文章が読まれない人の95%が陥っている勘違いパターン5つと対処法

猫

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

だいぶご無沙汰でございます。

 

最近、コミュニティの運営や個人サポート、

WEB作成の受注なども重なりに重なって更新出来ず、、、

という状態でした。

 

まあそれもこれも全部言い訳にしか過ぎないのですが、

やっと多少の時間を空けることが出来たので、

こうして記事の更新にいそしむことが出来ました。

 

ここ最近は、ずーーーーっと個人ブログをされてる方や、

ブログをビジネス用に活用したいという方などに

アドバイスをさせていただいていました。

 

僕は主には市場を視点に考えるので、

通常のブログSEOコンサルとは若干違います。

どちらかというと、コンセプト決めからブログタイトル選定、

ブログ構築からコンテンツ作りのサポートまで全部やらせていただく形です。

 

ただ、やはり0からの積み上げとなると、

持っている情報や知識の差によって大事な部分を

伝えきれない葛藤もありました。

 

僕もハッキリとは言う方ではありますが、

時折言えないこともあり、やきもきしてしまうことも多々。笑

 

ただ、もし情報発信を通じて成功したいと思うのなら、

避けては通れない部分だと思うので、

今日は普段僕が教えている上で思っていることを、

余すことなく書いてみたいと思います。

 

テーマは、

・文章が読まれない人の95%が陥っている勘違いパターン5つと対処法

です。

文章が読まれるか読まれないか?というのは、

ブログでの集客→販売にも大きくかかわってくる大事な要素になので、

しっかりとお読みくださいね。

 

 

何故、あなたの文章は読まれないのか?

 

で、、、

僕が最近すごく思っていたのは、

主な、文章が読まれない理由としてあるのが

・技術以前の意識の問題

だということです。

 

多くの人はブログ記事やSNSの投稿に反応がない理由を、

知識が足りないせいだとか、

スキルが足りないせいだとか、

実績がないせいだとか、

時間がないから質が高い記事が書けないせいだとか、

主には持っている技術が足りないからだと主張します。

 

まあ、それも一部はあるのですが、

多くの人は知識やスキルの問題ではないんです。

 

僕がブログ初心者の方を見ていてすごく思うのは、

”ココが足りない”と感じるポイント(ココ)が

ズレている(勘違いしている)

ということです。

 

ブログを書くための技術がどうとか、

記事を書く為のノウハウが足りないとか、

そういうのは確かに大事なのですが、ほとんどの初心者はそういう次元じゃない。

そもそもの意識が検討違いのところに向いている。

 

そういう感じがするんです。

 

いや、昔は僕も知識やスキルの問題だと思ってたわけですよ。

だって、それがないと当然勝てないし、

差異を見出すことが出来ないから。

 

じゃあ、具体的にどんな勘違いをしているのか?

ということについて見ていきましょう。

 

 

自分に興味を持ってくれると思っている

まず一つ目の勘違いは、

・自分に興味を持ってくれると思っている

ということです。

 

これは一番多くの人にありがちなパターンで、

僕が接してきた”上手くいかない人”には100%に共通しています。

こういう人はとにかく、周りの人が自分に興味を持ってくれると思っています。

 

しかも本人は無自覚なので、何を伝えても、

自分の都合のいいように情報を改編されます。

つまり、何を言っても正確には伝わりません。

 

よく使う口癖は、

「これ、私は絶対売れると思うんですよね」

「今までの自分の経験を考えると、私はこう思うんです」

「私の考えとしては~」

などなど。

でも、ほぼ全部が的外れです。

 

僕はそもそもビジネスや情報発信を始める際には、

・どうやったら興味を持ってもらえるか?

・今の人達は何を求めているのか?

というところから始めるのですが(っていうかそれが普通)、

 

ブログ初心者で、なおかつビジネスも全く知らない人は、

・自分に興味を持ってもらえる

という前提で会話が進んでいくのです。

 

実際のところ赤の他人に興味を持つなんて滅多にないし、

自分だって赤の他人にいちいち興味を持ったりしないはずです。

そう考えれば、興味を持ってもらうために

頑張らなきゃいけないのはわかるはず、、、

 

不思議や、、、

 

ブログを更新したらきっと読んでくれると思っている

そして二つ目は、

・ブログを更新したらきっと読んでくれると思っている

ということです。

 

 

これもよくある話なんですが、

以前僕にメールで質問をしてきた人で、

まだ2記事しか書いてないのに、

「アクセスが来なくて挫折しそうなんです・・・」

と相談をしてくる人がいました。

 

いやいや、

当たり前でしょ、と。

 

いやね、要介護のおじいちゃんとかが

頑張って2記事書いたなら、僕も褒めますよ。

だって、それはある意味、そんな状況で頑張れるってだけで勇気をもらえますからね。

 

でも、普通に健常者なのに

たったの2記事で世の中に認めてもらいたいなんて、

正直、「どんだけ甘い世界で生きてきたんですか?」

と言いたくなるわけです。

 

しかも、検索エンジンで情報を調べていけばわかりますが、

100記事とか150記事とか、

多い人では300記事とか挙げてる人もたくさんいる中で、

何故、自分”だけ”2記事でアクセスが集まると思うのか?

