参照元が、スパムの疑いがあるところです。

しかもそのURLに飛ぶと、4つとも全て海外のサイトでした。

これはもうスパムのにおいがプンプンするぜ!!

 

相当怪しいと思い『snip.to』で検索をしてみると、、、

wp-ban

スパム要注意系のブログがたくさん!!

これはもう確定です。

最近アクセスが増えていたのは全てスパムで、

このままだと僕のブログがスパムに汚染されてしまう!!

 

そう思った僕はすぐに対策を打たねばならぬ状況に

追い込まれました。。。

 

 

スパムでアクセスが増えることは悪いことなのか?

でも、ここで初心者の方は、

「アクセスが増えるだけならスパムじゃないんじゃね?」

という考えが浮かぶと思います。

 

確かに、現時点では僕も『アクセスが増える』という現象だけで、

目に見える被害は受けていないように感じます。

 

 

でも、実は違うんです。

 

実は被害を受けていないように見えて、

質の悪いアクセスが大量に入りこんでくることによって

ブログの価値はだだ下がります。

 

Googleはサイト訪問者の滞在時間やページ閲覧数、

被リンクなど色んな要素を考慮し、総合的にランクを決めるので、

何の価値もないサイトがさっと来ただけでは、

逆に評価が下がるおそれがあるのです。

 

ですので、ここはしっかりとスパムをブロックして、

健全なアクセスだけを拾ってあげるようにしましょう。

 

ということで今回は、

スパムを簡単にブロック出来るプラグイン、・

・WP-Banのインストールおよび設定方法、使い方

について詳しく説明していきます!

 

 

WP-Banのインストール・設定方法

それではいよいよ作業に移りましょう。

まずはプラグインの新規追加の画面にいきます。

wp-ban

赤枠の中に『WP-Ban』と入力し、

Enterキーを押してください。

尚、大文字小文字を間違えると正しく検索されないので、

必ずWP-Banで検索するようにしましょう。

 

すると、WP-Banが出てきます。

wp-ban

赤枠をクリックしてインストールしましょう。

 

インストールが終わりました。

wp-ban

赤枠の『プラグインを有効化』をクリックしてください。

これですぐに使えるようになります。

 

プラグインの有効化が終わりました。

wp-ban

次は『プラグイン』→『インストール済みプラグイン』と進み、

WP-Banの設定画面を見てみましょう。

 

設定画面になりました。

WP-Ban

ぶっちゃけ僕は『Bannerd Reffer(URLを入れるだけ!)』しか使ってないので、

その他はあまりわかりません。笑

 

そこらへんはネタワンさんが超わかりやすく解説しているので、

ちょっと抜粋します。

・Banned IPs→拒否するIPアドレス

・Banned IP Range→拒否するIPアドレス(連番指定)

・Banned Host Names→拒否するホスト名(ドメイン)

・Banned Referers→拒否する接続元URL

・Banned User Agents→拒否するユーザーエージェント

・Banned Exclude IPs→接続拒否から除外するIPアドレス

・Banned Messege→拒否する際に表示するメッセージ

・Ban Stats→処理結果の情報

・Uninstall WP-Ban→アンインストール

ネタワン様のWP-Ban – 指定した接続元IPアドレスをブロックできるWordPressプラグインより引用

※ネタワン様ありがとうございます。

 

まあこんな感じらしいのですが、

そんなに詳しく理解する必要もないので、

わからない人は僕と同じ使い方で問題ないと思います。

 

では詳しい設定方法をば。

まずはアナリティクスのレポート画面にいきましょう。

アナリティクス

『集客』→『サマリー』→『参照元・メディア』の順番に

クリックします。

 

すると、参照元のメディア・サイトが出て来ます。

wp-ban

見慣れないURLや飛んだ先がスパムだったサイトのURLを

全部コピーしましょう。

『referrral』の部分はいらないので、

その他の部分のみコピーしてください。

例:snip.to / referrral→snip.to/のみコピー 

 

次はBanの設定画面に移ります。

wp-ban

赤枠の部分に、ブロックしたURLを入れてください。

これだけで先ほどのURLがブロックされ、

あなたのブログを訪れることが出来なくなります。

 

これにて外敵排除システム完了でございます。

 

まとめ:スパムはサイトのイメージもダウンする

さて、いかがでしたでしょうか。

せっかくあなたのブログが良質なコンテンツとデザインで

仕上げられているにも関わらず、スパムコメントがちょっと入るだけで

サイトイメージは著しくダウンします。

 

また、アクセスに関しても、

価値のない参照元から過剰なアクセスが来ると、

意図的なアクセスアップ対策と思われ、

サイト評価を下げてしまう原因にもなります。

 

そういった事態にならないためにも、

しっかりと不要なアクセスやスパムをブロックし、

正当な評価が得られる状態にしておくのがベストです。

 

それでは本日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

参考になりましたら、是非ともシェアしていただければ幸いです。

スパム

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。