SEOに強いブログを作る方法!3日でアクセスを2.2倍に上げた3つの手順

gf01a201503202100 (1)

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

いきなりですが、こちらのアクセス解析をご覧ください。

analytick

これはスマホで撮ったアクセス解析なのですが、

実は昨日、ブログの方に”ある仕掛け”をしたところ、

急激にアクセスが流れ込んできて、最終的に2.2倍程度伸びました。

 

・3日前:260PV

・今日:564PV

 

正直、いきなりだったのでちょっとびっくりしました。笑

だってコレ、完璧に手間が掛かってないから。

作業は一時間程度で終わるレベルですし、

今あるものを形を変えただけなので、実質何もしてません。

 

 

で、ブログをそこそこ書いている人であれば、

この手法は全員使えると思います。

マジでその日の内に結果が出るので、あなたもぜひやってみくださいね。

 

[あなたは大丈夫?]SEOに弱いブログの3つの特徴

それではまずは、ブログのSEOを強くするための概要に入る前に、

・SEOに弱いブログの3つの特徴

について説明していきます。

 

多くの人はこれがわかってなくて、

読まれない記事を量産してしまったり、

せっかく作った記事が全然アクセスを集めてくれなかったりします。

 

これを読んで、自分のブログが

当てはまっていないかどうかを確認しましょう。

 

1.ブログ記事が時系列に並んでいる(だけ)

まず一つ目は、

・ブログ記事が時系列に並んでいるだけ

ということです。

時系列に並んでいるだけというのは、

全く仕組みにフォーカスせず、ただ毎日を書いている状態。

実はこれっていくら書いてもSEOに強くなりにくいんです。

 

いや、多少はなるんですけど、せっかくのコンテンツを

十分に活かしきれてない可能性大です。

もしあなたが毎日記事を書いていて、

50、100、150記事と増えてるのにアクセスが少ないとしたら、

この可能性を疑った方がいいかもしれません。

 

2.記事がカテゴリー分けされていない、もしくは少ない

そして二つ目は、

・記事がカテゴリー分けされていない、もしくは少ない

ということ。

 

 

カテゴリーというのは、いわゆるコレです。

カテゴリー

カテゴリーというのは要するにジャンルや分野のことです。

で、ブログ内では、こういったジャンル別にカテゴリー分けすることで、

情報が探しやすくなるし、

読み手も『ああ、こういうブログなんだな』と、

ジャンルや情報の種類を認識しやすくなります。

 

割とカテゴリーって適当に作る人も多いんですけど、

ココ、意外とユーザーには見られてるので、

よくわからないカテゴリー分けしてると、

あなたのブログの評価を下げることにもなりかねないんです。

なので、地味だけど結構大事です。

 

ヘッダーメニューが死んでる

そして次は、

・ヘッダーメニューが死んでる

ということです。

 

ヘッダーメニューっていうのは、こういうやつのことです。

ヘッダーメニュー

PC版だとこういう感じ。

 

ちなみにスマホだとこうなります。

スマホ

この右上についてる三本線みたいなやつを押すと

メニューが出てきます。

 

で、これが死んでる人が結構多いです。

死んでるっていうのは単にメニューがないとかではなくて、

カテゴリーがめちゃくちゃとか、明らかに適当に作ってる人が多いってことです。

 

でも、実はカテゴリーやメニューを適当に作ると、

それは全て読者に伝わってしまいます。

読み手もそこまでバカじゃないので、

手抜きをした時っていうのは何となくわかるんです。

 

そして、一度手抜きをしたってバレちゃうと、

二度とブログを読みに来てくれなかったりするんです。たぶん。

 

基本的にブログはデザインとか配置とか、

メニューも含めて全部見られてると思った方が良いです。

 

じゃないと、髪型はバッチリ決まってるのに、

スウェットでデートしてる人みたいになっちゃう。

あるいは前髪が決まってるのに後ろ側がぺちゃんこになってる奴みたいな。笑

高校の頃ってそういう奴よくいたなぁ(何の話?)。

 

で、話を戻すと、SEOに弱いブログの特徴としては主に、

1.ブログ記事が時系列に並んでいる(だけ)

2.カテゴリー分けされていない

3.ヘッダーメニューが死んでる

という3つに分かれるということです。

まあ、正確にはもっとたくさんあるんですが、

ブログ内部の問題としてはおおまかにこんな感じかな~と言ったところです。

 

 

一番の問題点は”過去の記事が読まれない”ということ

で、さっきのカテゴリー分けしてないとかメニューが死んでるとか、

時系列に並べていると何が良くないのかっていうと、

過去記事が読まれないってことなんですよね。

 

例えば、相手の立場に立ってみればわかるんですが、

他人のブログ記事を過去まで全部さかのぼって見たりしますか?

