ブログで炎上コンテンツを作る方法

キャンプファイヤー

狙って炎上させることは可能なのか?

どうも、まつです。

今日も自由を目指して頑張りましょう。

ここ三日間ほど、

でかめの風邪を引いて死んでました。。

普段は全く風邪を引かないか、
引いても37℃台なら全く意に介さないので、
倒れても動けないレベルとなると、
39℃台はあったと思われます。
(家に体温計がなかったので計っていません)。

で、当然仕事も休みだったので、
家にいる間は

・本を読むか
・動画を観るか
・ブログを読む

くらいしかありませんでした(根暗!)。

つまり、僕にとってはパラダイスで、
久しぶりにこんなにインプットした気がします。
(身体は死ぬほど辛かったですが)

なので、

久々に溜まった情報を出しきりたくて、

何から話そうかな~?と思うんですが、

今日はちょっと変わったテーマで

・効果的にブログを炎上させるにはどうすれば良いのか?

ということで

書いていこうと思います。

※ちなみにこれは僕が体験したことではなく、
炎上ブロガーや炎上芸人のやり方を
観察していて、

『ああ、なるほど。そういうことか』

と思ったことを書くだけなので、
効果は保証しません。笑

ただ、多分合ってます。

ではいきましょう!

炎上って何なの?

これは知らない人は

おそらくいないと思いますが念のため

解説をしておくと

炎上というのは、

あるコンテンツによって

反感を買い、

あっという間に全国レベルで

拡散されること

を言います。

通常のバイラルと違うのは、

その拡散の原因が

『怒りである』

ということです。

つまり、多くの人を

『怒らせる』

ことで拡散することが炎上だということです。

これは大半の人には嫌われますが、

拡散されることによって、

『知名度のアップ+強烈な支持者』

を得ることが出来るため、

一部では技レベルで使っているタレントもいます

(仮想敵を作ると、逆に強烈な仲間も同時にできるので。)
ただ、多くの人は、

情報発信はすれど嫌われることを

過剰に恐れるので、あまりやっていません。

やるとしても、

大体は匿名のニュースサイトでしょう。

ただ、僕はFacebookやTwitterでよくある

勝手にシェアさせられるタイプの

バズ系ニュースが死ぬほど嫌いなので、

 

絶対にクリックしませんが。笑

 

 

過去に炎上したことがあるタレント

で、炎上というと、

よく聞くのが芸能人やタレントです。

例えば、

川越シェフのお店での事件。

『年収400万円以下の人にはわからない…』

というコメントが

ネットであっという間に広まり、

一気に過激な発言ができなくなった

というのがありました。

NAVERまとめでも、

その事件の一部が取り上げられてます。

http://matome.naver.jp/odai/2137199196445433301

この事件によって大批判を喰らい、

後日貴社の前で謝罪。
まあこれを見て僕は、

 

『別に謝罪しなくてよかったんじゃないかな?』

 

ッて思っているのですが。

僕としては、

生粋の料理人である川越シェフが、
『料理をそこまで知らない人に

何がわかるんだ?』

 

という気持ちもわかります。

それだけの情熱を料理に

込めているからです。

だから誰よりも『料理』を愛している。

(『お客様』以上に『料理』に価値を置いているのです)

ただ、プライドが高いゆえに、

他人の意見によって自分を曲げたりしないため、

ネット社会の攻撃をモロに

受けてしまった、というわけです。

ただ、そこで

更に強烈にねじ伏せることが出来れば、

もっと深い世界観が構築出来たんだけどなあ。。

と、今頃になって思います。

あと他には、

ドランクドラゴンの鈴木さんなどがいますね

 
彼は『逃走中』という番組で、

ミッションを完遂せずに

自主をしたことがきっかけで、

ブログが炎上することになりました。

それからというもの、

Twitterを中心に誹謗中傷・罵詈雑言の嵐。

「意気地なし」

「それでも男か」

「視聴者のこと考えろ」

等など、

どう考えても本人よりも

ひどいことをしています。

(人はすぐに自分のことを棚に上げますね)

NAVERまとめでもリプが

取り上げられていますので、見たい方はどうぞ。

http://matome.naver.jp/odai/2135049695315461601?&page=3

これらのリプなどに関しても、

最初は秀逸な返しで

笑いに変換していましたが、

徐々に耐えかねてきた鈴木さんは、

泣く泣くTwitterアカウントを

削除することになりました。

(今はこっそり復活して、ファンだけのコミュニティになってるみたいです)

ただ、裏では鈴木さん子供との間で

こんなやりとりもあったりして、

読むとほっこり。

癒やしが欲しい方はどうぞ。

http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-7523.html

何故、炎上は起こるのか?

で、ここで見なければいけない問題は、

炎上した『火元』ではなく、
・何故、炎上は起こるのか?

