『知ること』と『考えること』の重要性とブログとの関係性

normal_ob_glasses

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

 

つい先ほどの話ですが、

僕のブログ集客コンサルティングを受けている方の

初回サポートが終わりました。

 

その方は僕の一番高額のコンサルティングを

受けていただいている方です。

基本的にも僕は二種類のコンサルティングコースを

ご用意しているのですが、高額なコースの場合、

相当キツイトレーニングが課せられます。(笑)

 

基本的に僕がブログビジネスで一番重要視しているのが、

・コンセプト

・テーマ

の二つです。

大前提のコンセプトがあって、

それからブログのテーマが決まる感じです。

そしてこれらはコンテンツとも連動しているので、

コンセプトとテーマがズレズレだと、

コンテンツも軸がズレます。

(逆にコンセプトとテーマがなくても、コンテンツの軸があれば問題ないのですが)

 

・コンセプト

 

・ブログテーマ

・コンテンツ

という感じで上からどんどん下がっていくようにすると、

非常にフィット感のあるビジネスをすることが出来ます。

 

もちろん、これらをしっかりとやろうとしたら、時間が必要です。

人によって一か月から三か月くらいは

リサーチしなければいけないこともあります。

 

が、僕のワークではこれを一日でやります。

ブログのコンセプト、テーマ、コンテンツプランニングまで、

8時間のワークの中でガッツリ。

超疲れるんですけど。(笑)

 

案の定、初日から鬼のような8時間トレーニングを実施し、

終わったあとは放心状態レベルになりました。笑

 

まあ、実際にはご飯休憩入れると7時間なんですが、

休憩時間以外はぶっ通しだったので、

ほぼほぼ通しでトレーニングをしていた感じです。

 

でも実際、これくらいやらないと

ブログのテーマってガッチリしないんですよね。

 

コンセプトやテーマって、

ブログの土台中の土台の部分ですし、

これからずっと使っていく文言になるので、

むしろ1日間で決めるとは何事だ、

ていうくらいなんです。

 

むしろ僕としては3日間くらいぶっ通しで

サポートしたいくらい。(笑)

しかも、これくらい重要なことなんだけど、

多くの人はこれすらやらない。

 

知ればわかるし、考えれば見えてくるのに、

それをやらないわけです。

 

 

で、それってなんでなのかなぁ、とずっと考えてたんですが、

最近、僕の中で答えが見えてきました。

というわけで、今日は

・『知る』と『考える』ということについて

書いていきたいと思います。

 

 

大前提として”人は知ろうとしないし、考えない”

normal_question2ものすごく大前提として

僕が人に物事を教えたりしてて思ったのは、

・人は知ろうとしないし考えない

ということです。

 

これはブログに関しても日々の生活に関してもそう。

世の中の出来事に関して積極的に知ろうとしないし、

考えようとしない人の方が多いです。

 

例えば本来、ブログを使って良質な情報を届けるためには、

色んな情報を知らなければならないし、

どう魅せるかを考えなければなりません。

 

『知る』ということはかなり重要です。

僕も普段は、最低15記事くらいは読むようにしてます。

15記事程度ならRSSで読んでいるだけなので、10分あれば終わります。

 

またその読んで記事の中から情報をチョイスして、

どう魅せるか?や

どう読ませるか?ということを

考えていきます。

 

じゃないと、適当にな記事では絶対に読ませることは出来ません。

僕はそんな神レベルのライティングスキルを持ってないし。笑

 

ただ、僕が初心者の方に話を聞く限りでは、

ほとんどの人がそういったリサーチを通して

『知る』

という行動を取っていないのです。

 

『知る』からこそズラして差別化が出来るし、

『考える』からこそいい記事が書けるにも関わらず、

ほとんどの人がそれをしない。

で、なぜなのか?ということをずっと考えていたのですが、

最近ようやくその理由がわかったんです。

 

 

『知る』という行為は、現実を目の当たりにするということ

なぜ『知る』方がブログでもビジネスでも

上手くいく可能性が高くなるのにやらないのか?というと、

 

 知ってしまうと、

 見たくない現実を目の当たりにするからです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

『知る』ということはいいことばかりではなく、

自分の知りたくない事実にまで目が届いてしまう。

だから、知ることを拒否しようとしている、というパターンが大半です。

 

多くの場合、自分にとって都合の部分は目をそむけます。

友達と喧嘩をした原因を友達に押し付けたり、

自分の悪い部分に気づかないふりをしたり、

彼女に振られたのを振った体にしたり。(笑)

 

現実を目の当たりにすると、

苦痛になる場合、自然と目を背けるわけです。

 