 

とりあえずその人のブログを端から端までひたすら見て、全部の記事を読み切る。

 

たぶん、しないですよね。笑

 

そう、他人のブログって実はほとんど読まないんです。

ほとんどの人は人気記事を読んだり、

メニューから気になるカテゴリーをさらっと読む程度です。

 

つまり、人は思っている以上に読まないし、

行動してくれないんです。

だから「きっと読んでくれるだろう」なんて楽観的観測じゃ絶対ダメ。

 

確実に訪問者に読んでもらえるように記事を書いて、

記事が増えてきたら全部読ませるための仕組みを作る。

でなければ、ブログのSEOは強くなっていきません。

 

その辺りを意識した上で、SEOに取り組むと、

今よりいい感じにアクセスも上がっていきそうな感じがするわけです。

※なーんて難しそうなことを言いつつも、なんだかんだ良い記事を量産すればアクセスは増えます。

ただ、仕組み化すればもっともっと増えるという話です。

 

 

SEOを強くするために必要な3つの要素

ではそういった点を踏まえたうえで、

次はSEOを強くするために必要な3つの要素って何なのか?について、

解説をしていきます。

 

僕が今回SEOの実験をして、

ものすごく大事だと思ったのは3つほどあって、

 1.情報を探しやすくする

 2.情報を読みやすくする

 3.次の情報に進みやすくする

ということです。

ものすごくざっくりと言ったので

イマイチピンと来ないかもしれませんが、マジでコレです。

では、一つ一つ説明していきましょう。

 

 

 1.情報を探しやすくする

まずは1つめは、

・情報を探しやすくする

ということです。

 

『情報を探しやすくする』というのはつまり、

読者が求めている情報を出来る限り迷わず、

最短の労力(スクロールやクリック数)で辿り付けるようにするということです。

 

例えば、僕ブログの訪問数(ユーザー数)に対するPV(閲覧数)は2.2PV程度ですが

これは多くの訪問者が3クリック以内にサイトを離脱している、ということでもあります。

 

 

つまり、

読者が一人来ると、平均2.2ページくらい見る

=3ページ目を見る確率は低い

=2ページまでに求めている記事がなければ、

何も読まずに離脱してしまう。

ということなんです(これも後ほどテコ入れが必要)。

 

そう考えると、

やはりユーザーが求めている情報は、

最低でも1クリック以内に出てくるように

努めなければいけないということですね。

 

 2.情報を読みやすくする

そして二つ目は、

・情報を読みやすくする

ということです。

 

情報を読みやすくするというのは当たり前ですが、

意外に出来ていない人が多いように感じます。

 

例えばアイキャッチ画像を付けてないとか、

付けてても内容と全然関連性がなかったりとか、

記事に全く改行がなかったりとか、専門用語バリバリ

何がなんだかわからなかったりとか、

とにかく読みづらいブログはたくさんあります。

 

もちろん、それを専門にしているならそれはアリです。

Web担当者フォーラムさんとかはまさにそういう感じだしね。

 

ただ、もし一般向けに書いているのに、

無自覚で専門用語ばかりの記事を書いているしたら、

それは確実に見直しが必要だということです。

 

 

 3.次の情報に進みやすくする

そして三つ目は、

・次の情報に進みやすくする

ということです。

 

例えば、あなたがブログ記事を読んでいて、

読んだ後に「読んでよかった!」と思ったとしたら、

関連するジャンルの記事も読みたいですよね?