 

という根本の部分です。

これを知らないから、

安易に感情を動かされるし、

無意識に拡散してしまうのです。

じゃあ、一体何故炎上は起こるのか?
というと、これには、

 

・予定調和

 

というのが関わっています。

予定調和って何ぞや?というと、

多くの人が安心する、

『なんとなく結果が見えてて、

なおかつそうなって欲しいと願っているもの』
のことです。

例えば、

ダチョウ倶楽部で言えば、
彼らが熱いおでんをおでこに当てられて、

「熱い!!」

と言っておでんを落とすのは、

完全にわかり切っていることです。

 

もう、何百回、何千回と同じことを

繰り返してきたわけですから。

でも、それなのになぜか、

心のどこかで、それを望んでしまうし、

逆にそうならないと気持ち悪ささえ感じます。

 

それは、熱湯風呂も一緒です。

上島さんが、

『いいか!絶対に押すなよ!!』

と言っていますが、

あれは『絶対に落とせよ!!』という

意味であるのは誰が聞いてもわかります。

 

これも何百回と繰り返してきた

流れだからです。

でも、何故かみんなそれを期待するし、

それが実際に起こると安心感で満たされるのです。

このように、

誰もが予想出来る結果が、望み通りに起きる。

それが予定調和です。

これを人間は本質的に望んでいるわけです。

だからたまに、

映画などで自分の好きな

キャラクターが死んでしまった時は、

ものすごく気分が悪くなったりするでしょう。

(『予定調和』から外れたからです)

 

 
こういう形で予定調和が崩れると、

人間は気分が悪くなり、

つい誰かに文句を言いたくなります。

実際、僕もワンピースで

エースが死んだ時は、

 

『あいつは死んじゃダメなんだよ!!』

 

誰彼かまわず文句を言ってました。笑

それも僕の中で、

 

『エースは絶対に生き残るべきで、

僕自身もそれを心底望んでいる』

 

というのがあったからです。

 

あとは、FF10でシンを倒した後に、

ティーダが消えてしまうシーンの時も

同じく友達と嘆いてました。(知らない人ごめんなさい)

 

『あいつは消えちゃダメなんだよ!!』

 

と。笑

 

とまあ、私事はこのへんにしまして。

 
つまり何が言いたいのか?というと、

人は予定調和通りに『コト』が進むと快感を感じ、

逆に予定調和が崩れた瞬間に不快感を感じるということです。

(だからディズニーは必ずハッピーエンドなのです)

 

 

炎上させたいなら予定調和の真逆を突け!

つまり、

ブログやSNSなどで炎上を

させようと思った場合、
多くの人が無意識的に望んでいる

 

『予定調和の真逆のコンテンツ』

 

を発信することが基本となります。

つまり、徹底的に不快感を脳裏にぶち込む

これが基本であり、全てです。

 

どんな人間でも必ず、

 

・これは絶対に善である

・これは絶対にこうするべき

 

等という絶対視した考え方が存在するからです。

(稀に客観視できている人もいますが、

一般社会人にそんな人はほぼ存在しません)

 

 

多くの人が望む展開の真逆を突く、

というのを具体例で言うと、

↓↓↓

『正社員=善』なら、逆に正社員を全否定する!

『老後は静かに暮らす=善』なら、老後を静かに暮らす事を全否定する!

『猫が好き=善』なら、猫好きを全否定する!

と言った形になります。

 

 

これらのように、

絶対視している思想を

全否定するコンテンツ

を作れば、必ずそれらの思想の人たちから

逆襲を受けることになります。

 

そして更に感情を揺さぶるために、

 

『全否定型コンテンツ』を

『言い切り型の口調』

で書いていきます。

 

そうすることで更に煽り口調になり、

感情を揺さぶることが出来ます。

 

大分極端に思えますが、

これが炎上の基本中の基本です。

 

これはやり方を間違うと

危険な諸刃の刃でもありますが、

まずは躊躇なく全否定仕切る事から、

炎上の第一歩が始まるのです。

 

 

炎上させる際の注意点

ただ、炎上させる際に気をつけなければ

いけない点が2つほどあります。

 

それは、

1.やみくもに否定してはいけない

2.代替案を出す

 

ということです。

 

1.やみくもに否定してはいけない

これはつまり、

全否定をするなら、

 

・あなたが何故そこまで否定をするのか?

・否定をする裏にはどういった背景があるのか?

 

という所まで掘った上で

全否定をしなければなりません。

じゃないと、

好き勝手わめく口うるさい姑みたいに

なってしまうからです。

 

それだけはならないように、

あくまで否定する時は、

感情に振り回されぬよう、

魂の声をロジカルに表現していく必要があります。

 

 

2.代替案を出す

これも基本中の基本ですが、

全否定をするなら、

 

『じゃあどうすれば良いんですか!?』

 

という代替案をしっかりと

打ち出す必要があります。

 

これがないと、

やはり姑みたいになってしまいますので、

しっかりと、

否定をするなら、

 

『じゃあ、あなたはどうするべきだと

思ってるんですか?』

 

という問いにしっかりと

答えてあげましょう。

 

と、言うわけで!!

 

それでは、病み上がりのくせに

大分長くなりましたが、今日はこの辺にしておきます。

どうもありがとうございました。

 

キャンプファイヤー

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。