[初心者向け]Google Search Consoleの基礎知識と導入・設定方法

robot


どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

 

こちらの記事は、

独自ドメインを使った、

WordPressブログの立ち上げ方講座の

7回目となります。

 

こちらの講座は、

WordPressの初期設定について、

画像付きで詳しく解説していくというものです。

記事は単品でも読めるものになっておりますので、ご安心ください。

[カリキュラム一覧はこちら]

第1回目:Xサーバーの導入と設定方法

第2回目:ムームードメインの取得とXサーバーへの設定方法

第3回目:WordPressのインストールと導入

第4回目:WordPressの初期設定

第5回目:Googleアナリティクスの導入と活用法

第6回目:WordPressの無料テンプレート『Simplicity』の導入と設定

第7回目:Google Search Consoleの基礎知識と導入・設定方法

第8回目:WordPressプラグインのインストール

第9回目:『無料!』キーワード検索ツールの使い方

 

 

それではまずは、

第7回目の講座に入る前に、

前回の復習をしましょう。

 

 

第6回目は、

WordPressの無料テンプレート『Simplicity』の導入と設定

について解説をしていきました。

 

※まだ読んでいないという方は、

こちらから読んでください。

WordPressの無料テンプレート『Simplicity』の導入と設定(初心者向け)

 

 

この第6回目では、

WordPressのテンプレートの中でも

一位、二位を争うほど使いやすいと僕が勝手に言っている

・Simplicity

の導入と設定の仕方についてお伝えしていきました。

 

これであとは

テンプレートを自分なりにカスタマイズして、

あなた独自のデザインやレイアウトにしていくわけですね。

 

特にレイアウトというのは、

あなたのコンテンツをより楽しんでもらうために

必ず必要になりますので、

日々ブログの使いやすさ等をチェックして欲しいところ1

 

 

と、ここまでが前回の復習となります。

 

 

そして第7回目は、

あなたのブログをより人目に触れやすくするために必要な、

・Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

の導入と設定方法について解説していきます。

 

 

こちらは画像付きで

わかりやすく解説していきますので、

参考にしながら進めていってください。

 

 

それではいきましょう!

 

 

Google Search Consoleって何ですか?

ではまずは、

ツールの導入・設定方法に入る前に、

・そもそもGoogle Search Consoleとは何なのか?

という点について解説をしていきます。

 

これがわからないと、

イマイチどんな目的で使えばいいかわからないですからね。

まずはこのツールの目的をしっかり知るところから始めましょう。

 

 

ではまずはGoogleのサポートページを見てみましょう。

このサポートページによるとGoogle Search Consoleについて、

こんな説明がされています。

Google Search Console は、

Google検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、

管理できるGoogle の無料サービスです。

 

自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために

Search Console に登録する必要はありませんが、

登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、

検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

 

 

うん、全っ然わかんないですね。

 

 

いつも思うけど、ウィキさんとか辞典系とか、

Google神もそうだけど、そういう系のサポートページって

死ぬほどわかりにくいでですよね。

 

 

まあ、だからこそ僕らみたいな人間が

お役に立てるんだけども!

 

 

で、わからない方のために、

もうちょっとだけかみ砕いて説明すると、

 

Google search Consoleというのは、

・あなたのコンテンツがGoogleには

どう見えているのか?

を知ることが出来るツールです。

 

 

まあ検索ユーザーのためというよりも、

Googleクローラー(検索エンジンから情報を集めるロボット)に

いち早く情報を見つけてもらために必要なツールということですね。

 

 

振り分けるとこんな感じ。

・コンテンツ→検索ユーザーのため

・Googleアナリティクス→自分のため

・Google Search Console→グーグルのため

といったところかな。

 

まあ、相当色々はしょってて、

中級~上級レベルの人から見たらポカンだろうけど。笑

初心者の方はとりあえずこういう認識で良いと思います。

 

Google search Consoleは、完全にグーグルのため。

 

Googleからすれば、

「コンテンツは見つけたヤツしか

インデックスしないから、

頑張って見つけやすくしてくれ」

と。そういっているわけです。

 

「なんだと、この生意気なやつめ!!」

と言いたいところなのですが、、、そこは抑えましょう。

僕らは所詮、神々のもとで働く下民でしかないのですから。

 

bookstore

 

で、実際、あなたのコンテンツが

検索エンジン上にインデックスされるためには、

Googleクローラーにあなたのコンテンツを

見つけてもらうことが絶対条件となります。

 

 

もしクローラーがあなたのコンテンツを見つけられなければ

どんなに頑張って書いた記事だろうが、

良質なコンテンツだろうが表示されることはありません。

 

いくら良い本があっても

どこにも売ってなかったら認識すらされないのと一緒ですね。

まずは見つけてもらうことがスタートとなります。

 

 

インデックス

最初は毎記事こういう感じで、Googleに知らせるのが良いです。

とにかく報告、報告、報告!!

