新アルゴリズムRankbrain登場!SEO対策が必要なくなる!?

人工知能AI

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

今日もいい記事書いてガンガンアクセス集めていきましょう。

 

今日はブログのアクセスアップに関する

重要な最新ニュースがありました。

Google、検索アルゴリズムにAI(人工知能)「RankBrain」のシグナルを採用

 

 

これはどういうものか?というと、

そもそも検索エンジンにはブログやサイトページの

ランキングを決めるためのシステム

・検索アルゴリズム

というのがあるのですが、

それが数カ月前から「Rankbrain」という、

人工知能のアルゴリズムを取り入れているらしいのです。

 

※そもそも検索エンジン自体がわからないという場合は、こちらのページをお読み下さい。

[初心者必見!]まずは検索エンジンの仕組みを理解しよう!

 

 

検索エンジンはどう変わるのか?

この人工知能「Rankbrain」には学習機能が付いていて、

日々色んなことを学習していき、

機能が自動的に拡張されていくとのこと。

 

こ、こんな学習機能…

まるで暗殺教室の律みたいじゃんか!!

※律

暗殺教室「律」

漫画アニメを斬るさんより引用

まあこんな冗談は良いとして、、、

 

つまりは人工知能によって、

以前は機械的にキーワードを判別していた検索エンジンが、

もっと人間らしくなり、学習するようになっていくということですね。

 

「じゃあ一体、、、検索エンジンは

具体的にどう変わるんや!?」

 

 

と思った方もいると思います。

ですので、ここでニュースの一文を取り上げてみましょう。

Google検索が毎秒受け取る膨大なクエリーの、

約15%は検索エンジンにとって全く新しいものという。

RankBrainは、検索エンジンが

こうした未知のクエリーを“理解”するのを助ける。

入力された未知の言葉を検索エンジンが理解できる

ベクターと呼ばれる数値に変換し、

その数値が既知のどの言葉と

近い意味を持つかを推測する。

ITmediaニュース様より引用

うん、なるほどです。

 

 

全っ然わかんないですね。

 

全然わかんないので、

もっとわかりますくなるように解説をします。

 

まず今回の「Rankbrain」による検索エンジンの変化の中で

理解しなければならないポイントは2つだけです。

 

だからこの二つさえ押さえておけば大丈夫。

 

まず一つ目は、

Googleで検索されているキーワードの内、

15%は未知のキーワードであるということ。

そして二つ目は、

その未知のキーワードと一番意味が近いキーワードは何か?

を勝手に考えてくれるということ。

 

この二つになります。

ではもうちょっとこの二つについて

詳しく考えていきましょうか。

 

検索キーワードの内、15%は未知である

まず一つ目は、

・検索キーワードの内、15%は未だ未知である

ということです。

 

未知というのは、

まだGoogleの検索エンジンで

検索されたことのないキーワードのことです。

↓これで未だ検索されたことない文字

未知のキーワード

 

で、未知なキーワードに関しては、

以前のグーグルなら対応が出来ませんでした。

変な組み合わせのキーワードを打つと、

「ん?何だこの組み合わせは?ああもうわからんから、

どちらかの単語があるページを表示しよう!エイ!」

とかになります。

 

僕もたまに遊びで、

全然意味が分からない単語の組み合わせで

Google先生を困らせることがあります。笑

 

↓こういうことするとグーグル先生は困っちゃうw

ググる

 

こういうことになるわけです。

まあこれは人間でも混乱しますけども。笑

 

まあこのように

意味のわからない組み合わせとかも含めて、

・15%のキーワードは初めて検索されている

ということですね!

 

 

未知のキーワードと一番意味が近いキーワードを考える

そして二つ目は、

・未知のキーワードと一番意味が近いキーワードを考える

ということです。

 

まあ先ほどのように、

「恋愛 靴下 マンパワー」みたいな

本当に意味がわからないものは除いて。笑

 

それ以外の、最近作られた造語とか、

いまだ未知の組み合わせに関しては、

人工知能が意味の近いキーワードを探して

関連付けてくれます。

 

しかも一度学習したキーワードは

次はすんなりと対応するので、

検索されればされるほど検索エンジンは

進化していくことになります。

 

ただ、まだニュース読んだだけじゃ

イマイチわからないな~と思って、

実際に検索してみましたが、こんな感じになりました。笑

↓どうぞご覧あれ。

 

まずは「ブログ アクセス 集めたい」と検索してみる。

アクセスアップ

すると当たり前ですが、

アクセスアップ系の記事がずらっと出てきます。

これは以前からそうですもんね。

 

そして次は「ブログ 集めたい」という

ちょっとぼやっとしたキーワードで検索してみる。

アクセスアップ

 

すると二番目に「セミナー 集めたい」という記事が!

