ブログ集客で大切なのは『コンテンツを提供すること』

愛

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

今日もいい記事書いてガンガンアクセス集めていきましょう。

 

さて、こちらの記事は前回の続きとなります。

まだ読んでない人は下から読んでね。

初心者がブログ集客を始める前に絶対に知っておくべきこと

 

 

さて、前回の記事では、

ブログの基本中の基本を知っていただくために、

 

  1. ブログとは何か?
  2. 日記ブログとブログ集客の違い

という2つの点について書いていきました。

 

これでおそらく、

ブログ集客をしてお金を得るためには、

・コンテンツ(情報)を提供する

のが大前提であるということに、気づいたのではないかと思います。

 

 

読者は何も知らない人や、

信頼関係もない人から突然商品を買うということは

ありえません。

 

 

これは誰でもそうですが、

何らかの商品を購入する際は、

商品情報やレビュー、専門家の情報を参考にして、

最終的な判断をしますよね

 

 

基本的に顧客は疑い深い生き物ですから、

『この商品は、本当に信用できるのだろうか?』

『この商品は世間にどう思われているだろうか?』

『この人から商品を買っても大丈夫だろうか?』

などと、常に疑いの目を持って

情報を見ているわけです。

 

 

特にWebで買い物をする時というのは、

実店舗とは違って実物もなく、

販売者の顔も見えないため、

購入に対する不安も更に大きくなります。

 

だから、よほどの信頼が得られない限り、

顧客は大手のAmazonやヤフー、

楽天で済ませてしまいます。

 

「じゃあ、WEB上で大手を出し抜いて

顧客を獲得するにはどうしたらいいのか?」

 

というとそれはやはり、

 

 ユーザーにとって価値ある

 コンテンツを提供することです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

個人レベルの人間は、

価格や販売で大手に勝とうと思っても、

絶対に勝てるわけがありません。

投入できるリソース(人材、機材、お金)が違いすぎるからです。

 

だからこれからブログを始めるような人が、

見込み客を獲得していくためには、

弱小ならではの戦い方をしなければならないのです。

 

具体的には、

  • 商品に関する知識や情報を与える
  • 商品購入に対する不安を取り除く情報やサービスを提供する
  • 顧客に必要性を感じてもらうような情報を与える

等々、顧客にとって役に立つコンテンツを

ガンガン提供し、信頼を得ることです。

 

 

ブログで商品をしっかりと売っていくためには、

商品力以上に、

『この人を信頼している』

という顧客の想いが必ず必要です。

 

この信頼があるからこそ

顧客はあなたに相談をするし、

あなたから買いたいと思ってくれるわけですので、

まずは相手に提供する、という視点が必要です。

 

 

 

どんなコンテンツを提供すればいいのか?

さて、先ほどの解説で、

 

 顧客から信頼を得るための方法は、

 コンテンツをガンガン提供する

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをお伝えしましたが、

・じゃあ具体的にどんなコンテンツを提供すれば良いのか?

と言われるとイマイチわからないかもしれません。

 

しかし、それがわからないと、

ユーザーにとって不要なコンテンツばかり作ってしまい、

集客につながらない可能性が高いです。

そうなってしまっては、

せっかくの努力が実らないまま

終わってしまうでしょう。

 

 

ですのでこれから、

 

・コンテンツ作りに絶対に必要な4つの視点

について解説をしていきます。

 

これは心構え的な部分ですが、

知ってると大分違いますので、是非覚えておいて下さい。

ではいきましょう。

 

 

①検索とは『質問』である

まず一つ目に理解して欲しいのは、

・検索ユーザーはあなたに質問をしている

ということです。

 

そして、

その質問に対して答えを提供するのが

僕ら情報提供者の役割です

 

 

ブログで集客をする場合、

経路の大半は検索エンジンになりますが、

・検索=質問

である、ということを理解していない人が意外に多いです。

 

 

検索ユーザーは日々色んな悩みを持っています。

だからGoogleの検索バーにキーワードを打ち込み、

『これって何』

『これってどういう意味ですか?』

『これってどうやって操作すればいいの?』

と、質問を問い続けているわけです。

 

 

例えば、近くにあるイタリア料理店を知りたければ、

『イタリア 料理 最寄駅』

などで調べるだろうし、

 

もしも書店を探していれば、

『書店 土地名 最寄り駅』

などのキーワードで調べるでしょう。

 

それらはすべて知らないからこそ質問をします。

そして質問である以上、それに応える必要があるのです。

 

