【完全保存版!】WordPressって何?という初心者のために徹底解説してみた!

集客用のブログを作る場合、

断然WordPressがおすすめではありますが、

「一体WordPressってどういうものなの?」

とわからない方も多いと思います。

 

今回は、WordPress完全初心者に向けて

WordPressの基礎知識やメリット・デメリットまで、

徹底的にわかりやすく解説してみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

WordPressとは?

WordPressを簡単に言うと、

ブログを作成するためのシステムのことです。

2003年くらいからオープンソースのブログ作成システムとして

公開されました。

 

オープンソースがいまいちわからないと思いますが、

こんな意味です。

オープンソースとは?

オープンソースとは、人間が理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを広く一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方。 また、そのような考えに基づいて公開されたソフトウェアのこと。※IT用語辞典

つまりオープンソースのソフトウェアとは、

「一応ソフトウェアとして提供はするけど、

勝手にプログラムとかいじって良いよ~」

的な形で、

ユーザーがプログラムに改良を加えたり、

機能を追加したりできるように

すべてのプログラムをオープン(公開)にしているということです。

 

逆にプログラムを全くいじれないタイプは

クローズドソースと言われています。

クローズドソースclosed source)は、オープンソースの定義を満たさないライセンスに対して使用される語句である。一般に、プログラムバイナリのみが配布され、ソースコードへのアクセスが許可されていないことを意味する。

Wikipediaより引用

例えばマイクロソフトのWordとかエクセルって、

ソフト自体は使えるけど、

中身をいじることはできないですよね?

ああいった中身をいじれないタイプのソースを

クローズドソースと言います。

 

WordPressは常に最新型に進化している

WordPressは常に使ってる利用者のニーズに合わせて

ガンガンアップデート(最新版に更新)されるし、

仕様も変わります。

 

2003年から2016年に至る過程で、

度々アップデートされていて、

数カ月経つだけでも大幅に変化することもあります。

 

昔は単なるブログシステムだったんですが、

進化していく過程で単なるブログシステムではなく、

CMS(コンテンツマネジメントシステム)として

利用されるようになりました。

CMSとは?

ブログやサイトのコンテンツ(テキストや画像)

データを管理し、それらをウェブページとして表示させるシステム

※WordPressの歴史が知りたいマニアックな人はこちらの記事をどうぞ。

参考記事:

Movable TypeとWordPressの歴史

ワードプレスの歴史と現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック

 

WordPressは世界でも一番多く使われている

WordPressは世界でも圧倒的なシェア数を誇っていて、

世界中の25%以上のWEBサイトはWordPress

作られています(多分、今はもっとかも)。

こんなデータもあったり。

↓↓↓

WordPressshare

実際に色んなウェブサイトを見てみるとわかりますが、

WordPressで作られたサイトには『W』のロゴが付いています。

WordPressロゴ

右上にWordPressのロゴが出たサイトが

WordPressで作られたサイトです。

WordPressロゴ

最強のコンテンツマーケティングサイト、

バズ部さんもWordPress。

WordPressロゴ

SEO JAPANさんも。

このように多くのサイトがWordPressで使われていて、

WEBサイトやブログを作る上では

WordPressはかなりメジャーと言えます。

 

言うなれば、

「PCを買うならマックでしょ」

くらいのメジャー感です。

まあ、僕はウインドウズなんですけど。

 

尚、さっきの方法だと

WordPressでもロゴが表示されない場合もあるので、

ちゃんと調べたい場合は、

isitwpで調べることが出来ます。

調べたいURLを打ち込むだけでわかります。

どのサイトでも見れるので、

興味があったら調べてみてください。

 

WordPressでできること

WordPressを使えば、

世の中にあるウェブサイトやネットショップ、

お店のホームページでも何でも作ることができます。

 

ちょっと例を挙げてみましょう。

 

ネットショップ

FUNSIDE

FUNSIDEはジェルネイルのネットショップです。

メディアとしての記事も配信しつつ、ネイルの販売を行っています。

 

PLIQUA BOOK

PLIQUA

PLIQUA BOOKはファッション系の

オンラインショップで、

ブログ記事ではシチュエーション別のジャケットの選び方など、

ユーザーに役立つ情報を配信しながら、

パーティドレスなどの販売をしています。

 

オウンドメディア

オウンドメディア(自分、自社が所有するブログメディアのこと)にも

WordPressが数多く使われています。

 

クックパッド

クックパッド

クックパッドは料理に関する最新ニュースやレシピを取り上げるほか、

ユーザー同士で料理のレシピ動画や献立などを共有できるサービスもあります。

 

TABILABO

tabilabo

TABILABOは、

海外への旅を主軸にしたコンテンツの他、

人間関係やライフハックなど、総合的な情報配信をしています。

 

 

美的.com

美的.comはスキンケアやライフスタイル、

ヘア、ネイルなど、女性のキレイにかかわる

コンテンツを配信しています。

 

ニュースメディア

WIRED

WIRED

WIREDは海外のニュースや

最新テクノロジーなどの

情報を配信するサイトです。

 

東スポWeb

東スポウェブ

東スポWebはあんま言うことない。笑

 

ホームページ

SHIBUYA109

shibuya109

SHIBUYA109はまあ、知ってますよね。

あのマルキューです。

 

伏見稲荷神社

fusushimiinarijinja

伏見稲荷神社。神社もWEBサイトを持つ時代なんですねえ。

東京国立近代美術館

tokyokokuritsukindaibijutukan

東京国立近代美術館も。

てな感じで、

WordPressにはネットショップ、

オウンドメディア、ニュースサイトから個人ブログまで、

あらゆるタイプのWEBサイトに使われているわけです。

 

WordPressは無料ブログと何が違うの?

