なぜ、”靴下”と”記憶”はすぐなくなるのか?

なぜ、靴下は記憶は消えてしまうのか?

どうも、こんばんは、ブログ専門の集客屋まつです。

 

※先に言っておきますが、本日のテーマは、

・なぜ、靴下と記憶はすぐなくなるのか?

です。集客については一切書きませんので、みたい人だけ読んでください。

 

今日は一日フリーで、特に大きな仕事も打ち合わせもなかったので、

久々に服でも買いに行こうと新宿へ行きました。

※僕はたいていフリーの日は新宿にいます。

特に最近は、西新宿のルノアールとかその辺のカフェにいるので、

連絡をして会おうと言ってくれれば会えます。仕事しかしないけど。

 

で、とにかく最近は服を全く買わずにいたんですが、

数年も買っていないと、さすがに着ている服に飽き飽きしてきたので、

とりあえず新宿にあるお店にかたっぱしから入っていきました。

 

新宿の南口を出てすぐに見えた、

GAPからアディダスオリジナルスタイルス、

コムサ、SHIPS、駅ナカビルの色々、ユニクロからGUまで、

片っ端から目に入るお店に全部入店。

 

とりあえず僕にはファッションセンスなんてひとかけらもないと思ってるので、

入店したらすぐに店員さんの格好といくつかマネキンを見て、

流行っているであろう服装をチェックします。自分で良いのなんか探そうとはしません。

これはどこの店に行ってもやるのですが、

自分のセンスなんて全く信じてないので、周りを観察して雰囲気とか正しさとか、

そういうのを学んでいきます。ファッションとか素人なわけですし。

 

で、そんなんして探している内に大体のリサーチ(!?)は完了。

そこにはストリート感あふれるTシャツや、上下揃った洒落乙なジャージ。

ロゴ丸出しのブランドやら、いい感じに権威が身に付きそうなスーツ風のやつ。

また、カジュアルな感じや革ジャンでびしっと決まってるのも色々あったんですが、

色々見たけど結局なんにも買いませんでした。

 

色々見といていうのもなんですが、あんまりいいのなかったんですよね。。。

 

率直な感想としては、今のブランドものとか見てても、

なんか安全パイばっかり切ってる気がしてあんまりワクワクしませんでした。

なんか、そういう新しいデザインに踏み込んでいるブランドって意外に少ないかもって思う。

僕が求めているのはなんかこう、、、冒険心丸出しの今までにないものなんですよね。

 

僕の性格的にもそういうのが良いのです。

狂気じみたデザインのこだわりとか、そういうのがいいんですよね、ブランドって。

相当キモイくらいの情熱とこだわりがないと僕は着たくない。

 

と、日本に住んでいる僕が言うのもなんですが、

やはり買い物をするならものすごく納得がいくものを買いたいんですよね。

誰もきてなくて、かつ新しく、オリジナリティあふれるデザインが良いと思うので。

 

というわけで、そろそろ日本で買うのは止めて、

今後は海外で買うことにしようかなーって思ってます。

 

実は服に関しては、日本よりも海外のサイトで買った方が遥かに安く買えます。

以前、ビジネスを初めて間もない僕が、

全然稼げない時期にちょっとだけBUYMAの海外転売をやってたことがあるんですが、

海外のあまりの安さに普通に買い物をすることにした経緯があるくらいです。笑

(結局三か月くらい取り組んでやめました。物売りはあんまり好きじゃないみたいなので)

 

まあ、僕は現状でもそんなに服持ってるわけじゃないんですが、

今後は海外でしか買わないと思います。

海外の方が挑戦的なデザインが多いし、なんだかんだ価格帯も安いので(全部勝手な思い込みかもですが笑)。

 

でもなんかね、最近超情熱をかけてる”キモイ”ブランドって最近少ない気がするんですよね。

あと、最初から長く使ってもらう前提で作ってるブランドとかも少ない。

 

