WordPressの過去記事をツイートしてくれる【HYPE Social Buffer】の使い方

twitterxwordpress

どうも、まつです。

WordPressでたくさん記事を書いていると、

新着記事だけでなく、過去の記事も読んでもらいたい時ってありますよね。

 

しかし、基本的に人は古い記事を

わざわざ追ってみてはくれないことが多いです。

人は新しいものを好むし、面倒くさがりだからです。

 

なので、過去記事を読んでもらおうと思ったら、

手動でFacebookやTwitterにリンクを載せる必要がありますが、

これが意外に面倒くさい。。。

 

そんなときに便利なのが、

今回ご紹介する『HYPE Social Buffer』

これを使えば、Twitterにわざわざリンクを載せなくても、

自動で過去の記事をランダムにtweetしてくれるので、

簡単に過去記事を読んでもらうことが可能です。

 

今回はそんな便利なHYPE Social Bufferの初期設定や使い方について

レクチャーしていきます!!

 

【HYPE Social Buffer】とは?

ではまずは、

・HYPE Social Bufferとは何か?

という点について解説をしていきます。

 

HYPE Social Bufferとは何か?というと、

簡単に言うと、WordPressの過去記事をSNSで自動投稿をしてくれるプラグインです。

(本当は山ほど機能があるけど、今回はこの使い方に絞ります)

 

もう少し詳しく機能を説明すると、

主にこんなことをしてくれます。

・WordPressの過去記事をランダムツイートしてくれる(スケジュール管理も可能)

・Twitterで指定時間に投稿ができる(FBも同様)

・TwitterやFacebookのアクセス解析が見れる

などなどです。

 

本来なら手動でやらなければいけない投稿や、

いちいちSNSにアクセスしないと見れない情報もHYPE Social Bufferなら

一覧で見ることが出来るということです。

 

過去記事が再度読まれるということは、

その度にアクセスが増えるということです。

しかもそれが自動で行われるわけなので、労力は全くいりません。

(プラグインのアップデート等は必要ですが)

 

これはマジで労力が減りまくりなので、

特にTwitterとWordPressを連携している人には超絶お勧めです。

ていうか絶対にやるべき。

 

是非ともこれを使って、過去記事を色んな人に読んでもらえるように

工夫してアクセスアップしていきましょう。

 

HYPE Social Bufferのインストール方法

それではさっそく

・HYPE Social Bufferのインストール方法

に移りたいと思います。

 

まずはWordPressのダッシュボードにアクセスしましょう。

1

【プラグイン】→【新規追加】をクリックしてください。

 

プラグインの検索画面に飛びます。

2

赤枠内に【HYPE Social Buffer】と入力し、Enterキーを押しましょう。

 

プラグインが出てきました。

3

【インストール】をクリックしてプラグインをインストールしてください。

インストール、有効化が完了すればプラグインの導入は完了です。

 

HYPE Social Bufferの設定方法

では次にダッシュボードの左サイドバーから

【HYPE Social Buffer】をクリックして初期設定をします。

4【Skip】をクリックして、次に進んでください。

 

こちらがHYPE Social Bufferのプラグインページです。

1

一応インストールは終わりましたが、

このままだとプラグイン自体が使えないので、

赤枠内をクリックして初期設定をしましょう。

 

Connect With Buffer Appというページが出てきました。

2

【Go to ~~~】というURLがありますので、そちらのページに飛びます。

https://buffer.com/

 

こんな感じのページが出てきました。

4

赤枠内をクリックしてページに飛びましょう。

 

各SNSのリンクが出てきました。

5

今回はTwitterと連携するので、

【Create Acount with Twitter】をクリックしてください。

 

すると、下記の画面になり携帯電話に認証番号が送られてきます。

6

赤枠内に認証番号を入れてクリックをします。

7

赤枠内をクリックすると、インスタグラムとも連携することが出来ます。

必要ならクリックしておいてください。

これで初期設定が完了です。

 

HYPE Social Bufferの使い方

こちらがトップページになります。

何か設定を変えたり、使用方法を変えたりするときは

こちらのページを使うので覚えておいてください。

8

で、もう既にTwitterアカウントと接続が完了しているので、

画像左上の赤枠内に僕のアカウントが表示されています。

こちらをクリックしてTwitterアカウントの設定画面に進みましょう。

 

では、基本機能を一つ一つ説明していきます。

Queue

Queueでは、あらかじめつぶやきを入れておくことが出来ます。

また、つぶやきの時間も確認することができるので、

いつどんなつぶやきがされるかが一目で確認できます。

9

 

赤枠内に組み込みたいツイートを入れるだけで、

あとは時間が来たら勝手につぶやいてくれます。

10

また、初期状態だと毎日20時に投稿するように設定してあるので、

予め入れておけば、毎日20時に過去の記事をランダム投稿し続けることも可能です。

ただ、あまり更新頻度が少ないとスパムっぽく思われてしまうことがあるので

注意をしてください。

 

