サイトマップを自動生成できる『PS Auto Sitemap』の設定方法と”シャレた”使い方

psautositemap

どうも、まつです。

 

WordPressをしばらく運営していると、

記事が少しずつ溜まってきて、ごちゃごちゃになってきますよね。

 

もちろん、記事が増える=コンテンツが増えるわけなので、

基本的にはいいことづくめなんですが、

その分ブログ内が整理されていないと、

せっかくユーザーが遊びに来てくれたのに

記事が探しにくくなってしまいます。

 

そんなときに、めちゃ役に立つプラグインがPs Sitemap。

Ps AutoSitemapを使えば、サイトの目次を一覧表示してくれ、

ユーザーが情報を探しやすくなります。

そしてユーザーが情報を探しやすくなるということは、

自然とアクセスも増えるし、ブログのことを好きになってくれる確率も上がるということ。

正にいいことづくめです。

 

今回はそんな超絶便利なプラグイン

・Ps AutoSitemap

の設定方法や、その他使い方についてレクチャーしていきますので、

ぜひぜひ使ってみてください。

 

面倒なサイトマップの生成を全部解決!

ではまずはサイトマップを作ると何が良いのか?

という点を改めて確認をしていきましょう。

 

そもそもサイトマップを知らない人のために説明しておくと、

こういう奴です。

見たことないですか?こういうの。

サイトマップ

これがサイトマップです。

 

固定ページとかにこういうページを作ることによって、

ユーザーはコンテンツを見つけやすくなりますし、

 

また、僕らも自分のサイトマップをぱっと見た時に、

「あ、このカテゴリー少ないな」とか

「ここらへん、充実させたいな」とか

その辺がわかるようになります。

つまり、ユーザーも僕ら運営者も情報が整理しやすくなるのです。

 

主なメリットはこの辺りです。

 

しかも使い方はショートコードを貼り付けるだけで、

後は完全自動でやってくれますし、

ボタン一つでデザインも変えられるので、

ブログのテーマに合わせてオシャレなデザインに変えたりと、

柔軟性も非常に高いです。

機能性もデザインも兼ね備えているとなれば、

使わない手はありません。

 

サイトマップはSEO的にも有利!

また、基本的にサイトマップを作ってあるサイトは、

SEO的にも有利になります。

※ちなみにサイトマップは二種類ありますが、

もう一つの方のサイトマップの生成方法に関してはこちらの記事をご覧ください。

Google XML Sitemapsのインストールと設定方法

 

なんでかっていうと、

サイトマップを生成して回遊率が上がることによって、

滞在時間(ブログとかに滞在している時間)やページビューも改善されるし、

Googleのクローラー(ネットを巡回しているGoogleの情報収集屋さん)も認識しやすくなるので、

つまりはインデックスに有利になるわけです。

要は付けた方が絶対いいってこと。笑

 

なので、ぜひつけましょう。

 

 

 

Ps AutoSitemapのインストール・設定方法

それでは長々と話が伸びましたが、

いよいよレクチャーに入ります。

 

ではまずはWordPressの管理画面から、

『プラグイン』→『新規追加』画面に進みましょう。

PS Auto Sitemap

『Ps Auto Sitemap』と打ち込んてエンターキーを押します。

この時、スペルが間違っていると認識されないので注意してください。

 

検索すると、Ps AutoSitemapが出てきました。

PS Auto Sitemap2

『今すぐインストール』をクリックしてインストールしてください。

 

無事、インストールされました。

PS Auto Sitemap3

『プラグインを有効化』をクリックしましょう。

これでプラグインが使えるようになります。

 

そしたら、次に進みましょう。

Ps Auto Sitemap4

そして次はダッシュボードの『設定』にカーソルを合わせて、

先ほどインストールした『Ps Auto Sitemap』をクリックしてください。

 

こちらが設定画面になります。

では上から順番に説明していきます。

Ps Auto Sitemap5

ここで出てくる項目については、

・ホームページの出力:ブログタイトルのテキストリンクを生成するか?

・投稿リストの出力:投稿ページのテキストリンクを生成するか?

・固定ページリストの出力:固定ページのテキストリンクを生成するか?

という意味です。

 

つまり、サイトマップにブログタイトルのリンクを載せるか?とか、

そういう意味です。

もし、わからない人は若干勉強不足過ぎるかもです。

もうちょっとふだんからググって勉強してください。

 

で、ちなみに僕はチェックを入れているので、

ブログのタイトルのリンクが表示されています(自己満の極みってやつです)。

 

ここらへんは任意なので、

もし不要であれば外しても大丈夫です。

よくわからない場合は僕と一緒の設定にしてみてください。

 

では次です。

Ps Auto Sitemap6

こちらの項目は、

・サイトマップを表示する記事:サイトマップを表示するのに必要な項目。後ほど紹介。

・出力階層制限:もし記事カテゴリーを「何階層まで表示するのか?」を設定することが出来る。

全部の記事を表示した場合は『制限なし』に設定する。

・先に出力するリスト:投稿ページ、固定ページ、どちらのサイトマップを先に表示するか?を設定する。完全に好み。

・カテゴリーと投稿の表示:同マップ内で表示をするか、投稿を分割で表示するか?を設定する。

特にこだわりがなければ『同一マップ内』にチェックを入れればOK。

 

となります。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、

しっかり読み込めばわかってくるので、

ノートにでも取りながらじっくり理解してください。

どうしてもわからない場合は無理に覚える必要もないので飛ばしてOKです。

 