僕はどうしても服とかものに対して使い捨てマインドにはなれないので、

長い間ずっと着てられるものを求めるし、そうなると僕には安い服は絶対ダメなんですよね。

それにすぐ他の人と被りそうなテイストの服も嫌だし、あーすごいワガママですね、僕。笑

 

ただ、靴下だけはどうしても頻繁に買う

ただ、それでも唯一、身に付けるもので頻繁に買ってしまうのが靴下。

特に普段から服を買うことが少ない僕でも、靴下だけは頻繁に買わなくてはなりません。

 

何故なら僕は、

靴下を圧倒的な勢いでなくすから。

 

僕は基本的に靴下をすぐなくします。

すぐです。ガチで、一カ月に一足以上は確実になくなります

 

しかも、そのなくした記憶も全然ない。思い出そうとしても検討も付かないし、

検討がついても戻ってきた記憶がないので、結局記憶すらあてにならない。

 

思い返せば僕は、物事を記憶するのが非常に苦手なタイプです。

人の名前に、地図や交通情報、お店の名前から。つい先日食べた食事など、

記憶喪失は多岐に渡ります。とにかく覚えないし記憶をしてもすぐに飛んでいってしまいます。

 

だから、靴下が減っていくことにもほとんど気づかないし、

気づけば僕の靴下のレパートリーは、4~5足のルーチンワークになっている。

そしてそれすら不可能になってきた時(三足ルーチン)に改めて気づく。

 

「あれ?靴下若干(若干なわけない)減ってね?」と。

 

『もっと早く気づけよ!』と思う人もいるでしょうが、

そもそもなくした記憶がないんだからしょうがない。

自覚がないものを気づけと言われても無理な話だ。

でも、よくよく考えたら減るはずがないなに、なんでだ?

 

だって、靴下をなくすタイミングなんて言っても、

家に帰って靴下を脱ぐだけならまだ家にあるし、

考えられるとしたら、近所のコインランドリーに行った際に落としたか、

脱ぐときにズボンやシャツの中に紛れ込んでて気づかないか、だ。

 

でも、そんなに頻繁になくすことってあるのか?

というか、なぜ靴下がメインターゲットなんだ?もっと他にもいろいろあるだろ?

 

もっとTシャツとかデニムとかがなくなってくれればさすがに気づくのに、

『靴下』という、小さいけど確かな存在感を示す小物になくなられると色々困るんだよこっちも。

なくすならもっと色々なくそうぜ。重大なものをなくしたほうが対処法も生まれるんだからさ。

 

とはいえ、、、

 

この際、せっかくなのでなぜ、靴下と僕の記憶はいつも忘却の彼方へ飛び去ってしまうのか?というのをちょっと真剣に考えてみました。

僕と同じ”記憶喪失系男子”はぜひ、これを読んで靴下紛失対策と、

記憶喪失対策をして欲しいと思います。きっとお役に立てる、、、はず!!

 

 

なぜ、靴下と記憶はすぐなくなるのか?

ではまずは、

・靴下と記憶はすぐなくすものだ

ということを大前提に話を進めていきます。なので、普段からなくさない人には関係がありませんので、今すぐホームボタンか、バツボタンでこの画面から飛び去ってください。

 

ではまず一つ目の問題である靴下の喪失について考えていきましょう。

 

靴下紛失パターン1:コインランドリーに行く途中か帰りに落とす

lgf01a201408150400

まず一つ目は、

・コインランドリーでなくしてしまう

ということ。

 

これは僕が一番味わっているであろう紛失タイプです(それすら定かではないが)。

ランドリーに行く際には服を袋やバッグに入れていくわけですが、

その際にどこかで落としたか、取り入れる際に落としてしまう可能性もゼロではありません。

 

おそらく僕はランドリーに行くたびに靴下をなくしているかもしれません。

全く、行くたびに靴下を剥ぎ取られるなんて、、、剥ぎ取りチャンスかよ!