Schedule:ツイートするスケジュールを設定する

そして次の【Schedule】ではツイートする曜日、時間を設定していきます。

13

これは詳しい説明はいらないと思います。

曜日と時間を設定すれば自動でつぶやいてくれます。

 

Analytics:アナリティクス解析

そして次はアナリティクスです。

ここでは人気ツイートや逆の不人気ツイートなども含めて

一覧で見ることが出来ます。不人気なのはあんま見たくないけど。笑

14

 

下にスクロールすると、ツイートの反応率を見ることが出来ます。

15

リツイート、お気に入り、リプライ、フォロワー数などが表示され、

一覧で見れます。

 

Most Retweets:反応が良いtweetを順番に表示

そして次はMost Retweetsです。

Most Retweetsその名の通り、好反応のツイートを一覧で見ることが出来ます。

16

それぞれクリックすると、先ほどのグラフのように一覧で見ることが可能です。

 

Least Retweets:反応が薄いツイートを順番で表示

次の【Least Retweets】は反応のないツイートを順番に表示してくれます。

 

17

基本的に反応のないツイートや全く読まれていないものは

極力入れないほうが良いです(ビジネスをやる意味では)。

 

もしあまりにも反応が悪いツイートやBOTなどがあれば、

思い切って削除することも考えたほうがいいでしょう。

 

Days:アナリティクス解析の表示期間を設定する

そして次の【Days】では、先ほどのアナリティクス解析の表示期間を設定します。

18

基本的には30日間になってるみたいです。

 

Analytics→Analysis:グラフ解析を見る

次の【Analysis】では、アナリティクス解析をグラフで見ることが出来ます。

 

こんな感じで見れます。

まあ、これは基本的にここまで

ガッツリ見る機会があるかどうかはわかりませんが、

解析マニアになりたい人は読んでみることをお勧めします。

 

Inflrencers:影響し合っているフォロー等を表示

【Inflrencers】はイマイチ僕もわかっていないのですが

どうやら影響し合っているフォローを表示してくれるようです。

20

これは特に使うことはないと思いますが、フォロワーさんのフォロワーさんと

繋がりたい時などは便利かもしれませんね(※フォローし過ぎは凍結要注意ですが)

 

というわけで、ここまでで

基本的なTwitterとの連携機能の解説は終了です!

 

Facebookページとも自動連携可能!

ちなみにFacebookとも連携可能なので、

一応設定方法をお伝えしておきます。

 

まずはトップページに戻ります。

23

赤枠内の【Page】をクリックします。

 

Select pageに飛びます。
24

連携するFacebookページを選んで

【Connect These Pages to Buffer】

をクリックします。

 

これでFacebookページとの連携が完了です。

25

 

あとは基本的にはTwitterと同じ使い方です。

26

 

投稿文を入れることで予約投稿することが出来ます。

28

 

WordPressのダッシュボードに戻ってみる

設定が終わったらWordPressのダッシュボードから

プラグインページに戻ってみましょう。

 

30

HYPE Social Bufferでの設定が終わったので、

アクセストークンが挿入されているのがわかると思います(英語の羅列です)。

 

では次は【Sharing Options】に移りましょう。

33

ここでは自動連携する投稿タイプを設定します。

基本的には固定ページやカテゴリーは表示しないので、

Post(投稿)に設定しておきます。

 

Intervals

Intervalsでは、自動投稿の時間間隔を設定することができます。

32

主に設定できる項目としては以下になります。

・Choose the time between your posts (in hours):投稿と投稿の間は何時間空けるか?

・Minimum age of post (in days) to be eligible for sharing:一度ツイートしたら、同じツイートをするまでどれくらいの期間を空けるか?

・Maximum age of post (in days) to be eligible for sharing:同じツイートを最大どのくらいの期間

などなどです。

 

あまり同じツイートが流れるとスパム扱いされることもありますし、

かと言ってずっと流れないのも微妙なので、ここで間隔の調整をしていきましょう。

 

Include Categories:自動連携するカテゴリーを選ぶ

そして次は【Include Categorie】です。

ここでは過去記事から自動連携するカテゴリーを設定します。
35

36これにチェックを入れると、

HYPE Social Bufferが自動的にWordPressから過去記事を取り出し、

自動的にツイートをしてくれます。

 

勝手にツイートされるのが嫌な場合は、

チェックを外したままにしておきましょう。

では、以上で設定が完了です。

 

単純作業は極力削っていこう

さて、いかがでしたでしょうか。

WordPressブログでせっかく気合の入れた記事を書くなら、

どうせならいつまでも長く読んでもらえる記事を書きたいもの。

 

ただ、その為には過去の記事を読ませる工夫がないと、

読まれなくなってしまうので、より多くの人に読んでもらえるように

WordPressをオリジナルにカスタマイズしていきましょう。

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

twitterxwordpress

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。