BackWPUpを使って超簡単にWordPressのバックアップを取る方法

database

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

 

 

いきなりですが、あなたは普段、

WordPressのバックアップって取ってますか?

 

僕のこのブログもようやく

100記事という大台突破が近づいてきたんですが、

ブログ記事というのは記事数が増えてくれば増えてくるほど、

セキュリティ面や安全面での考慮が必要になってきます。

 

 

 

また、ある日突然WordPressの管理画面が真っ白になって、

操作不能になった、なんてことにならないように、

ふだんからこまめにバックアップをとることが必要です。

 

 

そこで今回は、

・BackWPUpを使って超簡単にWordPressのバックアップを取る方法

というテーマでお伝えしていきます。

 

そもそもバックアップを取るってどういうこと?

さて、それではWordPressのバックアップ方法について、

レクチャーしていきたいと思うのですが、

 

まずは「バックアップ」という言葉すら知らない人のために、

簡単にバックアップの概要と必要性についてレクチャーしていきたいと思います。

 

 

ではでは、

バックアップとは何か?

というのを超簡単に説明させていただくと、

プレステ2のメモリーカードみたいに、

データを外部メモリに記録することです。

(古くてごめんなさい)

 

WordPressのデータベースやファイルデータは、

ふだんやサーバーに保存されているのですが、

backWPupを使うことで、デスクトップやUSBメモリなどの

外部メモリに保存が出来るようになります。

 

しかもBackWPUpプラグインは一度設定さえすれば、

あとは自動でバックアップを取ってくれるので、

設定後はほったらかしで使うことができます。

 

バックアップ系の中ではダントツでわかりやすく、

使いやすいプラグインなので、もしあなたが現状バックアップを取っていないなら、

ぜひこの機会にBackWPUpを使ってみてくださいね。

 

また、バックアップについて超詳しく知りたい場合は、

難しいことはバズ部さんとかが書いてるので、

こちらも是非参考にしてみてください。

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

※バズ部さん、ありがとうございます。

 

 

BackWPUpのインストール・設定方法

それではいよいよ

・BackWPUpのインストール・設定方法

のレクチャーに入りたいと思います。

 

それではまずプラグインの『新規追加』ページに入ってください。

BackWPUp1

『BackWPUp』と打ち込み、Enterキーを押しましょう。

 

『BackWPUp-WordPressBackup Plugin』というプラグインが出てきます。

BackWPUp

クリックしてインストールしてください。

 

インストールが完了しました。

BackWPUp

『プラグインを有効化』をクリックしてください。

 

インストールと有効化が完了しました。

BackWPUp

『Add new job』をクリックしてください。

 

こちらがBackWPUpの設定画面になります。

※画面上は日本語になってますが、

Google翻訳状態になっているので本来は英語です。

BackWPUp

ジョブジョブ言ってますが、

ジョブはいわゆる設定のことだと思ってくれれば大丈夫です。

尚、設定方法に関しては赤枠の通りに設定をしてみてください。

 

次はバックアップファイルの作成です。

BackWPUp

上の赤枠の部分に関しては何も変えなくてOKです。

 

次は『アーカイブフォーマット』と

『バックアップファイルの保存先』を指定します。

BackWPUp

保存の拡張子に関しては一番一般的で扱いやすい、

・Zip

に設定をします。

バックアップファイルの保存先に関しては、

赤枠の『フォルダへのバックアップ』にチェックを入れてください。

 

次は『ログファイル』です。

BackWPUp

こちらは上記の赤枠の通りに設定をしましょう。

設定をしたら『設定を保存』します。

 

そして次は『スケジュール』の設定です。

BackWPUp

ここで設定するのは、

バックアップを手動でやるか、自動でやるか、です。

英語がわからない人のために解説しておくと、

・manually only→手動でバックアップをする

・with WordPress cron→自動でバックアップをする

です。

 

今回は自動でバックアップを取るので、

・with WordPress cron

にチェックをしましょう。

 

次はスケジュールを決めていきます。

BackWPUp

スケジュールの設定方法は、

basic(初心者向け)とadvanced(中・上級者向け)がありますが、

ここは難しい設定は必要なので、basicにチェックを入れてください。

 

また、バックアップの頻度に関しては、

僕の場合、毎週の朝方4時に自動バックアップが行われるように

設定していますので、もしイマイチわからないという場合は真似をしてみてください。

 

では次は『DB Backup』に進みます。

BackWPUp

ここは特に主だった設定項目はないので、

全部デフォルトのままで進みましょう。

 

次は『File』です。

BackWPUp

ここに関しても、特に設定を変える必要はありません。

全てデフォルトのままで進んでください。

 

では、最後は『Plugins(プラグイン)』です。

14

ここも別にいじる必要なしです。

 

 

それでは設定が終わったら次は左下にある

『Backups』をクリックしてください。

wordpress

 

『BackWPup >Manage Backup Archives』の画面になります。

BackWPup

バックアップしたデータの履歴を見ることが出来るので、

もし必要な場合はダウンロードしてみてください。

 

それではこれにて、

・BackPWPUpのインストール・設定方法

は完了です。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

 

バックアップというのは、アクセスアップに必要な項目ではありませんが、

いざという時(WordPressの更新、プラグインの不具合等)にないと、

全ての大事なデータが消えてしまうため、なんだかんだで必須です。

 

特に今後、

長い目でブログやサイトを運営していきたいと考えているなら、

出来る限りリスクを排除するよう、普段から努めていきましょう。

 

それではこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

database

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。