WordPressテーマ『ハミングバード』でソーシャルカウント数を全て表示させる方法

ソーシャルボタン

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

 

つい先日、WordPressテーマをハミングバードに変更し、

テーマをいじってカスタマイズしてシェアボタンを設置したのですが、

・ソーシャルボタンのカウントが表示されない

というトラブルが起こってしまい、

てんやわんやでテンパっていた今日この頃。

 

いったいぜんたい何故こんなことが起こったのか、

全くわかりませんでしたが、調べていく内に色々判明したので、

同じことが起こらないようにとシェアします。

 

 

ハミングバードでソーシャルカウントが表示されない!?

で、ハミングバードを販売している公式サイトで調べたところ、

どうやらハミングバードでは、ソーシャルボタンを設置しただけでは、

シェア数は表示されないということなのです。

 

なので、現状はコレ。

socialbutton

うおお、

せっかくのソーシャルボタンが

全くカウントされてないやんけえ。…

全然人気ないやつみたいになってる。

 

これじゃあ訪問者は

『人気がないブログなんだな~』

だと思ってしまい、離脱する原因になるかもしれません。

くわばらくわばら(使い方おかしい?)

 

ハミングバードのソーシャルカウントはプラグインが必須だそう

どうやらソーシャルボタンにシェア数を表示させるためには、

・SNS Count Cache

というプWordPressラグインが必要なようです。

 

SNS Count Cacheを使えば、

ソーシャルのシェアを測定し、

自動的に読み込んでくれるし、特に細かい設定も不要です。

つまりインストールだけでOK。

 

ただ、それでももう一つ問題があって、

SNS Count Cacheだけでは、

Twitterのカウント数だけが表示されないんですよね。

 

 

FBもぐぐたすもFeedlyも問題ナッシングバッドですが、

Twitterだけ個別に設定する必要がある模様。

なので今回は、ソーシャルカウント数を全て表示させるための方法を

レクチャーしていきたいと思います。

参考記事:
ソーシャルボタンのカウント設定(SNS Count Cache)

※OPENCAGEさん、ありがとうございます!

ツイート数やはてブ数を取得して高速表示できるSNS Count Cache

Naifixさん、ありがとうございます!

これで安心!取得が出来なくなったTwitterボタンのシェア数をちゃんと表示させる方法

※ブログマーケッターJUNICHIさん、ありがとうございます!

 

 

SNS Count Cacheの設定方法と使い方

では早速いきましょう。

まずはWordPressの管理画面からプラグインの新規追加画面に入ります。

snscountcache

右上の赤枠内に『SNS Count Cache』と打ち込み、

エンターキーを押してください。

 

SNS Count Cacheプラグインが表示されました。

snscountcache2

『今すぐインストール』をクリックしてインストールしましょう。

 

インストールが完了しました。

snscountcache3

次は『プラグインを有効化』をクリックして有効化してください。

 

 

プラグインの有効化が終わりました。

snscountcache4

『設定』から『SNS Count Cache』をクリックし、

設定画面にはいりましょう。

※一応機能説明をしておきますが、何もいじらなくても反映されるので、

もしいらない場合はこの辺は読み飛ばしてください。

 

 

こちらがSNS Count Cacheの設定画面(ダッシュボード)になります。

snscountcache5

特にここで設定する項目はありません。

プラグインを導入するだけで自動的にキャッシュ(シェア数の獲得と表示)が始まるので、

放置しておくだけで大丈夫です。

 

次の画面はキャッシュ状況です。

snscountcache6

ここでは、僕のブログ記事のシェアが

ちゃんとキャッシュされているかを

確認することが出来ます(設定の必要はありません)。

プラグインを設定したばかりだと反映されませんが、

しばらくするとキャッシュが反映されます。

 

そして次は『シェア数』です。

snscountcache7

ここではSNS Count Cacheの読み込んだ

シェア数が記事別に表示されます。

ここも特に何もしなくても問題ありません。

 

 

そして最後は『設定』です。

snscountcache8

ここでは現在設定している設定を見ることが出来ます。

SNS Count Cacheは個別設定がほぼないので、

ここも無視して大丈夫です。

 

では次は『シェア基本キャッシュ機能』に移りましょう。

snscountcache9

ここでは、

・対象SNSの設定(チェックするとキャッシュの対象となる。つまりシェア数を表示する)

・シェア数のチェック感覚(何分あるいは何時間ごとにシェア数をチェックするか?)

・一度に表示するコンテンツ数(不明?)

を設定することが出来ます。

 

僕の場合は対象SNSは全てにチェック

シェア数のチェック数はそのままいじらずに

次に進みました。わからない人は同じ設定で進んでください。

 

 

次は『シェア臨時キャッシュ機能』です。

snscountcache10

こちらは良くわからなかったので何もしてませんので、

わかる人はむしろ僕に教えてください。

では次に進みます。

 

お次は

・シェア変動分析機能

・フォロー基本キャッシュ機能

です。

snscountcache11

シェア変動分析機能はよくわからないので飛ばします。

フォロー基本キャッシュ機能は、どうやらFeedlyに登録してくれている数を

表示してくれるようです。ここはチェックをいれておきましょう。

 

尚、Feedlyがわからないという場合は、

今後必ず必要になるので、こちらの記事を参考に設定してくださいね。

ブログのリピーターさんの為にFeedlyボタンを設置しよう!