 

そしてそんなときに

関連記事や同ジャンルの記事がおいてあれば、

きっとそのまま次の記事へ読み進めるはずです。

 

つまり、次の情報に進みやすくするというのは、

『もっと読みたい!』と思ったタイミングで、

次の記事を用意しておけばいいということです。

 

それも「よろしければこちらもお読みください!」ではなく、

「へーえ。読まなくていいんだ?へーえ。」くらいのコンテンツを。

そのくらい自信がある記事を作り上げていくと、

ブログも好きになるし、やってて楽しくなってきます。

 

まとめると、SEOを強くするために必要な要素は、

1.情報を探しやすくする

2.情報を読みやすくする

3.次の情報に進みやすくする

ということです。

この3つを徹底的に守っていけば、確実に成果は上がってくると思います。

 

 

今すぐできる、SEOを強くするため3つの作業手順

ではいよいよ僕が今回使った

・SEOを強くするための3つの手順について

解説していきます。

 

僕が今回行ったのは、下記の3つです。

主に、

1.特定のカテゴリーコンテンツの充実

2.固定ページにカリキュラムコンテンツを作成

3.ヘッダーメニューに固定ページを貼り付ける

の三段階で作業を行いました。

 

全ての作業を解説しますので、

そのままやっていただければアクセスは

確実に増えると思います。

 

少々、手間がかかるとは思いますが、

100%効果の出る方法なので是非やってみてください。

 

1.特定のカテゴリーコンテンツの充実

ではまず僕が一つ目に行った作業は、

・特定のカテゴリーコンテンツを充実させる

ということです。

 

特定のカテゴリーというのは例えば、

僕で言うなら、

・WordPress→プラグイン

とか

・ブログ→集客

とかのカテゴリーのことです。

 

他には例えば健康系のジャンルだったら、

・ダイエット食

とか

・ダイエット系飲料

とか、要するにある一定の特定のカテゴリーのこと。

これらのコンテンツを充実させるということで、

訪問したユーザーが満足するカテゴリーになります。

 

 

で、僕が今回コンテンツを充実させようと考えたのは、

・プラグイン

のカテゴリーです。

 

実はプラグインに関しては、以前から充実させようと考えていたのですが、

中々時間が取れず、、、と言い訳ばかりしていました。笑

 

が、そんなことも言ってられない、ということで、

今回はプラグインをひたすら充実させようと考えたのでございます。

そのせいで、最近の記事がプラグインの解説だらけになりました。笑

ダウンロード

とまあ、こんな感じでプラグインに関するコンテンツを

ガンガン増やしていったのでございます。

 

そういえば久々にこんなに毎日コンテンツ作ったなーと思います。

それだけですごく反応が大きかったので、やっぱり毎日更新するって大事ですね。

 

 

2.固定ページにカリキュラムコンテンツを作成

で次の作業が、

・固定ページにカリキュラムコンテンツを作成する

ということです。

 

これはどういうことかっていうと、

今まで作り上げてきたプラグインのコンテンツをまとめて、

カリキュラム風のページを作るということです。

こんな感じ。

9

こんな感じで、ただの時系列ではなく、

コンテンツをカリキュラム風に作成することで、

ユーザーが探す手間も省け、まとまった情報を提供することが

出来るようになりました。

 

基本的にユーザーは面倒くさがりです。

あなたのブログを隅々まで見渡して、

コンテンツをチェックするような人はいません。

いるとしたらたぶん、リサーチです。笑

 

ちゃんとブログの記事を隅々まで読んでもらうためには、

一工夫、二工夫は必要になるので、今から紹介する手順を使って、

少しでもユーザーに色んな記事を読ませられる環境を整えましょう。

 

コンテンツ作成手順

それではいよいよ、実際の3つの作業手順に入ります。

まずは『固定ページ』の『新規追加』画面に入ってください。

固定ページ

固定ページの新規追加画面になりました。

 

そしたら、何でもいいので文字を打ちます。

固定ページ2

文字を打ち込んだら、その文字列をドラッグして、

赤枠のリンクのマークをクリックしてください。

固定ページ3

すると、こんなマークが出てきます(WordPressのバージョンによっては違うものが出てきます)。

次に歯車のマークがあるので、そちらをクリックしましょう。

固定ページ4

ダイアログボックスが出てきました。

ここに挿入したい記事をクリックして、

URLとタイトルをそれぞれ挿入してください。

タイトルを1クリックすればURLとタイトルを挿入することが出来ます。

 

実際に挿入した画面がこちらです。

固定ページ5

こちらが実際にURLとリンクが挿入された状態です。

今回は『TinyMCEAdvanced』のリンクを挿入してみました。

 

タイトルとURLが挿入されたら『リンク追加』を押します。

固定ページ6

無事、挿入されました。

基本的には、こんな感じで作業を進めていきます。

 

そしてこれが、僕が実際に作り上げたやつです。

0

こんな感じで、読者が簡単に情報がたどれるように、

カリキュラムを作成していきました。

 