セミナーで集客したい人向けのブログですね。

うーん、この場合はあまりアクセスアップとは

捉えていいるものの、ほかの情報も表示されました。

 

まだイマイチわからないですな。。。

 

 

では最後は「ブログ 人が来ない」というキーワードで検索。

ちょっと遠いキーワードだけど結果は如何に!?

アクセスアップ

これはちょっとテーマが分散されました。

うーん、僕の予想としては、

・ブログに人が来ない

 アクセスが来ない

 アクセスが集まる方法を探しているんじゃないか!

 アクセスアップの方法

的な感じでしたが、さすがにそこまでは察しない模様。

まあそこまでされたら逆に気持ち悪いか笑

 

 

ついでにもう一個「ブログ 人が集まりやすい」で検索。

アクセスアップ

やはりテーマが分散。

なんだかんだ言ってキーワードは明確な方が

グーグルも情報を探しやすい模様です。

 

とまあ現時点ではそこまでものすごい察し方を

するわけではありませんが、

こうしている間にもどんどん学習して人間レベルに

近づいていっているのです(検索したら若干説得力なくなっちゃったかもだけど笑)。

 

 

既存のSEO対策は通用しなくなるのか?

ただ、こうなると気になるのが、

・今までのSEO対策は通用しなくなるの?

ということ。

 

多分、多くの人はいまだに、

キーワードプランナーとかサジェストとかの

キーワードツールを使ったり、

あるいはヤフー虫眼鏡を使って

タイトルキーワードを決めてると思うんですよね。

 

まあ、多分SEOとかしらない人は、

頭の中でタイトルをザックリ考えて書いてる人も

いると思うんですけど。

 

でも、僕の今後の予想としては、

既存のSEO対策がなくなるというよりは、

・SEO対策そのものの幅が圧倒的に拡がる

ということです。

 

今までのように合致するキーワードだけを考えて

対策をするのでなく、

合致しなくても関連性があったり意味が近いキーワードを入れれば、

十分に検索エンジンに上位表示する可能性があるということです。

 

例えばブログ初心者向けのブログなら、

「ブログ 初心者 アクセスアップ」とか

「ブログ アクセス 集めたい」とかだけではなく、

 

「ネット 情報 広めたい」とか

「インターネット 情報発信 したい おすすめ」

などの関連キーワードでも察してくれる可能性があるということ。

 

 

そう考えると、

全てをツール頼りでキーワードを決めるだけじゃなく、

色んな言い回しを考えたり、

ユーザーが普段使っている言葉をしっかりと

知っておくというのが必要ではないかと思います。

 

 

「検索ユーザーの質問に答える」という理念は変わらない

ただ一つだけ言えるのは、

どんなに検索エンジンのアルゴリズムが変わっても、

Googleの理念だけはいつまで経っても変わらないということです。

 

つまり、今後も間違いなく、

検索エンジンは検索ユーザーへの情報提供のためにあるし、

情報提供者はオリジナリティある質の高いコンテンツを

するべきであると。

※質の高い=検索ユーザーが求める情報をわかりやすく提供すること

 

 

だから何事もバランスですよね。

機械的なSEO対策も人間的なSEO対策も、

両方どちらかしかないということはない。

 

割合は得手不得手によって分かれるけど、

どちらにせよ最低でも8対2くらいのバランスでこなさないと、

支障をきたす可能性が高いですから、

 

いくらコンテンツが良質だとしても、

内部的なSEO対策だけはしっかりと行っていきましょう。

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お役に立ったと思ったら、

是非シェアやリツイートをして広めていただければ幸いです!!

 

※今回取り上げた記事

Google、検索アルゴリズムにAI(人工知能)「RankBrain」のシグナルを採用

[初心者必見!]まずは検索エンジンの仕組みを理解しよう!

人工知能AI

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。