IMG_0304-e1417001092460

 

靴下紛失パターン2:ズボンのポケットとかに紛れ込む

そして二つ目は、

・ズボンのポケットに紛れ込む

ということです。

 

これは確率的に低いと思うのですが、

靴下を洗っている時にいつの間にかしゅっと入ってしまったり、

あるいは家に帰ってジーパンを脱ぐ際に靴下も一緒に脱げてしまうパターン。

 

こうなると人は面倒なので、そのまま放置してしまいます。

そして放置している内に靴下の存在すら忘れ、そのままタンスに閉まってしまう。

特にくるぶしソックスとかには多い傾向なので、気を付けるべし。

 

靴下紛失パターン3:洗濯機の向こう側に落ちる

そして三つ目は、

・洗濯機の向こう側に落ちる

ということです。

 

僕は家に洗濯機はないのであまり共感できませんが、

まだ実家に住んでいるときによくあったパターンです。

パンツを向こう側に落としてしまい、そのまま放置している内に落ちたことすら忘れ、

後日出てくるという、、、

 

靴下紛失パターン4:友達の家に出かけて靴下を脱いでそのまま忘れる

そして4つ目は、

・友達の家で靴下を脱いでそのまま忘れる

ということです。

 

慣れている友達の家にいくと、ついついリラックスしようとして靴下を脱いでしまうパターンって

ありますよね(僕だけ?笑)。そしてそのまま靴下を忘れて帰ってしまうこともあるはずです(気づけよ)。

 

まあ、友達の家に忘れたならまだ連絡してくれる可能性もあるので良いですが、

友達によっては面倒だからと言って連絡をしてくれなかったり、

なんなら普通に洗濯をして自分のものとして履き始める強者もいます。

 

僕の友人には、貸したものを決して返さない強者がいましたが(毎回全力で謝られる)、

そういう友人宅に忘れてしまうと、決して戻ってくることはありません。

 

なんとか返してもらおうと頑張っても、

『いや返せよ!』がルーチンワーク化されるのみで、

むしろそのやりとりがないと始まらないぜ!的な感じになる可能性すらあります。

 

ただ、これは自分の記憶喪失のせいではありません(そう?)ので、

友人に全ての原因を押し付けることとしましょう。

 

 

”記憶”よりも”記録”を

gi01a201502220600

ではこういった紛失に関して僕らができることはないのか?ということですが、

の対処法としては、まずは自分の記憶をあてにしてしないことが一番だと思っています。

 

つまり、自分の頭の中で覚えておくのではなく、

ちゃんと記録としてどこかに取っておくことが重要ということです。

 

僕は以前、色んなアカウントを取得してIDとパスワードを適当に入れていたら、

全部保存してなくてえらい目にあったことがありますが、靴下を忘れるのも基本的には一緒で

記憶というのはなくなるものなのです

 

人間の脳は覚えることよりも考える方が得意だし、むしろその方が賢明です。

記憶はコンピュータがしてくれるものなので、わざわざ人間がすることではないと思っています。

それよりも人間がやるべきことは、データを見てどれだけ思考錯誤し、

クリエイティブな仕事が出来るか?です。

 

靴下を忘れないように一生懸命記憶している暇があったら、

靴下の数をちゃんとメモっておいて、なくなったらすぐに気づけるようにしておけばいいのです。

 

もう今後は、靴下をなくしてもすぐに気づけるように。

靴下の記憶がなくなるなんてことがないように。

 

 

さっさと靴下買えよ

でも、僕はここまで言っておいてなんなんですが、

・記録とか記憶とか言ってる暇があったら靴下買えよ

ということを言いたい。

 

結局、今まで話した問題は、靴下を買えばそれで済む話です。

たかだか一足数百円で買える靴下をわざわざメモして記録する暇があったら、

ドンキでもショップでもいいから買いに行こう。

買い物時間なんて5分で済むんだから。

 

それでは今回はこれにて失礼します。

ありがとうございました。

なぜ、靴下は記憶は消えてしまうのか?

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。