 

そして次は

・動的キャッシュ機能

・データクローラ機能

です。

snscountcache12

ここもあまりわからないのですが、

動的キャッシュ機能は動的プログラムに対しての

キャッシュ機能だと思うので、有効にしておいた方がいいです(WordPress自体が動的プログラムなので)。

データクローラも、取得したデータを整理整頓する機能だったと思うので、

どちらも有効にしておいてください。

 

お次は

・データエクスポート機能

・エクスポートされたファイル

です。

snscountcache13

エクスポートというのは、

内部データを外部データに保存する機能のことです。

(WordPressのデータをPCに保存、WordPressのデータをフラッシュメモリに保存、など)

 

例えばプラグインを細かく設定していった場合、

新しいドメインでサイトでまったく同じ設定をするのは少々手間が掛かりますよね。

でも、設定状態のデータをエクスポートをしておけば、

後は新しいドメインでWordPressを使う時には、

そのファイルを読み込むだけで同じ設定で使うことができます。

プレステで言うメモリーカードみたいなもんですね。

これは便利!!

 

インポートとエクスポートは良く使う言葉なので、

一応覚えておくと便利ですよ。

 

最後はヘルプ画面です。

ここにはよくある質問などが表示されていたりするので、

時折チェックしてみてください。

snscountcache15

ではこれでSNS Count Cacheの設定は完了です(特に何もしてないけど)。

 

 

Twitterのカウント数を表示!Count.jsoonの設定方法

では次はTwitterのカウント数を表示させるための設定に入ります。

※この設定は自分のTwitterアカウントにログインしていないと出来ないので、

あらかじめ自身のTwitterアカウントにパソコンでログインしておいてください!!

 

まずはCount.jsoonの公式サイトにアクセスしましょう。

アクセスすると、このような画面になります。

count.jsoon

入力フォームが出てくるので、

・使用するブログやサイトのURL

・自分のメールアドレス

の二つを入力してください。

入力したら下記のフォームにある『登録』をクリックしましょう。

count.jsoon2

登録の受付が完了です。

※たまに登録が出来ないこともあるので、

その時は時間をおいて再度登録をしてください。

 

翌日あたりにメールが届きます。

count.jsoon3

赤枠のURLをクリックしてアクセスしましょう。

 

マイページに入りました。

count.jsoon4

赤枠内を見ればわかりますが、まだ連携していないので、

『連携する』をクリックして連携をしましょう。

 

認証画面が出てきます。

count.jsoon5

『連携アプリを認証』をクリックすると、

今ログインしているTwitterアカウントと連携されます。

 

認証して、こんな画面になればOKです。

count.jsoon6

これでTwitterとの連携が完了しました。

 

Count.jsoonとTwitterを連携する

では次はTwitterと連携し、

カウント数が表示されるようにします。

 

Twitterのカウント表示設定を完了するには、

Count.jsoonのプラグインのファイルを編集する必要がありますので、

その編集作業を行っていきましょう。

 

尚、編集の方法には二通りあり、

1.FTPソフトで編集する

2.サーバーにログインして編集する

という方法になります。

 

これはどちらでも構わないのですが、

一応今回はFFFTPというFTPソフトを使った編集方法をレクチャーします。

画像を見ながら進めていけば誰でも出来るようになってるので、

諦めずに進めてみてください。

 

なお、データの破損などを防ぐために、

必ずデータのバックアップを取っておいてください。

元のデータがないと、失敗した時に基に戻せなくなるので、

くれぐれも気を付けてくださいね。

 

ではいきましょう!

 

 

Terapadをインストールする

ではまずはFTPのコードを編集するためのテキストエディタを

インストールします。

テキスエディタというのは、HTMLとかCSSとかPHPとか、

WEBにかかわるプログラム言語を編集するソフトだと思ってくれればいいです。

 

テキストエディタはサクラエディタ、

Notepad、テラパッドなど色々あるのですが、

今回は僕が使い慣れている、テラパッドのインストール方法を

お伝えするので、ぜひやってみてください。

 

ではまずはTerapadのダウンロードサイトにアクセスします。

terapad

『このソフトをダウンロード』をクリックし、

ダウンロードしましょう。

 

次の画面です。

terapas2『次へ』で進みます。

 

terapad3

次に進みます。

 

terapad4

次へ進みます。

 

terapad5

『デスクトップ上にショートカットを作成する』にチェックを入れ、

次に進んでください。

 

これでインストールが完了です。

terapad6

この画面が勝手に開くので、閉じて終了してください。

これでいつでもTerapadが使えるようになります。

 