更新するたびに報告しまくりましょう。

 

 

Google search Consoleを使うことは、

『あなたのブログを見つけてもらう』

ための大きな第一歩となります。

 

ですので是非使い倒して、

Google先生に好かれるブログを

作っていってください。

 

 

というわけで、

なんとなーくおわかりいただけたでしょうか。

 

ちなみに検索エンジンの仕組みとか関することは、

こちらの記事がおすすめなので、

是非読んでみてください。

漫画で解説されててわかりやすいですよ。

ズバリ、検索で1位になる方法をこっそり教えてください!/グーグルの金谷武明さんに聞いてきた

 

 

 

Google Search Consoleの導入と設定方法

さて、前置きが長くなりましたが、、、

色々ザックリとお話ししたところでいよいよ、

・[初心者向け]Google Search Consoleの導入と設定方法

について画像付きで解説していきます!

 

 

 

それではまずは、

Google search Consoleの公式サイト

アクセスをして下さい。

 

サーチコンソール

『サーチコンソールにログイン』

をクリックします。

 

 

これがGoogle search Consoleの

トップ画面になります。

サーチコンソール

『プロパティを追加』をクリックしましょう。

 

 

ポップアップが出てきます。

サーチコンソール

赤枠のところにあなたのブログのURLを入れ、

次に進みましょう。

 

 

こちらの画面になります。

サーチコンソール

赤枠の『別の方法』をクリックしてください。

 

 

 

『別の方法』というところに切り替わります。

サーチコンソール

赤枠のタグを全てコピーしましょう。

あなたのブログにGoogle search Consoleを

設置するために必要なタグです。

 

 

コピーできたら、

あなたのWordPressブログにログインします。
サーチコンソール

 

 

WordPressのダッシュボードに飛びました。
サーチコンソール

『外観』→『テーマの編集』をクリックしましょう。

 

 

テーマの編集の画面になります。

こちらのタグの設置をしていきます。

サーチコンソール右側の中から、

『ヘッダー(header.php)』

という部分を探して、クリックしてください。

 

 

こちらが実際の

『ヘッダー(header.php)』

の画面です。

サーチコンソール

タグの中から『</head>』という部分を探し、

その上のスペースに先ほどコピーしたタブを張り付けてください。

※画面はすでに貼りつけた後です。

 

 

下のスクロールします。

サーチコンソール

ファイルを更新しましょう。

 

 

そしたらもう一度Google search Consoleの画面に戻ります。

サーチコンソール11

『確認する』をクリックし、

実際に反映されているか確認をしましょう。

 

 

こちらの画面になりました。

サーチコンソール

これでサーチコンソールの設定は完了です。

続行をクリックして実際の画面を見てみましょう。

 

 

こちらがトップ画面になります。
サーチコンソール

ここからさまざまはサーチコンソールの

機能を使うことが出来ます。

 

とはいえ、さまざまとか言っても

イマイチイメージがつかめていないので、

いくつか例使い方を見てみましょうか。

 

 

 

まずは『Fetch as Google』という機能です。

 

サーチコンソール15

『Fetch as Google』は、

特にブログの立ち上げの時期に重要な機能で、

あなたのコンテンツが検索エンジン上に

インデックスされるようにGoogleに申請をすることが出来ます。

 

 

先ほど、コンテンツを検索エンジンにインデックスさせるためには、

Googleクローラーに見つけてもらうことが条件だと言いましたが、

『Fetch as Google』

を使うことですぐにインデックスを要求出来るのです。

 

これは初期段階には非常にありがたい機能なので、

使うしかないですね!

 

 

 

 

では二つ目。

次は『検索アナリティクス』という機能を見てみましょう。

サーチコンソール

 

これは、

あなたのコンテンツの検索順位や

キーワード、クリック率など、

サイト改善に最重要なデータをたくさん見ることが出来ます。

 

ぶっちゃけこれを見るだけで、

コンテンツの方向性はわかってくると思います。

好まれるコンテンツが必然的にわかるので。

 

 

とまあ、ここら辺が

僕が普段から使う機能ですね。

 

これは一見地味に見えると思いますが、

集客やコンテンツ作りにこだわればこだわってくるほど

どんどんサーチコンソールの魅力がわかってくるので楽しくなります。

 

ですので、普段から少しでも改善作業に

使うようにするといいでしょう。

 

とまあ、

普段僕が使っている機能としては、

こんなもんになります。たぶん。

 

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

おそらくGoogle search Consoleは、

あまり最初の方は興味を持てないかもしれません。

 

 

だってなんか使い方難しいし、

どうやって役立つのかもわからないし、

Googleに好かれたからってイマイチ効果が良くわかりませんからね。

 

 

でも、僕が最近ブログをやってて思うのは、

結局アクセスを集めまくってる人達も、

やっていることは地味な作業がほとんどだったりします。

 

いきなり100レベルの事をやるのではなく、

1レベルを100回やっているという感じです。

そして気づけば20レベルになって30レベルになって、

100のことを同時にこなせるようになると。

 

 

なので、まずは地味な作業を徹底的に

やっていくのが大事!

だからそのためにも、

Google search Console、使ってくださいね!(営業くさい!笑)

 

 

それではこれで第7回目の講座、

・[初心者向け]Google Search Consoleの導入と設定方法

はこれにて終了となります。

 

大変お疲れさまでした。

 

 

何かわかりにくい点などがあれば、

いつでもメールやコメント等でご連絡くださいね。

matsu01@arata01.info

robot

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。