全てのリンクを貼り終えたら、

最後にタイトルを付けて公開ボタンを押して固定ページを公開すればOKです。

※尚、僕の場合は固定ページは1カラム(サイドバーなし)になってますが、

そこらへんは任意なので、特にそうする必要はありません。

 

出来上がった固定ページはこんな感じです。

01

これ、見た目はそこそこですが、

本当に手間掛かってないです。笑

 

たぶん、作るの30分くらいとか、それくらい。

でも、反応はめちゃくちゃいいので、みんなも求めてたんだろうな~と思いますね。

 

そして、ただリンクを貼るだけだと不親切かと思い、

記事もある程度順序だててみました。

こんな感じです。

・冒頭文

・見出し2

カリキュラムコンテンツ

・見出し2

カリキュラムコンテンツ

・見出し2

カリキュラムコンテンツ

・締めの文章

まあ、こちらも手探りな感じではありますが、

基本はこんな感じで作成していけば良いのではと思います。

 

こちらのコンテンツ作りで一番やりやすいのは、

初心者用に学べるコンテンツを用意するのが

カンタンなのでは?といったところですね。

 

3.ヘッダーメニューに固定ページを貼り付ける

そして次に行った作業は、

・ヘッダーメニューに固定ページを貼り付ける

ということです。

 

ヘッダーメニューというのはこういう奴のことです。

2

ここに固定ページを貼り付けることで、

メニューバーに先ほど作ったカリキュラムコンテンツを

リンクさせることが出来ます。

 

実際に僕のヘッダーメニューを開いてみるとわかるので、

クリックしてみましょう。

2

ヘッダーメニューをクリックすると、、、

 

3

カリキュラムコンテンツが表示されました。

こんな感じで、訪問者がすぐにカリキュラムに進めるように、

ヘッダーメニューに固定ページを貼りつけてみました。

 

今回はそのやり方をレクチャーしたいと思います。

 

ではまずは、

WordPress管理画面の『外観』から『メニュー』

進んでください。

10

こちらがヘッダーメニューの作成画面です。

よくあるサイト上部のメニューの大半はここで作られています。

ではここで先ほど作った固定ページを使ってメニューを作成してみましょう。

 

まずは画面の左側にあるメニューの一覧から、

『固定ページ』をクリックしてください。

 

すると、固定ページの欄が開きます。

100

 

111

ココに先ほど作った固定ページにチェックを入れて、

『メニューに追加』を押しましょう。

これでメニューが追加されます。

 

1111

次はメニューの詳細を入力していきます。

13

ここに、

・ナビゲーションラベル(メニュ名ー)

・タイトルの属性(特に必要なし)

・説明(ローマ字のラベル名を入れる)

という流れで入力していきましょう。

ラベル名は何度でも編集が可能なので、特に迷う必要はありません。

ささっと入力して次に進むようにしてください。

そして入力が終わったら、右下のメニューで保存しましょう。

 

保存が終わったら実際の表示をチェックしていきます。

2

ちゃんとメニューが表示されているかチェックをしましょう。

 

まあ、僕の場合は最初から入れてあるので、

これを読んでるあなたは、自分で入れたメニューが表示されているかどうかを

確認してください。

 

OKであれば、メニューをクリックしてページを確認します。

3

こんな感じで表示がされています。

無事、表示されていればOKです。

 

こんな感じでカリキュラムを組んであげると、

ユーザーも喜ぶし、アクセスも増えるので一石二鳥かな~と思います。

 

それでは作業、お疲れ様でした。

 

大事なのは”全部読ませる仕組み”を作ること

さて、いかがでしたでしょうか。

おそらくこの工程は、コンテンツがある程度溜まってきたら

だれもが必要になる作業だと思います。

 

記事は、数が増えてくれば増えてくるほど、

より届くような仕組みを作っていく必要があります。

 

最初はがむしゃらにやっていたとしても、

需要が増えれば増えるほど、がむしゃらにやるだけでは

抜けられない段階に入るんです。

僕も今ではコンテンツの作り方が大分変ってきましたしね。

 

この作業はあなたが次のステージに進むためにも、

ユーザーにとって最適な環境づくりのためにも必須な作業なので、

もし、

・アクセスの増加(僕の場合は2.2倍に増加)

・収益(僕の場合はリストの獲得)

・満足度(ユーザーの回遊率が上がった)

という至れり尽くせりな結果(意味おかしい?笑)を手に入れたいという人は試してみてください。

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。