なんか『ブログ』と聞くと、

アメブロやはてなブログなどと

ごっちゃになって考えてしまう方も多いと思いますが、

 

実は全然違います。

ここでは無料ブログとWordPressの違いについて

しっかりと理解していきましょう。

 

無料ブログとは?

まず無料ブログとは何か?というと、

その名の通りで、アメブロやはてなブログ、

ライブドアブログなどの完全無料で使えるブログサービスのことです。

 

無料ブログは独自ドメインではなく、

サブドメインと言われるサイトアドレス(URL)を使っています。

独自ドメイン例:http://arata01.info/

=自分で運用しているので親のドメイン。

サブドメイン例:http://ameblo.jp/arata01.info/

アメブロが親ドメイン自分はサブドメイン

趣味などで運営している日記などのブログは

ほとんどこの無料ブログを使っているのがほとんどです。

 

無料ブログサービス一覧

一概に無料ブログサービスといえども、

かなり種類も数も豊富です。

 

ざっと探してみただけでも、、、

  • アメーバブログ
  • ライブドアブログ
  • はてなブログ
  • Seesaaブログ
  • FC2ブログ
  • goo!ブログ
  • Yahoo!ブログ
  • エキサイトブログ
  • Blogger
  • 忍者ブログ
  • ジュゲムブログ
  • ヤプログ
  • 楽天ブログ
  • LINEブログ

などなど、、、

数えればキリがありません。

 

また他にもニッチ(オタク)な

分野向けのブログサービスもあり、

この数はもはや初心者を

惑わそうとしている気がする今日この頃。

 

無料ブログでは絶対に解消できない5つのデメリットとは?

無料ブログは確かに完全無料で使える、

というメリットはありますが、

実はそれ以上に知らないと

絶対に損するデメリットが隠されています。

 

無料ブログを使って運営していく場合は、

これらのデメリットがあるということを頭に入れた上で

日々取り組んでいく必要があります。

 

勝手に広告を貼られる

アメブロ広告

※某アイドルのアメブロ記事下。勝手に広告が貼られてしまい外すことが出来ない。

アメブロやその他無料ブログでは、

あなたの意志に関係なく広告を貼られてしまいます。

基本的に無料ブログはテナントを借りているようなものなので、

自由な運営はできないようになっています。

 

カスタマイズに制限がある

SKE48

※SKE48のアメブロトップページ。完全に自由にカスタマイズはできないし広告も外せない。

無料ブログはある程度デザインが決まっており、

自由にプログラムを書き換えたり、

全く新しいデザインにすることはできません。

直接プログラムを書き換えること自体が

出来ないようになっています。

 

僕が一番いやなのはコレ。

なんでデザイン統一されなあかんねん。

 

親のドメインの影響をモロに受ける

無料ブログはサービス側が親で、

こちらはサブドメイン(子)を使っているので、

モロにその影響を受けます。

 

例えば、

あなたのブログがいくら

毎日良質な記事を書いていても、

親(サービス側本体)のドメイン評価が下落してしまったら、

あなたのブログもガタ落ちして、

検索エンジンの圏外に飛ばされる可能性もあるのです。

 

自社運営ではない以上、

母体の影響を良い意味でも悪い意味でも

受けてしまうのです。

 

サービス終了のリスクがある

無料ブログはサービスが急に終了してしまうと、

ブログのデータがすべて吹き飛ぶ可能性があります。

これもあなたの母体出ない以上、

親次第でブログの運命が決まってしまう場合もあります。

 

いきなりブログが削除される可能性がある

そしてこれが最悪レベルのデメリットです。

特にアメブロが多いのですが、

いきなり予告なくブログを全削除されることがあります。

バックアップを取っていなかったら、

完全に消え去ってしまうのです。

 

実際に知り合いのアメブロが削除されて

月収10万円が0になった事例もあるし、

100記事以上書いていたブログが跡形もなく

消え去った事例もある(これも知り合い…)ので、

無料ブログはホントにおすすめできません。

 

WordPressを使うメリット・デメリット

ではそんな無料ブログと比べて、

・WordPressはどんなメリット・デメリットがあるのか?

それぞれ挙げていきましょう。

 

WordPressを使うメリット5つ

ではまずはメリットから。

 

1.検索エンジンに有利!