そして、その

質問に対して応えるのが

僕らが提供するコンテンツ

なのです。

 

 

②オリジナルコンテンツを作る

そして2つ目は、

・オリジナルコンテンツを作る

ということです。

 

これは何故か?と言うと、

いくら検索ユーザーの質問に答えたとしても、

ライバルと同じようなコンテンツを出していたら

意味がないからです。

 

これはGoogleの言っていることですが、

基本的に彼らはオリジナルや独自性を

重要視しています。

 

検索エンジン上に同じ情報は2つといらないと

考えているからです。

 

これは普通に考えればわかることですが、

もしあなたが行きつけの書店に行って、

一つの棚に同じ本が100冊並んでたら、

相当ウンザリするはずです。

 

それって普通に考えたら、

わかるはずなんです。

 

ですが、意外とネット上では

こういった事がよく起こります。

コピーして貼りつけるだけの方が

1から作るより簡単だからですね。

 

 

 

 

ですが、周りと同じことをし続けても、

結局はアクセスが集まるのに

余計な時間が掛かってしまいますし、

何より誰も喜びません。

 

コピペやリライトではなく、

あなた独自のコンテンツを

提供することを心がけましょう。

 

その方が最終的に、

莫大な利益となって返ってきます。

 

 

③死ぬほど検索ユーザーのことを考える

そして3つ目は、

・死ぬほど検索ユーザーのことを考える

ということえす。

 

文字通り『死ぬほど』です。

 

なんだかものすごく精神論に

寄ってる感じがしますが、結構本当です。笑

 

 

何故ここまで考えるのか?というと、

 

多くの検索ユーザーは、

本当は何に悩んでいるのかを

理解していないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばお金を稼ぎたいという人のほとんどは、

本当はお金を稼ぎたいのではなく、

ただ単に、その環境から逃げたいだけであったり、

重労働から解放されたいだけだったりします。

 

そして、こういった本心から

ズレた欲求を持っている人は、

結果が出ないことが多いです。

 

まあ、自分のことを理解していないから当然なのですが、

僕らが情報提供する上では、

こういったユーザーの本心の部分まで

理解する必要があります。

 

これは少々面倒ですが、

しっかりと考えることで

圧倒的な差別化を図ることが出来ます。

 

 

 

④全力でコンテンツを提供すること

そして最後の4つ目は

・全力でコンテンツを提供する

ということです。

 

熱意』や『気持ち』というのは、

一見何も文章とは関係無いように思えますが、

いざ読んでみると、かなり関係があることがわかります。

 

何が違うのかというと、

その文章に込められた細かい気配りが

いざ読むときに現れるからです。

 

『この言葉でちゃんと伝わるだろうか?』

『もっと面白い言葉はないだろうか?』

『この言葉は不快な表現じゃないだろうか?』

等など、出来る限り意識しながら書くことで、

読み手に配慮されているのが伝わりますし、

それこそが相手に伝わり、信頼に変わっていくのです。

 

あ、念のため言っときますが、

別に僕はスピリチュアルとか占いとか

そういうのを信じる派ではありません。笑

 

ただ、普通に考えれば、

自分に配慮してくれているのがわかれば

何となくうれしいですよね。

 

そしてそういった読み手に配慮された

コンテンツがたくさんあれば、

徐々にその人のことを信頼していくはずです。

 

その信頼を得るために、

しっかりと読みやすく、

わかりやすい文章を書く必要があるのです。

 

 

文章を書く時って、

ついつい上手い書き方やアイデアばかりを

探しがちになります。

 

やたらと小難しい言葉や専門用語を使って

カッコ良さ気に言ってみたり、、、

まあ、要するに良く見られたいのです。

 

 

でも、そんなものは相手(読み手)にとっては

全く関係ありません。

 

相手にとって大事なのは、

・どれだけ自分にとって価値があるか?

だけです。

 

だから相手のことを知る必要があるし、

相手に配慮したコンテンツを提供する必要が

あるんですね。

 

 

と、以上の4つとなります。

最後に復習しますと、

①検索とは『質問』である

②オリジナルコンテンツを作る

③死ぬほど検索ユーザーのことを考える

④全力でコンテンツを提供すること

ということが、コンテンツを作る上で非常に大切である、

ということですね。

 

 

ちょっと抽象的でぼんやりしていますが、

意識するだけでも相当変わりますので、

頭の片隅にでも入れておいてください。

 

 

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

『無料ブログと有料ブログ』結局どっち使えば良いの?その①

愛

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。