逆に僕は疑問です。

 

1つ言うと、

ブログを自分のビジネスに結び付けるためには

”量”というのが強力な判断材料になります。

でも、この”量”の重要性を持っている人が圧倒的に少ないように感じるのです。

 

例えば、全く同じ技術を持っている

Aさん、Bさんがいたとして、

Aさん→ブログ記事が30記事

Bさん→ブログ記事が150記事

だったとしたら、9割以上の人が150記事書いているBさんを

選びます(Aさんと知り合いだったら別ですが)。

 

理由は”たくさん書いているからきっとすごい人なんだろう”と思うからです。

(人は単純化された答えに弱い)

 

そのくらい、最初は量がものを言います。

だから2記事で上手くいくと思っている人は、

とりあえず100記事は最低書いてから文句を言いましょう。

 

 

すごい人の本を読むと自分もすごい人と思ってしまう

そして三つ目は、

・すごい人の本を読んで自分もすごいと思ってしまう

ということです。

 

これもよくありがちなのですが、

偉人や世界的な経営者の本を読んで、

自分もやった気になるということがちょくちょく起きます

 

しかもこれは本や雑誌だけではなく、

身近なカッコイイ先輩やセミナーなどでも起こるのです。

自分が憧れている人の行動や発言を見て、

表面だけを真似してしまい、何の説得力もないコンテンツを作るわけです。

 

 

でも、理解しなきゃいけないのは、

あくまですごいのはその人であって自分ではないということです。

 

それを理解しないと、訳のわからない哲学を語り始めて

気持ち悪い奴になること必至なので注意が必要です。

 

 

ただの一人よがりを”個性”だと思っている

さて、四つ目は、

・一人よがりを個性だと思っている

ということです。

 

ブログを書いているとたまにいるのですが、

「ビジネスを意識すると自分の文体が失われてしまい、

個性がなくなる」みたいなことを言う人がいます。

 

僕はこの時、

「ああ、この人はきっと小説家になりたいのだな」

と自分に言い聞かせるのですが、、、

ただ、何故かそんなことを言った後に、

「お金は稼がなきゃいけないのはわかっている」

という謎の発言をしたりもします。

 

いや、だったらライティングをちゃんと勉強しようよ、、、

 

ハッキリ言ってしまえば、

ちゃんとブログをビジネスにしたいなら、

自分の文体とか個性とかなんてどうでもいいんです。

 

そんなものは売れてからやればいいのであって、

売れてもいないのに文体だの個性だの自由だのはただの足枷にしかなりません。

まずは売ることにしっかりと集中すればいいんです。

 

また個性というのは”違い”であって、

ただ単にわがままを言うことではありません。

ちゃんと世の中にいる人を知った上で、

そして感じた上で書かなければ、いくら知識やスキルがあっても

ただの自己満足になります。

 

今は、多くの人がただの独りよがりに

なってしまっているのが現状ですが、それでは一向に結果は出ないのです。

 

専門用語をステータスだと思っている

そして最後の五つ目は、

・専門用語をステータスだと思っている

ということです。

 

これは会社とかでもよくいるのですが、

「イニシアチブ」とか「ディベート」とかすぐ使う奴がいます。

 

こういうのは言えば言うほどバカっぽく見られるので、

もし使ってたら今すぐやめましょう。

きっといない時にモノマネとかされてバカにされています。

 

むしろ、頭がいいと思われたかったら、

難しいことをわかりやすく伝えられる人の方が

遥かに頭がいいと思われやすいです。

 

これはブログの記事を書く際にも重要で、

文章を書く時は最低限のわかりやすさを考慮し、

専門用語を極力省いた文章を心がけるといいでしょう。

 

 

ということでまとめますと、

文章が読まれない人の勘違いパターン5つは、

1.’きっと’自分に興味を持ってくれると思っている

2.ブログを更新したら’きっと’読んでくれると思っている

3.すごい人の本を読むと、自分もすごい人とすぐ勘違いする

4.一人よがりな文章を”個性”と勘違いしている

5.専門用語をステータスだと思っている

となります!!

 

 

「誰も自分に興味がない」から始めよう

最後にあなたにお伝えしたいのは、

基本的に世の中は自分に興味を持っていないということです。

 

これだけ情報が増えまくった世の中において、

ちょろっと情報発信をしたくらいで注目されることはまずありません。

むしろ、ウザいくらいの情報量を出していかないと、

興味を持たれるどころか、存在すら無視されます。

 

だからまずは、

・自分に興味を持たせるためにはどうすればいいのか?

ということをしっかりと考えていくことが必要だと思いますね。

 

それをちゃんと考えることで、

相手の立場に立って考えることが出来るし、

 

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

猫

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。