WordPressは検索エンジンに有利と言われています。

 

特にWordPressを使ったから、

自動的に順位が上がるというわけではありませんが、

元々WordPressのデフォルトのデザインテンプレートは

SEOに配慮された作りになっていたりするので、

普通に何も気にせず使っている場合でも検索順位が上がりやすいです。

また、SEOに特化したテンプレートも

かなり多いのでそういった面でも〇です。

 

2.WordPressはSEOに強い!

WordPressはSEOに強いといわれています。

まあ、だから検索エンジンに有利なわけですが、

検索エンジンの生みの親であるGoogleも認めているくらいで、

GoogleのSEOの専門家であるマットカッツっていうおっさんは、

動画でこんなことを言っているそうです。

“WordPress is a great choice . WordPress takes care of 80-90% of (the mechanics of) Search Engine Optimization (SEO).”
Straight from Google: What You Need to Know

意訳:Wordpressは最適な選択です。WordPressはSEOの手法の80から90%を解決する作りです。

まあ、翻訳がホントはわかんないけど。笑

 

WordPressには機能を追加できるプラグインや

その他のカスタマイズも自由にできるので、

SEOに特化した作りにも変えやすいから、

とのことだそう。

 

自由にプログラムを改変できる

オープンソースの良いところですね!

3.インストールは一度覚えたらカンタン!

WordPressは最初こそ戸惑うと思いますが、

一度覚えてしまえば流れ作業のように出来るようになります。

しかもインストールの方法もほとんど考えずに出来るので、

慣れてしまえば1サイト30分もかからず作れるようになります。

 

4.情報源が豊富で、ググれば大抵出てくる!

WordPressは世界中で

一番多く使われているブログシステムなので、

何かわからないことがあれば、ググれば何でも出てきます。

 

例えば収益化を目指して

WordPressを使っているなら、

大抵似たような部分で悩んでいたりするので、

わからないところはすぐにググる癖をつけるといいですね。

 

5.プラグインを使って機能を追加することができる!

WordPressはプラグインを使わなければ

ただのブログシステムですが、

 

プラグインを使うことによって

お店の予約システムを導入したり、

問い合わせフォームを追加したり、

目次を追加したりと、

新しい機能を追加することができます。

これも他のブログシステムにはない機能ですね!!

 

WordPressを使うデメリット

さて、ここまで

WordPressのメリットをひたすら挙げていきましたが、

WordPressにはメリットだけではなく、

もちろんデメリットもあります。

 

1.固定費用がかかる

WordPressを利用するには固定費がかかります。

月額でいうと1500円~2000円程度を

毎月支払う必要があります。

(主にサーバー代)

 

2.専門用語がわからない場合がある

WordPressを使いたての頃は、

専門用語の説明文自体がわからず、

「ダッシュボード?」

「パーマリンク?」

「固定ページ?」

と、そもそもの用語がわからないので

ググり方もわからず、途方に暮れるパターンがありました。

 

初心者の時って、

説明よりも説明に使っている言葉自体が

わからないんですよね。僕はそこが一番苦労しました。

 

3.カスタマイズするにはスキルが必要

WordPressは一応初心者でも

一定レベルまでは作ることができますが、

もし自由にデザインや配置、

レイアウトを変えるとなると、

デザイン知識やスキルが必要になります。

 

デメリット=経費&スキル

さて、ここまででメリットと

デメリットを解説しましたが、

何事も良いものを使うためにはお金がかかるし、

スキルなどで頭一つ抜きんでるには

多少覚える知識や技術も多くなります

(だから収益化できる)。

 

これはどの分野でもそうなので、

もし技術的な面で時間をかけたくない場合は、

プロに教わってスピードを上げるか、

外注で依頼してしまうのが良いと思いますね。

 

WordPressは収益化を目指すなら使うべき

WordPressのメリット、

デメリットはそれぞれありますが、

結論から言うと、収益化をしたいならWordPressをおすすめします。

 

無料ブログはあくまでサービス側が

あなたにブログでアクセスをたくさん集めてもらい、

そのアクセスを使って広告費で儲けるために提供しています。

元々個人の商用目的のために作られてはいません。

 

一部ではブログサービス側から

認定を受けて広告を非表示にしたり、

商用利用が認められている場合もありますが、

 

そこまですごいなら

むしろWordPressを使った方がいいでしょって感じなので、

最終的にはWordPressですね。笑

 

WordPressを使うために必要なものと作業手順

WordPressを使うために必要なものとしては、

Xサーバーの契約方法(初心者向け)

ムームードメインの取得とXサーバーへの設定方法

WordPressのインストールと導入(初心者向け)

の3つになります。

 

記事を読んでいただければ

そのまま作業できるようになってるので、

ぜひ取り組んでみてください。

 

尚、WordPressの初期設定まで

全ての作業を行う場合はこちらの記事がおすすめです。

↓↓↓

WordPress初心者コンテンツを見てみる!

 

WordPressは最初だけ難しいですが、

それは慣れるまでの辛抱です。

わからないことはググりながら、

徐々に初心者の壁を壊していけるように

頑張ってみてくださいね!!

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!!


メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。