『All In One WP Security & Firewall』のインストールと設定方法

secirity

どうも、ブログ専門の集客屋、まつです。

今日も良い記事書いて

ガンガンアクセス集めていきましょう。

 

 

今回は、WordPressブログのセキュリティを

一括で設定できるプラグイン

・All in One WP Security & Firewall

のインストールと設定方法を画像付きで

わかりやすくレクチャーしていきます。

 

今後、あなたがブログで本格的に集客していきたいと

考えている場合、セキュリティ面での機能向上は必須です。

 

スパムや不正アクセスによって

情報を奪わせたり、不正操作などをされてしまっては、

あなたの個人情報が奪われてしまったり、

ブログごと使用不能になる可能性すらありますよね。

 

そんな一切のトラブルをも防ぐためには

基本的なセキュリティ対策くらいは

しておく必要があります。

 

ただ、それを手動で全てこなそうとすると、

作業量が増えてしまう…

 

そこでこのWordPressのセキュリティ対策プラグイン。

・All in One WP Security & Firewall

の出番です。

こちらのセキュリティ設定を覚えれば、

本来難しいバックアップやセキュリティ対策も

簡単に設定することが出来ます。

 

実際、本腰入れて運営しているにも関わらず、

何もセキュリティ関連は設定していない、、

という場合は結構ヤバいので、即座に設定しておいてください。

 

 

ではいよいよ始めましょう。

 

 

All In One WP Security & Firewallのインストールと設定方法

まずはインストール方法から解説します。

 

プラグインの新規追加画面に入ります。

All In One WP Security & Firewall

右の赤枠に『All In One WP Security』と入力し、

Enterキーを押しましょう。

 

 

All In One WP Securityが表示されます。

All In One WP Security & Firewall

赤枠の『今すぐインストール』をクリックしてください。

 

 

正常にインストールされました。

All In One WP Security & Firewall

『プラグインを有効化』

クリックして有効化します。

 

 

プラグインが有効化されました。

All In One WP Security

次は左側のメニューにある

『WP Seurity』→『Dashboard』を

クリックしましょう。

 

 

こちらがWP Secutrityのダッシュボード画面になります。
All In One WP Security

ただ、特にここは気にする必要もないので、

『User Login』

をクリックして次に進んでください。

 

 

WordPressログインに関するセキュリティ画面になります。

All In One WP Security3

これは何百回もログイン試行されて、

管理画面に不正侵入されたりするのを防ぐための設定です。

一応、僕の推奨する設定を書いておきますので

ご参考ください。

  • ログイン試行回数を制限することが出来る→チェック
  • 何回間違えたらロックするか?→『3~5』にする
  • 何分以内の試行を1回とするか?→『5』にする
  • ロックした場合、何分間ログイン不可にするか?→『60~120』にする

 

入力が終わったら下にスクロールします。

All In One WP Security4

『Save Settings』をクリックして保存しましょう。

保存が終わったら『Database Security』

クリックして下さい。

 

 

Database Securityの画面になります。

All In One WP Security5

上の赤枠にある「wp_」というのは、

WordPressを自動インストールした際の、

データベースのデフォルト設定です。

 

このままにしておくと不正侵入を喰らって、

データベースが盗まれたり悪用される危険性がありますので、

デフォルトでない接頭辞に

変更していきましょう。

※接頭辞の文字はなんでもアリです。ただローマ字で書いてね。

 

 

では実際に接頭辞を入れてみましょう。

All In One WP Security6

今回は『bs_』に変えてみます。

入力したらクリックして保存しましょう。

 

 

無事変更されました。

All In One WP Security

では最後の設定です。

『Blacklist Maneger』

をクリックしましょう。

 

 

こちらがブラックリストの管理画面です。

All In One WP Security8
ここでは、特定のウザいIPアドレスやユーザーを

ブロックすることが可能です。

 

これはあまり頻繁に起こることでは

ありませんが、もしも同じIPアドレスから何度もスパムコメントが

来たりしているようなら、設定しておくのもアリです。

 

特に何もなければこれにて

設定は終了となります。

 

 

というわけで、

All In One WP Securityのインストールと設定方法

は以上でございます!!

 

 

まとめ

どくろセキュリティ設定は、

アクセスアップにつながるわけでも、

収益につながるわけでもありませんが、

 

万が一スパム業者に管理画面に入られたら、

修復不可能なほどめちゃくちゃに

されてしまう可能性もあります。

 

そうなってからでは遅いので、

せめて最低限のセキュリティ対策だけでもしておくのが

良いと思いますね。

 

それではこの辺で。

最後までおよみいただき、ありがとうございました。

secirity

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大島 松二郎

ブログ専門の集客屋:まつ。 1985年10月31日生まれ 福島県出身(現在 東京在住)。 ブログ著者、ブログ集客コンサルタント、WEBプロデューサー、セミナー講師。 《ブログ著者として》 会社倒産をきっかけにWEBの世界に足を踏み入れる。その後、タイピングすら出来ない全くの初心者から突然、 ブログ集客の専門家としての活動を始め、 自身で立ち上げた公式ブログでは、 半年間で一万PVを越え、特定のキーワードで、 検索エンジン一位、二位、四位を獲得。 『どんなブログ初心者でも 実践できるわかりやすいノウハウ』 をモットーに、手順書付きで解説された記事は、 初心者のみならずWEBの専門家からも高い評価を得ている。