ちなみにこれは、

ジークムント・フロイトっていう

どっかの心理学者のおっさんも言っていることらしい。

人は不快な記憶を忘れることによって防衛できる。

精神分析学者ジークムント・フロイトの名言より引用

こういう感じです。

人間は自分にとって都合の悪い苦痛な記憶は

身を守るため、自動的に削除するように出来ているのです。

 

 

『考える』という行為は、脳みそにとって筋トレのようなもの

そしてまた人間は、

・考える

という行為も無意識に避けようとします。

 

何故かといったら、

人間にとって『考える』という行為は苦痛に当たるからです。

特に普段使っていない人が脳みそを動かすというのは、

運動していない身体に急激な運動をさせるようなものです。

 

つまり『考えること』は『筋トレ』

ほぼ同様の行為なのです。

 

 

これはトーマスエジソンという

おっさんが言っていた言葉ですが、

人間は思考する努力を省きたいために、

ありとあらゆる方便に頼ろうとする。

http://iyashitour.com/archives/20390/2

と言っています。

人間には考えないために全力を尽くす傾向があると、

エジソンは語っています。

つまり、人間は考えるという行為は、

無意識的に回避しようとする生き物なのです。

 

と考えると、人間の本質的には、

『知ること』も『考えること』も

本質的には苦痛な行為であると言えます。

 

 

 

だからこそ『知る人』と『考える人』が成功する

ただ、人はそれでも知らなくてはいけないし、

考えなくてはならないことがたくさんあります。

知らなきゃ損することもするし、

色んな不利益を被る可能性があるからです。

 

逆に言えば、

普段から自分の見たくない部分をしっかりと見てる人は、

成功しやすいタイプであると言えます。

 

 

 

色んな情報を知った上のコンテンツこそ、価値が生まれる

normal_eggs1例えば、ロクなリサーチもせずに

適当に作られたコンテンツを見るとイラッとしますが、

色んな情報を知ったうえで作られたコンテンツは、

それだけで価値が生まれます。

 

価値のあるコンテンツというのは、

他と違うコンテンツのことです。

 

色んな情報を見てリサーチをすることで、

価値あるコンテンツを生み出すことが出来るのです。

 

 

全力で考えたコンテンツこそ、オリジナリティが生まれる

また、そういった全力で考えたコンテンツには、

自然とオリジナリティが生まれます。

 

『オリジナル』と聞くと、

自分の個性とかそういうのを重視する傾向にありますが、

僕は個性なんて一ミリも意識したことありません。

ただ、周りと同じような記事だけは書きたくないから、

人よりも考えるだけです。

 

むしろ僕の場合は、

個性なんか考えずにただ全力で取り組んだ結果、

勝手に個性らしきものが形成されていきました。

 

自分で無理やり個性を作ろうとすると、

大抵は自分の良い部分だけを見せ、悪い部分は隠そうとします。

でも、こうするとどんどん自分らしさが失われてきて、

ウソで塗り固められた政治家の演説のような記事になります。

 

個性とはそういうものではなく、

自分の悪い部分まで全部含めて個性です。

 

これもフロイトが言っていた言葉ですが、

人間は自分のコンプレックスを除去しようとつとめるべきではなく、

それと調和を保つようにつとめるべきです。

出典フロイトの名言-petitjam

というように、

自分の悪い部分を排除するのではなく(ていうか出来ない)、

むしろそれらの要素を統合して上手くバランスを取ったほうが

人間としてはバランスが良いよっと言っているわけです。

 

つまり、素で良いんですよ、素で。

 

 

既知よりも未知な方にいこう

まあ、最終的に結論として言えるのは、

・あえて未知を選ぼうよ

ということです。

 

自分の元々知っていることだけを選択していくのは、

予定通りの出来事しか起きませんし、何よりつまらないです。

 

 

それよりも、

意図的に外れた道を選択したほうが、

世界も広がるし、僕ならブログのコンテンツも

どんどん面白くなっていきます。

 

僕はブログを武器にしていますが、

身体のことも勉強するし、パチスロもたまにやるし、

マンガもしょっちゅう読みます(人としてダメなやつばっかりw)。

 

でも、だからこそ自分の世界が広がるし、

面白いコンテンツが書けるようになるわけです。

 

『知ること』と『考えること』はセットなので、

意図的にそういった環境に飛び込んでいくのもかもですね。

まあ、ブログに関する正しい価値観を手に入れるなら、

僕のメルマガに登録してもらえば大抵手に入ると思いますので、ぜひぜひ。笑

『個人が0から稼ぐブログ集客術』

 

それではこの辺で。

normal_ob_glasses

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。