設定が終わったら、次に進みましょう。

Ps Auto Sitemap7

こちらは、

・除外カテゴリ&除外記事:サイトマップの載せたくない記事やカテゴリを設定することが出来る

・スタイルの変更:サイトマップのデザインを変更することが出来る。デフォルトのほかに13種類のデザインがある。

・キャッシュの仕様:基本的に外しておく。

となります。

 

全ての設定が終わったら必ず『変更を保存』をクリックして保存してください。

保存をしないと反映されないので注意しましょう。

 

保存が終わったら、下の方にある

サイトマップのショートコードを『Ctrl+C』でコピーをします。

Ps Auto Sitemap8

ショートコードは「2.」のところにある、

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

という部分です。これを丸ごとコピーをしてください。

 

コピーをしたら固定ページでサイトマップを作成するので、

『固定ページの新規追加』画面に飛びましょう。

Ps Sitemap9

尚、この時に投稿画面の右上が『ビジュアル』エディタになっていると思いますが、

これを『テキスト』エディタに変えてください。

これで先ほどコピーしたショートコードが使えるようになります。

 

では、実際に投稿画面に『Ctrl+V』で貼りつけてください。

Ps Auto Sitemap10

こんな感じでOKです。

貼りつけたら、固定ページのタイトルを『サイトマップ」にして、

記事を公開してください。

 

固定ページの公開が完了したら、

そのままの画面で、URLを確認します。

サイトマップID

URLの中にある『http://~~post=747&action=edit』

747』の部分を『Ctrl+C』コピーしましょう。

 

コピーをしたら、

もう一度Ps AutoSitemapの設定画面にいきます。

Ps Auto Sitemap12

ここの

・サイトマップを表示する記事

の部分に先ほどコピーした数字を『Ctrl+V』で貼りつけてください。

貼りつけたら保存でOKです。

これで固定ページにサイトマップが表示されるようになります。

 

これでインストール、設定が完了です。

作業お疲れ様でした。

 

サイトマップのスタイル一覧

また、PS AutoSitemapでは、

サイトマップの表示スタイルを変えることも可能です。

 

今回は、僕が使っているハミングバードというテーマで、

表示がどうなるか?を検証してみたので、ぜひご覧ください。

(文字化け多めです笑)

 

シンプル

シンプル

うーん、完全に文字が潰れてます。

これではいかん。。。

 

シンプル2

シンプル2非常にシンプル。

 

チェックリスト

チェックリスト

基本的にはこういうシンプルなやつでいいのかも。

 

蛍光ペン

蛍光ペン

蛍光ペンで塗りつぶし。ちょっとネットビジネスっぽい。笑

一見目立つように感じますが、意外に全部塗りつぶされていると、

逆に目立たないような感じもするんだよな~。

 

ドキュメントツリー

ドキュメントツリー

これは元々のハミングバードの設定のためか、

うまく表示してくれません。

たぶん、コードをいじればなんとかなると思いますが、

僕はプログラム出来ないので、なんともならないですね。

 

音符

音符

音楽の音符です。

完全に箇条書きの点と被ってるので、何が何だかわかりません。

これも多分CSSとか書き換えないと無理そうです。

 

付箋

付箋

付箋ぽい感じに出来ます。

これは色合いもスッキリしてていいかもしれません。

個人的にはおすすめです。

 

ビジネス

ビジネス

これも思いっきり被ってる。。。

このままだとちょい厳しいですね。

 

索引

索引

索引は、本の見出しのような感じに出来るやつなんですが、

やはりこれもハミングバードと相性が悪いのか、ちょいバグってます。

 

 

アーバン

アーバン

これも被り気味。

上手くまとまってて結構好きなんだけど、

ハミングじゃこうなってしまうようです。

 

アンダースコア

アンダースコア

さっきのアーバンに下線を付けたようなデザインです。

これは好みで決める感じになりそう。

 

キューブ

キューブ

そして最後はキューブです。

おそらく箇条書きのところがキューブになってるんだと思いますが、

ハミングだとやはり表示できないっぽいです。

 

とまあ、ちょっとバグが多めでしたが、、、

 

このサイトパップのデザインは全部で13種類あるので、

それぞれ好みのデザインでサイトマップを作ってみるのが

良いと思います。

 

 

コンテンツが増えたら、仕組み化を考えていきましょう

さて、いかがでしたでしょうか。

サイトマップは比較的簡単ですし、

設定さえすれば放置でOKなので、初心者にも扱いやすいものとなっています。

 

ただ、最後に僕が伝えたい事としては、

ただ単に『サイトマップを作った方がいいよ』ということではなく、

ちゃんと良いコンテンツを作ってる人こそ

どんどん仕組み化していった方がいいよってことです。

 

サイトマップのみならず、

良いコンテンツは色んな人に広めたほうがいいものです。

 

広めるっいうのは例えば、

内部リンクをつないで、過去記事もたくさん読んでもらえるようにするとか、

各SNSやメルマガにしっかり露出をして、

色んな人に見てもらえるような流れを作るとか、です。

 

だっていいものは絶対広めた方がいいわけだし、

それによって人生救われる人がいたりもするわけなので、

特に”ちゃんと”やってる人ほど”ちゃんと”コンテンツを広めて欲しいと思います。

 

完全に個人的な意見ですが、

いいコンテンツを作る人って実は少なかったりするので、

最後に書いてみました。

 

それでは、本日はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。c

psautositemap

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。