 

FFFTPを使って編集する方法

では次はFFFTPをインストールしましょう。

窓の社FFFTPのダウンロードページにアクセスします。

fffftp0

赤枠をクリックしてダウンロードしてください。

 

ffftp

画面下の方に『保存』と『破棄』という項目が出てくるので、

『保存』をクリックします。

 

インストール画面になります。

ffftp2

ここらへんは全部次へでガンガン進みましょう。

 

ffftp4

次へ。

 

ffftp5

チェックして次へ。

 

ffftp6

完了したらクリックです。

 

FFFTPが勝手に開きます。

ffftp7

 

次へ赤枠内の

・新規ホスト

をクリックしてください。

まだFFFTPとサーバーを連携していないので、

このままだと使うことが出来ません。

 

使えるようにするためには、

新規ホストにサーバーの情報を入れていく必要があります。

ffftp8

この新規ホストのところで、

・ホストの設定名

・ホスト名(アドレス)

・ユーザー名

・パスワード/パスコード

を入力することで、今使っているサーバーと紐づいて、

プログラムの編集が出来るようになります。

 

このサーバーの情報に関しては、

XサーバーならXサーバーを契約した時に送られてきたメール

もしサクラサーバーならサクラ契約時のメールに記載されていますので、

それを参照して入力していってください。

 

僕の場合はXサーバーを契約しているので、

Xサーバーの契約情報を基に新規ホストを入力します。

ffftp9

こちらがXサーバー契約時の情報です。

『FTP』と記載されている部分の情報を入力していきます。

 

入力内容は前途で書いた通り、

・ホストの設定名:好きな名前で良い

・ホスト名(アドレス):FTPホスト

・ユーザー名:FTPユーザー

・パスワード/パスコード:FTPパスワード

となります。一文字でも間違えると反映されないので

注意してください。

 

入力が終わると、FFFTPが立ち上がって、こんな画面が出てきます。

ffftp10

ここからフォルダの一部を編集し、

Twitterカウント数の表示設定をしていきます。

 

まずは自分のブログやサイトのURLをクリックしましょう。

ffftp11

public_htmlをクリックします。

 

ffftp12

wp-contentをクリックします。

 

ffftp13

 

pluginsをクリックします。

ffftp14

sns-count-cacheをクリックしましょう。

 

ffftp15

includeをクリックします。

 

ffftp16

『class-share-crawler.php』というコードがあればOKです。

このコードの一部を編集し、Twitterのカウント数が表示されるようにします。

 

ではまずはclass-share-crawler.phpをデスクトップにコピーしましょう。

ffftp17

上記の画面の通りに、

デスクトップ上の空いてるところにドラッグしてください。

一回だけじゃ出来ない時もあるので、その時は複数回ためしましょう。

 

無事にコピー出来ると、class-share-crawlerというファイルが出てきます。

count.jsoon7

次は、このファイルをTerapadの方にドラッグし、

ファイルを開きましょう。

 

ドラッグするとこんな画面が開きます。

count.jsoon8

こちらはTerapadの料金で

コードの部分(155列目とかその辺り)を下記のように変更しましょう。

このままコピペして使ってください。

http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json

↓↓↓こっちにする!

http://jsoon.digitiminimi.com/twitter/count.json

なお、データの消去などのが起こらないように、

必ず元のコードをメモ帳に貼るなどの対策はしておいてください。

一文字でも消えたりすると、正常に動作しなくなるので、カンマとかその辺が

消えたりしていないかもしっかり確認しましょう。

 

コードを変えたら上書き保存をします。

 

その後は再度FFFTPを開き、さきほどと同じ手順で、

・ブログのURL

・public_html

・wp-content

・plugins

・sns-count-cache

・includes

をクリックし、class-share-crawlerがあるフォルダまで進んでください。

count.jsoon9

編集した『class-share-crawler.php』を再度アップロードします。

※アップロードに失敗することもあるので、失敗したら何度かやってみてください。

さきほど編集したファイルを

そのままFTPにドラッグするだけでアップロードできます。

無事アップロードが出来たら、設定は完了です。

 

ただ、設定か反映まで数日掛かる場合もあるので、

フトした時に確認してみると良いです。

というわけで設定は完了です!

 

 

まとめ

さて、やたらと長い記事になってしまいましたが、

こういう細かいことの積み重ねで結果に反映されていくので、

面倒なことこそ積極的にやってみるのが良いですよ。

 

また、作業をしててわからないことがあったら

すぐにお答えするので気軽に質問くださいね!!

それではこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ソーシャルボタン

メルマガバナー

3 件のコメント

    • 返信ありがとうございます(*^_^*)

      ちなみにサイト登録ができないのは
      どの画面でしょうか?

      よろしければこちらのアドレスに
      返信いただければ、画面付きでお送りしますよ(*^_^*)

      matsu01@arata01.info

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    大島 松二郎

    ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。